岩手県金属加工のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

岩手県の金属加工業者

Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...

実際の依頼例

岩手県における金属加工業者の依頼例

よくある質問

金属加工の料金はどのくらいかかる?

金属加工の料金は、加工の内容、ロット数や納期、使用する金属に応じて変動します。単価の表示は業者によって異なり、多くの業者が材料毎の単価・行う工程や加工毎の単価・送料の合計で料金を表示しています。さらに材料毎の単価は、素材と量と厚みによって、行う工程や加工毎の単価が変動することもあります。金属加工や金属加工業者において「このパターンはA円です、このパターンはB円です、一律C円です」といった「よくある、わかりやすい値段表示」はほぼ行われていません。

例えば「金属加工の料金は初期費用・材料費・加工費・検査費・二次加工費・処理費・管理費の合計です」と表示していますが、それぞれの費目の概算や平均などは表示されておらず、素材別の費用などは公開されていない業者。また他には「小ロット・大物・小物・試作1個でも受けます」として、材料費は素材の厚さ0.5mmから数ミリ単位で、そして加工の費用も加工内容毎に公開している業者。さらに他には、数百円単位で、工程と加工・扱う素材の厚さ・加工を行う箇所数に応じて単価を表示している業者。このように業者によって料金表示は異なります。

金属加工の依頼における注意点は?

金属加工の依頼における難しさは、かかる料金(見積もり)です。まず見積もりを請求して初めて、かかる料金がわかるとしている業者がほとんどです。ほとんどの業者が無料で、概算見積もりを出してくれます。ほぼ全ての会社が「概算見積もりは無料」です。加工や製造にあたって必要な「正確な図面の制作」以降は有料であることがほとんどです。

金属加工を依頼する流れは?

してほしい金属加工の仕事内容などをできる限り明確にして、複数の金属加工業者に見積もり依頼をしましょう。複数の業者に同じ条件で見積もりを依頼して見積書を比較することを相見積もりといいます。相見積もりの結果1社に絞ったら、その会社と契約、支払い条件を確認、やりとりを繰り返して金属加工をしてもらいます。完了したら支払いも済ませて終了です。

金属加工業者の選び方は?

してほしい金属加工の内容と量に応じて業者を選びましょう。例えば金型1個だけ製作してほしいのであれば、小ロットや「1個だけ」でも受けてくれる業者を選びます。しかし「まず金型1個だけ作ってほしい、けれどその内容がよければ100万個製作してほしい、なるべく短い納期で」という注文をしたいのであれば、最初の見積もり作成の時点で業者に伝えましょう。小ロットや「1個だけ」でも受けてくれる業者の場合、単純に会社の規模が小さく、大きすぎる注文を受け付けることができないこともあります。金型1個の試作品にとことん付き合って制作してくれる会社が、その金型が良かった場合に追加で100万個短納期で製作できる能力があるとは限りません。大量のものを短納期で仕上げるためにか、工作機械は動ける人員など、ある程度の規模がなくては動けません。

また逆に、「大口注文しか受け付けない、小ロットや試作品は受け付けない」という業者も一定数存在します。「1万円の仕事を100社から100回受けて100万円」ではやりとりも100回発生します。しかし「100万円の仕事を1社から受けて100万円」ならば、1社とのやりとりで済むため楽であると考える業者もあるでしょう。

また、会社によって「できる金属加工と、できない金属加工がある」という会社もあります。してほしい金属加工が特殊である、様々な加工機械が必要であるような場合、1社で完結する設備を持っている会社なのかも確認しましょう。1社で完結できる場合は「依頼者は、A社に依頼する仕事のみの金額をA社に支払う」ことになりますが、1社で完結できない場合は「依頼者は、A社に仕事を頼んだ、A社はこの工程まで行うけれども、残りの加工はA社を通じてB社が行う、A社がB社に依頼するための中間マージンCが発生する。つまり依頼者はAとBとCの合計金額をA社に支払う」ということも。そのために割高になってしまう可能性もあります。

その他気を付けるべきポイントは?

金属加工でできることは多種多様です。切断、切り掻き、コーナーカット、丸穴・角穴・風穴・通し穴・ザグリ穴・リーマ穴・皿穴・タップ穴の穴あけ、バーリング加工、曲げ加工、溶接、研磨など、できることを挙げていけばきりがありません。できることが多数あるからこそ、素人が色々と悩むよりも、見積相談の時点で金属加工のプロに「こんなことをこんな風にしたいと思っている」と相談すると「であれば、こんなこともできますよ、こんな風にしてみてはいかがですか」と助言をもらうこともできるでしょう。金属加工は、日本のものづくり文化や工作機械文化を支え続けている素晴らしい技術の一つです。悩むときはプロに相談してみましょう。