undefined引越しのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

鳥取県の引越し業者

昭和35年創業の運送会社です。 長いキャリアで培ってきた信頼と実績を基に、きめ細かなご提案をし、多方面に渡るネットワークを駆使して、優れたコストパフォーマンスを実現します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

創業以来、お客様のニーズにお応えすべく 安全、迅速、確実なサービスを提供できるよう努めてまいりました 多様化するニーズに併せ お客様に満足頂けるサービスをご提案させていただきます 業務内容 ■運送 ■土木建設用重機類運搬 ■舗装用重機類運搬 ■一般重量物運搬 ■クレーンリース(オペレーター付) 輸送部門 □6t 台車 □10t 台車 □12t 台車 □13t 台車 □20t トレーラー □33t トレーラー クレーン部門 □10r ラフター ◇◆◇◆◇◆◇関連会社◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 山陰打設 有限会社 ■住所: 鳥取県米子市内町116番地 ■TEL: 0859-34-…

. . . (もっと読む)
詳細を見る

単身者や学生さんの引越しは赤帽で決まり! 1人暮らしのかた、単身赴任や学生さんなどがお引っ越しされる際には、お気軽に赤帽にお電話下さい。 書棚、机、タンス…。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

アオキ建設は、自然素材にこだわり住みよい家づくりを 目指しております。 「楽木な家」は、自然の魅力や効能を生かし、住む人の 健康を育みます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

物流サービスを行っております。 山陰の険しい山道も雪道も熟知したドライバーが在籍です。物流体系を見直したため長距離トラックの中継ぎによるトラブルもございません。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

引越し業者をお願いしました

鳥取県における引越し業者の依頼例

よくある質問

引越しの料金はどのくらいかかる?

引越しの料金は荷物の量(使用するトラックの大きさ)、引越し業者の人数、距離、時期、引越しにかけることのできる日数に応じて異なります。最も高くなる条件は、荷物が多く、引越し業者の人数も多く、都道府県をまたいだり国をまたいだりしてしまい日数もかかる(もしくは都道府県や国をまたぐにもかかわらず最短の時間でしてほしい場合など)、さらに引越し業者が最も忙しい2月〜3月の時期に依頼する、以上です。この条件と真逆の条件で依頼すると、値段は安くなり、値引き交渉や条件交渉に応じてくれる可能性も高まります。

引越し業者が忙しくない時期に、同じ都道府県内、家族4〜5人で引越しをすると10万円前後です。引越し業者の繁忙期に同条件で引越しをすると10万円〜16万円程度となります。さらに、繁忙期の土日祝日は値段が高いだけでなく、時間帯指定が有料になったり、お金を払っても時間帯が指定できないこともあります。

引越しの依頼における注意点は?

自分で梱包や荷ほどきをする、もしくは業者に任せる。自分で段ボールや緩衝材を用意する、もしくは業者に用意してもらう。家具や家電の設置を自分でする、もしくは業者に設置してもらう。このような細かい条件で多少値段が変動することもあります。

逆に、いくつかの付帯サービスをつけたところで、大きく値段が変わらないこともあります。急な転勤や異動で急ぎの引越しや、心の余裕があまりない中での移転などを行う場合は、多少多めに払ってでも、手厚いサービスをつけることでずいぶん心の余裕が変わることも。引越し前後は水道ガス電気の手配や役所への届けなど、しなければならないことが多数発生します。プロに依頼すると、気を揉まなくても安心して任せることができ、心の余裕につながることもあります。

引越しを依頼する流れは?

全く同じ条件で複数の業者に見積もりを取り、見積もり内容やプランを比較して、最も条件のいい業者を選びましょう。繁忙時期は早めに決断して、早く業者を確保しましょう。見積書はあくまでも価格の提示であるため予約ではありません。契約を結んだらスケジュールや契約条件を決めて、引越し前までに済ませておくことを終わらせます。日程と内容通りに引越しが済み、支払いも完了したら終了です。

引越し業者の選び方は?

梱包を全て任せたい、引越しと同時に不用品を処分してほしい、このような特殊な条件がなければ口コミと金額で選びましょう。特殊な条件を指定したい方は、特殊な条件下での引越し実績が多い業者を選びましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

ツアー旅行や航空券と似て、時期や曜日をずらせる方は、数日ずらすと値段が大きく変わることもあります。また、割れ物や、運送技術が必要ないような品物が多い方は、便利屋や何でも屋に依頼して「荷物の移動」と割り切って依頼してもいいでしょう。陶器やガラス、壊れ物など、運送技術を必要とする荷物を大量に運んでほしい場合は、引越し業者に依頼した方が無難と言えます。しかしそれでも、破損などは完全にゼロではありません。