神奈川県絵画・デッサンレッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

Supporters

SMBCMizuhoMitsubishiPersol

神奈川県の絵画・デッサン教室

のびのび教室が基本です。 そこから、絵画、お絵かき、工作、デッサン、イメージ国語教室、そくどく教室、 ライフヒーリングアート、五感アートセラピー、親子カウンセリング、 親子そくどく教室、登校拒否児童カウンセリング。

詳細を見る

企画デザインShoshiA

5.0
starstarstarstarstar
シルバー

楽しく描く方法をお伝えします!Town光&Mobile 光回線とモバイル回線の提供 パソコン教室、小中学生の学習教室、お絵描き教室 水彩画、鉛筆画、色鉛筆画、アクリル画、wood burning、dimple art で、作品を描きます。

詳細を見る

安木 洋平

ニューユーザー

「ひらめく絵画」という教室で主にデッサン指導をしています。必要なものは鉛筆とスケッチブックだけで、描くこと(技術面)よりも見ること、観察することに重きをおき、開催しています。

詳細を見る

秋本 馨

ブロンズ

専門分野:油絵、テンペラグラッサ(卵黄+油)、テンペラミスタ(全卵+油等)、油彩テンペラ混合技法。 デッサン、水彩、日本画、アクリル等初心者から中上級者まで。

詳細を見る

はじめましてカノスエと申します。 多摩美術大学在学中から美術大学受験予備校にて講師をはじめ、その後都内専門学校にてデッサンの非常勤講師を15年していました。

詳細を見る

はじめまして。 プロフィールをご覧頂きありがとうございます。 現時点では某美術大学に通う美大生で、受験美術やクロッキー、スケッチ、デッサン、油画、立体など様々な技術を出来る限りクライアントの皆さまにお力添え、アドバイスできる様努めます。

詳細を見る

矢澤 英樹

ブロンズ

現役アーティスト&経営者!あなたのやりたいを実現!日本大学芸術学部卒。油絵を専門とし在学中から銀座、伊勢丹新宿本店等で現役で展示。展示歴10年。

詳細を見る

アートスクールSUKOHUTO

ニューユーザー

のんびりと粘土、絵画の基礎レッスン!現在美術大学、彫刻科在学中の学生です。 広々とした民家で、のんびりと粘土や絵画を通して様々な素材を経験し、ご自分が楽しいと感じる事のできるスタイルを見つけていただけたらなと思っております。

詳細を見る

アトリエYAMATE美術セミナーは美術教室です。子どもから大人まで、美大受験生やプロを目指す人まで、絵が好きな人ならだれでもそれぞれの目標に応じた指導が受けられます。

詳細を見る

アトリエアリスは、鶴見駅西口から徒歩約5分にある絵画教室です。また、絵画教室の他に、芸大・美大受験予備校として、さまざまなクラスを開講するアートスクールです。

詳細を見る

ボア・コロンブはピアノ、バイオリン、エレキギター、バレエ、絵画などを教えている総合芸術学園です。個人レッスンはもちろんペアレッスンやグループレッスン、多方面から一流の演奏家を迎えて行うホールレッスンやレクチャー(特別講義)等を行っています。

詳細を見る

大倉山音楽美術センターは、音楽教室・絵画教室です。すべてのレッスンを個別指導として、小さいお子さんから学生、成人、年配の方に至るまで、基礎教育や趣味、受験や作品制作に至るまでわかりやすく指導しています。

詳細を見る

実際の依頼例

絵画・デッサン教室をお願いしました

神奈川県における絵画・デッサン教室の依頼例

よくある質問

絵画・デッサンレッスンの料金はどのくらいかかる?

大人の趣味のスクールは月に4回のレッスンで1万円前後程度です。別で入会金が1万円ほど発生することがあります。ドロップインという、自分の通いたいときに通うことのできる1回限りずつのレッスンもあります(月に4回、週に1回などの固定ペースではなく、自分のペースで通うことができる)。ドロップインの料金は1レッスン〜3,000円程度です。キッズレッスンも月に4回のレッスンで6,000円〜1万円前後程度、別で入会金が発生します。美術系の学校へ進学することを目的とした対策レッスンなどは、月に4回(週に1回のペース)の講座で〜3万円程度です

絵画・デッサンレッスンの依頼における注意点は?

目的や、できるようになりたいこと、描けるようになりたいことに応じて教室やレッスンを選びましょう。オンラインで受講できるレッスンなどを提供している会社もあります。絵画やデッサンのレッスンは、「同じ部屋に、画家たちが集まり、描くための対象物を見ながら絵を描き、先生が見て回る」という風景がこれまでは一般的でした。しかし講師は「描かれている途中の絵を見てアドバイスをしたり、鉛筆や筆の持ち方を指導する」ことから、必ずしも対面でオフラインの場でレッスンが行われる必要はなく、オンラインでの受講もしやすいレッスンです。オンライン受講を選ぶことで、授業料が安く済んだり、遠方に住んでいる腕の良い講師から指導を受けやすくもなります。

絵画・デッサンレッスンを依頼する流れは?

ほとんどの絵画・デッサン教室は、無料レッスンや無料見学を用意しています。なるべく多くの教室や講座の、無料レッスンに参加したり無料見学を活用して教室の雰囲気や講師の教え方を確認しましょう。いくつかのレッスンや教室を比較して、「自分の継続して、レッスンを受けてみたい」と思えるところを見つけたら通ってみます。通って初めてわかることもありますので、気になると思ったらまずは数ヶ月通ってみましょう。入会金不要の講座や、もともと3ヶ月感限定の講座など短期間開催の講座は、迷う場合は受講してみてもいいでしょう。複数のレッスンや講座に参加して様々な先生を見比べて比較しないとわからないこともあります。

絵画・デッサンレッスン業者の選び方は?

目的のある受講、例えば美術系の学部学科へ進学したい、既に師事していたけれど講師を変えたいなど、このような時は「講師の実績やプロフィール」を重視しましょう。これまでに指導した学生が進学した学校・学部・学科、講師自身の入選など他人から評価を受けた実績です。個展や展覧会は自主開催もできます。個展や展覧会の開催実績と同時に「他人からどのような評価を受けた経験のある講師なのか」を確認するといいでしょう。趣味で絵画やデッサンを始めたい、とお考えの方は立地が通いやすいか、レッスンの雰囲気はどうか、同じような初心者などレベルが近い人同士で参加できるクラスか、などを確認しましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

全く何も道具を持っていない場合は、必要な道具を購入しなければならないことがあります。デッサンはスケッチブック・鉛筆・消しゴムなど、水彩画は水彩絵の具・筆・スケッチブック、日本画は岩絵具・和紙・膠(にかわ)などです。