神奈川県パッチワーク・キルトレッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

神奈川県のパッチワーク・キルト教室

アトリエアリスは、鶴見駅西口から徒歩約5分にある絵画教室です。また、絵画教室の他に、芸大・美大受験予備校として、さまざまなクラスを開講するアートスクールです。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

チサトミュージックは、神奈川区のピアノ教室です。三つのレッスン室で8名の講師が稼働しており、ヤマハのグランドピアノを用意しています。また、保育士を目指す方の為のピアノレッスンも行っている教室です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

横浜美術学院は、美大の予備校です。やる気次第で何でもできます。自由に使える場所もあります。先生や助手がほとんど教室にいるので、質問もしやすいです。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ファロテラスはキャンドル教室です。「日本キャンドル協会認定校」となっています。本格的にキャンドルアーティスト・インストラクターを目指すお客様の為のコースも充実しており、キャンドル制作の基本~資格取得までの技術が習得できます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

絵画教室あとれす横浜は、絵画教室です。絵画を通じた「発見」の場です。絵を描くことを通じて自然に対する「新しい見方」を身に着け 自分の中にうもれていた「絵を描く能力」を発見します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

大倉山音楽美術センターは、音楽教室・絵画教室です。すべてのレッスンを個別指導として、小さいお子さんから学生、成人、年配の方に至るまで、基礎教育や趣味、受験や作品制作に至るまでわかりやすく指導しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

東芸美術研究所は、レベルや能力にあわせて少人数完全個別指導を行う美術予備校です。数多くの合格者を東京芸術大学をはじめ多摩美術大学、武蔵野美術大学、他美術大学に輩出してきました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

早見芸術学園造形研究所は美術学校です。開講講座は日本画、絵画入門、素描、絵画入門、隔週絵画、ヌードデッサン会、デッサンレッスン、短期集中講座、夜間絵画、木彫・仏像講座、ピアノ講座です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

湘南美術学院は、総合予備校です。基礎を学べる基礎科、油彩や日本画、彫刻コース、デザイン科、建築コースなど幅広い学科があり、目標に合わせた学科、スケジュールで学べます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ペベオ絵画修復エデュケーション・センターは絵画修復を習得できる絵画修復の学校です。現場の実際の仕事に対応する力を養い、世界に通用する本場の技術を習得するため、密度の濃いカリキュラムを組んで授業を行っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

クラフトハートトーカイいせはらcoma店は手芸用品店です。手芸用品、ミシン、アクセサリーパーツなど手芸に関する用品を取りそろえています。営業時間は10時から20時まで、最寄り駅は小田急小田原線伊勢原駅で、所在地は神奈川県伊勢原市桜台です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

アトリエフラワーバスケットはキルト教室,手芸教室,パッチワーク教室です。所在地は神奈川県横浜市中区山元町です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

パッチワーク・キルト教室をお願いしました

神奈川県におけるパッチワーク・キルト教室の依頼例

よくある質問

パッチワーク・キルトレッスンの料金はどのくらいかかる?

パッチワーク・キルトレッスンの料金は1レッスン1,000円台〜3,000円程度で、1レッスンの時間は2時間程度が一般的です。必要な道具は無料もしくは有料で貸し出してくれる教室が多いです。使う材料(布)の材料費用が含まれる教室と、含まれない教室があるためあらかじめ確認しましょう。

パッチワーク・キルトレッスンの依頼における注意点は?

パッチワーク・キルトレッスンを主宰している教室の多くが、1レッスンから受講できる「ドロップイン制」「1デイ(1日)レッスン」を採用しており、気軽に通いやすい教室も多いです。中には「月に2回(つまり、2週間に一度のペース)で●●円」という料金形態をとっている教室もあります。それでも、入会金がかからない教室も散見され、他のクラフト系レッスンや教室よりも、比較的通いやすい設定の教室が多いです。

パッチワーク・キルトレッスンを依頼する流れは?

いくつかのパッチワーク・キルトレッスンや教室を選びましょう。5つ程度候補にあげたら、立地や料金を確認して3つ程度に絞りましょう。3つ程度に絞ったら、3箇所とも体験レッスン・レッスンの見学などに参加してみて、比較するといいでしょう。パッチワーク・キルトレッスンの教室は、他のクラフトレッスンと比較しても参加しやすい料金や支払いの設定をしている教室も多いです。せっかくなので参加して比較すると、教室の雰囲気や先生の教え方などを比べやすいです。また、料金や時間に余裕がある方は、2〜3箇所の教室を掛け持ちして通ってみたり、ドロップインのレッスンに月に何度か通ってみたりと、複数の教室やレッスンをはしごする使い方をしてみてはいかがでしょうか。講師の皆さんや教室の特徴をじっくり比較できます。

パッチワーク・キルトレッスン業者の選び方は?

基礎基本の技術をしっかりと教えてくれる教室、生徒の好きなパターンなど好きにさせてくれる教室、伝統的なキルトや技法を教えてくれる教室などいくつかの特徴があります。自分の目的に応じて選びましょう。趣味で楽しみたい、人に教えることができるようになりたい、資格を取得したいなど、自分の目的に沿って応援してくれる・もしくは自由にさせてくれる先生や講師のいる教室を選ぶといいでしょう。

その他気を付けるべきポイントは?

パッチワーク・キルトにはいくつかの資格があります。資格があると「この資格を持っています」と名乗ったり、教室を開講するときに有資格者であることを示すことができます。公益財団法人本手芸普及協会のパッチワークキルト講師の講座なども有名です。しかし、資格を取得せずに独学で楽しんでいる方や、趣味の延長で続けていたらとても上達したという方もいます。キルトの人口は多く、日本ではハワイアンキルトや英国キルトも有名です。また毎年「東京国際キルトフェスティバル」というイベントが開かれているほか、キルト作家、トップキルター、という言葉もあります。キルトを愛する人々は世界中に数多くいます。