undefinedマクロビ・薬膳料理レッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

兵庫県のマクロビ・薬膳料理教室

美味しく見える盛り付けご紹介します。私自身重度のアレルギー体質に悩まされ、マクロビ料理に出会いました。 体質改善で始めたマクロビオティックですが、食材本来の美味しさに出会い感動しました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

天然生薬の力を活かしたホノミ漢方で、身体の乱れを整え、痛みを根本から改善しましょう! 当店で安心しておすすめしております、胃もたれや胸やけ、食欲不振等、様々な胃腸症状の改善、更年期障害、生理痛、血行やホルモンバランスの乱れ、アレルギー体質の湿疹、蕁麻疹、にきび等様々な症状に効果のあるホノミ漢方製品がございます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

各種漢方薬と自然生薬を取扱、病気を未然に防ぐ考えの薬局です。 一人ひとりの体質を見極めお薬を選びます。 漢方各種、自然食品、健康食品、生薬など症状と生活習慣の指導とともにお薬を出し、健康へと導くプログラムを作成します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

取り扱い商品は、漢方薬・中成薬・生薬など漢方薬を中心に、各種サプリメント、肥満遺伝子検査キットなど医薬品以外もあります。 冷え性・生理不順・更年期障害・アトピー・皮膚疾患などお困りのことはご相談ください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

海苔は木更津、ポンズにするスダチは徳島まで出向き直接取り寄せ、店主が毎日市場まで仕入れに行く等、当店は味や素材にこだわっております。 各種宴会、お祝事、ご法事等、各種会合にご利用下さいませ。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

■漢方薬 薬草 民間薬 健康食品 新薬 漢方 漢方相談 ≪次の様な症状の方≫ 心筋梗塞 高血圧 動脈硬化 頭痛 関節症 不整脈 狭心症 肝臓薬 肝炎 肝硬変 肺気腫 気管支炎 咳 ゼンソク 冷え性 めまい ふらつき メニエル 不眠 自律神経失調 更年期障害 生理不順 生理痛 不妊症 子宮内膜症 子宮筋腫 膀胱炎 前立腺異常 前立腺肥大 コレステロール 中性脂肪 血行改善 眼底出血 白内障 緑内障 疲れ目 かすみ目 耳なり 頭痛 アトピー ニキビ 湿疹 ジンマシン アレルギー 花粉症 鼻炎 便秘 糖尿病 リウマチ 神経痛 腰痛 関節痛 胃炎 胃潰瘍 十二指腸潰瘍 胆石 腎石 尿路結石 肩こり …

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

マクロビ・薬膳料理教室をお願いしました

兵庫県におけるマクロビ・薬膳料理教室の依頼例

よくある質問

マクロビ・薬膳料理教室の料金はどのくらいかかる?

マクロビ・薬膳料理教室の料金は1レッスン数千円〜数万円です。グループレッスンやマンツーマンレッスン、先生が作る様子を観察するだけの見学レッスンなどがあります。講師や先生の人気などに応じて料金が変動することもあります。

マクロビ・薬膳料理教室の依頼における注意点は?

マクロビオティックでは陰陽の世界観で食のバランスが説かれています。例えば、野菜にも陰陽があり、一物全体を心がけましょう、というような考え方です。食事の主役は穀物と野菜で、動物性の食品は月に数回しか摂取しない、という考え方です。他にも、よく咀嚼をする、塩分や糖分を摂りすぎない、腹八分目を心がける、タバコは吸わない、お酒も量を摂らない、などが推奨されています。

マクロビ・薬膳料理教室を依頼する流れは?

まずは何箇所かのマクロビ・薬膳料理教室を見学してみましょう。先生の教え、他に生徒がいらっしゃる場合は生徒の皆さんの様子、教室の場所や時間帯の通いやすさなどを確認します。もしくは自宅に教えに来てもらう出張などができるかどうかなども確認してもいいでしょう。自分の毎日のスケジュールの中に取り入れやすい料理レッスンやスタイルを探して、なんか初夏の教室や何人かの講師の中から比較して、決めましょう。迷う場合は3回程度はレッスンを受けてみてから、継続するかどうか決めましょう。

マクロビ・薬膳料理教室業者の選び方は?

料理の講師には、栄養に関する資格を有している人と有していない人がいます。さらに、栄養の資格も幅が広く、数時間の講義で取得できるものから、専門学校や大学で数年間学んだのちに得ることのできる国家資格まであります。健康になりたい、崩れた体調を取り戻したいなど明確な目的や健康などに関わる目標を持ってマクロビ・薬膳料理教室に通いたいと考えている方は、講師が栄養に関連する国家資格などを保持しているか確認するといいでしょう。

その他気を付けるべきポイントは?

マクロビオティックは考え方を大切にしています。栄養には不足がない、とも考えられていますが、不足があるかないかどうかは本人の身体や体調次第とも言えます。マクロビオティックを導入する際に、マクロビオティックとこれまでの食生活とが大幅に違う場合や、定期的に服薬している薬がある方や持病がある方は、かかりつけの医師に判断を仰いでから導入するようにしましょう。