北海道カビ防止業のプロが近くにいます

どちらでカビ防止業者をご希望ですか?

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

北海道のカビ防止業者

現在のレベル

ブロンズ

冬季は屋根の雪降ろし、住宅敷地の雪かき等をスポットまたは月契約で対応しております。 春から明きにかけましては、高所ロープ作業による足場を一切使用しない特殊な作業技術により安全かつリーズナブルに屋根・外壁塗装や修繕、などを行っております。

. . . (もっと読む)

駆除作業も、環境マネジメントも行います。害虫から植物外周、有害鳥獣までお任せください。 環境衛生対策は当社にお任せください。 その他一般の清掃や、貯水槽の清掃、汚排水槽の清掃、空気や溝の品質測定を行います。

. . . (もっと読む)

新築で家を建てる際に、シロアリや家のくされ予防工事を行います。 害虫や害獣の駆除・防除工事や、カビ防除工事・除菌消臭工事も承ります。 アレルギーや喘息・アトピーなどでお困りのお客様に、適した工事や施工方法などをご提案させていただきます。

. . . (もっと読む)

実際の依頼例

北海道におけるカビ防止業者の依頼例

よくある質問

カビ防止業の料金はどのくらいかかる?

屋内のカビ防止業の料金は、浴室は約3万円前後〜6万円程度、脱衣所が約2万円前後〜、トイレが約2万円前後〜、キッチンが約4万円前後〜の料金です。

カビ防止業者の料金表示は主に3種類あり、場所指定、面積指定、塗料やコーティング剤の指定、このいずれかです。料金の表示方法は業者によって異なります。場所指定の料金表示の場合、「浴室はいくら、脱衣所はいくら、トイレはいくら、キッチンはいくら、収納一箇所あたりいくら」と業者が場所ごとの料金を表示しています。面積指定の料金表示の場合、「1畳あたりいくら、1平方メートルあたりいくら」と業者が面積ごとの料金を表示しています。

塗料やコーティング剤を指定して料金を表示している場合は、場所もしくは面積を指定して、さらに「この防カビ剤の場合はいくら、このコーティング剤の場合はいくら」と業者が使用する薬剤あたりの料金表示しています。浴室のフッ素コーティングはいくらです、浴室の防カビコーティングはいくらです、というような表示です。

屋外のカビ防止は、外壁や屋根の塗装にカビ防止効果のある塗料を塗ることで発揮されます。

カビ防止業の依頼における注意点は?

カビの生えやすい場所、立地条件からカビの生えてしまいやすい住宅やビル、部屋などは防カビ

カビの発生を防ぐコーティングと、ついた汚れを落ちやすくする、もしくは汚れがつきにくくなるコーティングが存在しています。カビの発生を防ぐコーティングは「防カビコーティング」、ついた汚れを落ちやすくする、もしくは汚れがつきにくくなるコーティングは「フッ素コーティング」と呼ばれることが多いようです。また、ガラスコーティング、チタンコーティング、ナノコーティングと呼ばれるコーティングも存在しています。

カビ防止業を依頼する流れは?

数社の業者に見積もりを取り、金額・施工内容・使用する薬剤の特徴・耐用年数・人体や建築材料への影響・塗布にかかる時間などを質問しましょう。最終的に1社に絞ったら作業美や支払い条件を確認し、作業と支払いが完了したら終了です。

カビ防止業業者の選び方は?

何社かのカビ防止業業者が候補に挙がっているときは、「どのくらいの年数、カビを防止してくれるのか」を質問するといいでしょう。

カビ防止業業者に防カビを依頼すると、耐用年数は最も短い場合で半年〜1年、長い場合は5年程度持つと言われています。耐用年数は各部屋の状況、住宅の立地状況などに応じて異なるため厳密な耐用年数がはっきりしないこと、また、ホームページなどで耐用年数を明示している業者と耐用年数については何も明記していない業者がいます。防カビの目的はカビの発生を防ぐことです。どの業者に依頼するか決めるときに、耐用年数を明示している業者としていない業者の両方が候補に挙がっている場合は、耐用年数を明示していない業者には「何年程度カビの発生を防ぐのか」と質問しましょう。

多くのカビ防止業業者は「防カビ剤を塗布する前の写真と、塗布した後の写真」もしくは「防カビ剤を美しく塗布した後の写真のみ」、もしくは「施工中、塗布中の写真」を掲載しています。しかしカビ防止業業者にお金を払ってカビ防止剤を塗布してもらう目的は「カビの発生を防いでもらうこと」です。カビ防止剤が塗られて美しく仕上がっているかどうかよりも、「塗布後●年経ってもカビが生えていません、汚れがついていません」という写真の方が業者を雇う目的にのっとっていると言えます。

その他気を付けるべきポイントは?

防カビコーティングやフッ素コーティングをした後の場所は、お手入れや掃除の制限があります。コーティングがすぐに取れてしまわないようにするためです。使用している防カビ剤やコーティング剤によって異なるため、業者に確認しましょう。