徳島県オフィスの移転・引っ越しのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

徳島県のオフィスの移転・引っ越し業者

Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...

実際の依頼例

徳島県におけるオフィスの移転・引っ越し業者の依頼例

よくある質問

オフィスの移転・引っ越しの料金はどのくらいかかる?

荷物が少なく積載量2トン程度のトラック1台を利用し、100km圏内の近距離のオフィス移転にかかる引っ越し基本料金の平均は25,000円、価格帯は22,000~28,000円です。この他に、作業員一人あたり平均18,250円、価格帯にすると15,000~24,000円がかかります。

荷物の量が多く積載量4トン超の大型トラック1台を利用し、100km圏内の近距離のオフィス移転にかかる引っ越し基本料金の平均は41,000円、価格帯は37,000~45,000円です。この他に、作業員一人あたり平均18,250円、価格帯にすると15,000~24,000円がかかります。

荷物が少なく積載量2トン程度のトラック1台を利用し、200km程度の遠距離のオフィス移転にかかる引っ越し基本料金の平均は36,250円、価格帯は31,500~41,000円です。この他に、作業員一人あたり平均18,250円、価格帯にすると15,000~24,000円がかかります。

荷物の量が多く積載量4トン超の大型トラック1台を利用し、200km程度の遠距離のオフィス移転にかかる引っ越し基本料金の平均は54,000円、価格帯は37,000~71,000円です。この他に、作業員一人あたり平均18,250円、価格帯にすると15,000~24,000円がかかります。

オフィスの移転・引っ越しの依頼における注意点は?

引っ越し業者の見積もりを実施する前に、什器や備品の中で新オフィスで使用するもの、しないものを明確にし、不用品を新オフィスに運ぶことのないように準備をします。荷物の量が増えれば、引っ越し費用も高くなります。さらに移転先までの移動距離が長くなるほど、料金も高くなります。引っ越し料金は、国土交通省の定める基準運賃に加え、車輌チャーター費用、荷役・荷造り作業員費用、資材料、有料道路使用料、附帯サービス料の合計から算出されます。そのため、移動距離が長くなれば、おのずと車輌や作業員の拘束時間も長くなり燃料費もかさんで引っ越し費用は高額になります。また、引っ越しの繁忙期である3~4月上旬まで、5月のゴールデンウイーク後半、7月下旬~8月、9~10月、12月下旬は料金が高く、閑散期の1月上旬~2月中旬、11~12月上旬では料金が比較的安くなる傾向にあります。

オフィスの移転・引っ越しを依頼する流れは?

複数の引越し業者に、全く同じ相談内容と条件で見積もりを依頼しましょう。業者は、現在のオフィスの状況や、運ぶ家具などを確認する目的で、現地調査に来るでしょう。複数社から見積書を受け取ったら内容を比較して、1社に決めます。契約をして、支払い条件を確認し、条件通りに振込の手配をします。経理担当者と連携しましょう。さらに総務担当などと連携し、引越しの準備〜引越し後のスケジュールまで社員に連絡をします。引越しが滞りなく行われ、支払いも完了したら終了となります。引越し自体の流れよりも、引越しを取り巻く様々な手配が非常に煩雑、なおかつ多いです。関係各所への報告連絡相談が常に発生します。オフィスの移転・引越しは担当者の仕事の腕が試される業務です。

オフィスの移転・引っ越し業者の選び方は?

これまでの実績を確認しましょう。どの程度の規模のオフィス引越しの経験があるのか、さらに電子機器やプライバシーマークのついた機密書類や顧客情報などの管理運搬実績、これまでトラブル(破損・紛失など)が発生したことがあるかも、質問できそうであれば確認をしましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

オフィスの移転と引越しは大変な仕事です。引っ越し業者に依頼したプランに応じた準備(梱包など)、スケジュール共有、役割分担、マニュアルの作成、配布、移転後の各インフラが正常に動作するまでの期間を把握し、引っ越し実施日前後の営業日時やスタッフの勤務場所、業務内容を調整、旧オフィスにおける各インフラの管理会社に連絡したうえで使用停止または移転手続き、新オフィスにおける各インフラの管理会社に連絡したうえで使用開始または新規契約の手続き、郵便局への転居届などが発生します。移転後は、速やかに法務局、税務局、都道府県税事務所、社会保険事務所、労働基準監督署、公共職業安定所、消防署、警察署に連絡し、必要書類の提出をします。さらにプレスリリースや取引先への連絡、パンフレットやリーフレットや名刺やホームページの更新作業など、住所表記をしている場所の書き換え作業が発生します。