東京都パッチワーク・キルトレッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都のパッチワーク・キルト教室

RIBBONcafe81

ニューユーザー

かわいいをつくるハンドメイド教室 初心者さん歓迎!東京都江戸川区にて5年間リボンとカルトナージュ、リボン刺繍のハンドメイド教室、RIBBONcafe81を主宰しております。

詳細を見る

創立50余年の伝統と実績を誇る当校は、大きく分けて、一般〔社会人〕を対象とした研究科と美大入試および美術系高校入試をめざす学生を対象とした受験科とで構成されています。

詳細を見る

「美学館デッサンスクール」では、創作活動の基本となる「デッサン」を基礎から本格的に学べます。 少人数制の教室で、細やかな指導を行っております。

詳細を見る

東京都小金井市にある関東地区最大級のミシン専門店です。 新品・中古ミシン・関連部品の販売から、メーカー・年式・持ち込み問わずミシン修理・メンテナンスを行っております。

詳細を見る

★ 手織りサロン ★ ☆織物を通して手作りを学び、そして自然と人類の知恵を 楽しみ愛する方々のための研究所です。 初めての方から経験者まで、レベルにあわせて 楽しみながら、色々な織りを学べます。

詳細を見る

読売・日本テレビ文化センター北千住は約1万講座を19拠点で展開する首都圏最大のカルチャーセンターです。センターでは、俳句や短歌、音楽やダンス、スポーツ、美術や手芸、語学など、18ジャンルからなる多彩な講座を展開しています。

詳細を見る

滝野国際特許事務所は、知的財産業務に特化したサービスを提供しています。国内・外国特許、内外商標意匠、特許訴訟関連等の豊富な経験を持つスペシャリストが知的財産戦略をトータルサポートします。

詳細を見る

早崎特許事務所は、特許、 実用新案、意匠、商標などの知的財産権取得の代理業務を行っています。取扱い業務は、発明、考案、意匠、商標全般の相談、 先行技術調査、 先願・先登録商標の調査、国内出願、海外出願、知財価値評価、登録業務、登録年金管理、ライセンス・契約、知的財産戦略コンサルティング、鑑定、 権利侵害判断のための調査などです。

詳細を見る

丹羽特許事務所は、弁理士事務所です。得意分野は、食品・酒類・飲料、医薬・バイオテクノロジー、環境技術・水処理、農業知財、畜産、種苗・植物特許、農薬、有機化学、医療療装置・機器、食品製造装置・機器、生活用品・日用品、玩具、商標、意匠、実用新案/警告書・契約書作成などです。

詳細を見る

栗原国際特許事務所は、知的財産に関する業務を強力にサポートしています。主要な取扱い分野は、化学・バイオ、機械・メカトロ、電気・情報などです。

詳細を見る

杉山一夫特許事務所は、笹塚駅北口から徒歩約6分にある特許事務所です。主な業務内容は、調査、出願、権利化、権利管理、契約関係、海外での権利取得などです。

詳細を見る

実際の依頼例

パッチワーク・キルト教室をお願いしました

東京都におけるパッチワーク・キルト教室の依頼例

よくある質問

パッチワーク・キルトレッスンの料金はどのくらいかかる?

パッチワーク・キルトレッスンの料金は1レッスン1,000円台〜3,000円程度で、1レッスンの時間は2時間程度が一般的です。必要な道具は無料もしくは有料で貸し出してくれる教室が多いです。使う材料(布)の材料費用が含まれる教室と、含まれない教室があるためあらかじめ確認しましょう。

パッチワーク・キルトレッスンの依頼における注意点は?

パッチワーク・キルトレッスンを主宰している教室の多くが、1レッスンから受講できる「ドロップイン制」「1デイ(1日)レッスン」を採用しており、気軽に通いやすい教室も多いです。中には「月に2回(つまり、2週間に一度のペース)で●●円」という料金形態をとっている教室もあります。それでも、入会金がかからない教室も散見され、他のクラフト系レッスンや教室よりも、比較的通いやすい設定の教室が多いです。

パッチワーク・キルトレッスンを依頼する流れは?

いくつかのパッチワーク・キルトレッスンや教室を選びましょう。5つ程度候補にあげたら、立地や料金を確認して3つ程度に絞りましょう。3つ程度に絞ったら、3箇所とも体験レッスン・レッスンの見学などに参加してみて、比較するといいでしょう。パッチワーク・キルトレッスンの教室は、他のクラフトレッスンと比較しても参加しやすい料金や支払いの設定をしている教室も多いです。せっかくなので参加して比較すると、教室の雰囲気や先生の教え方などを比べやすいです。また、料金や時間に余裕がある方は、2〜3箇所の教室を掛け持ちして通ってみたり、ドロップインのレッスンに月に何度か通ってみたりと、複数の教室やレッスンをはしごする使い方をしてみてはいかがでしょうか。講師の皆さんや教室の特徴をじっくり比較できます。

パッチワーク・キルトレッスン業者の選び方は?

基礎基本の技術をしっかりと教えてくれる教室、生徒の好きなパターンなど好きにさせてくれる教室、伝統的なキルトや技法を教えてくれる教室などいくつかの特徴があります。自分の目的に応じて選びましょう。趣味で楽しみたい、人に教えることができるようになりたい、資格を取得したいなど、自分の目的に沿って応援してくれる・もしくは自由にさせてくれる先生や講師のいる教室を選ぶといいでしょう。

その他気を付けるべきポイントは?

パッチワーク・キルトにはいくつかの資格があります。資格があると「この資格を持っています」と名乗ったり、教室を開講するときに有資格者であることを示すことができます。公益財団法人本手芸普及協会のパッチワークキルト講師の講座なども有名です。しかし、資格を取得せずに独学で楽しんでいる方や、趣味の延長で続けていたらとても上達したという方もいます。キルトの人口は多く、日本ではハワイアンキルトや英国キルトも有名です。また毎年「東京国際キルトフェスティバル」というイベントが開かれているほか、キルト作家、トップキルター、という言葉もあります。キルトを愛する人々は世界中に数多くいます。