兵庫県避雷針工事のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

兵庫県の避雷針工事業者

当社は親子2代、地域密着でさせていただいております。 切り出し(自社で木材を加工する)から建築施工まで、自然素材にこだわる建築の職人による人と環境に優しい高品質の住まいづくりを行っており、住みやすく快適な癒しの空間づくりをお手伝いさせていただきます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社ワイド

ニューユーザー

電気の事なら、すべてお任せ下さい!電気工事業を10年以上の弊社では、 電気のお困り事を最適な方法で スピーディーに解決いたします! また料金につきましては 施工前にしっかりとご説明してから お客様に了承を得た上での施工と 致しますので、御安心下さい。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

・当社のリフォーム  快適な住まいは、快適な暮らしの基本。今までなんとなく描いていた夢の実現をお手伝いします。是非当社へご相談下さい。 ・ここがポイント  工事中気になるのは仮住まいの事。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は兵庫県尼崎市の阪神エリアを中心に、住宅・マンションのリノベーション、リフォームを行っております。 防音・断熱内窓をはじめ、今注目のエコリフォームも承っており、当社で工事をご依頼いただければ、お施主様側で行う住宅エコポントの申請作業も当社で行わさせていただきますので、住宅リフォームのことなら何なりとお気軽ご相談ください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

代々、左官専門業者として兵庫県明石市、神戸市を中心に数多くの左官工事に従事して参りました。 珪藻壁、漆喰壁、じゅらく壁、砂壁などの壁塗りや土蔵の改修など左官工事をはじめ、和風建築から洋風建築まで、あらゆる建物の外構エクステリア工事を承っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

弊社は地域密着型でお客様から信頼され安心して頂けるように施工し心から喜んで頂けるような仕事、デザイン、提案をお客様と一緒につくりあげる事がモットーです。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

内装やキッチン・バスなどの水廻りの工事を中心に、防水工事や塗装など、快適な生活環境をご提供しております。 生活に密着した、大切なところだからこそ確かな技術と知識、そしてお客様への気配りが大切だと当社は考えております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

バモスカンパニーは住宅と店舗工事をメインに水まわり、内装、オーダー家具の製作を行っております。特にデザイン性のある施工に力を入れておりますので、お客様の理想を実現させます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社ではお店の雰囲気に合わせた照明・インテリアのご提案から無垢フローリングや珪藻土の内壁など自然素材を使った内装リフォームまで幅広く承っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

濱内工務店のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。 当社は西宮中心に、個人住宅を建築しています。 建物は木造・鉄筋コンクリート造・鉄骨造何でもお任せください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

三木市、小野市に密着して30年、住む人の住みやすさと健康を考えた在来工法、檜づくり、土壁の家を提供してまいりました。新築をメインに400棟以上の実績があり、住まいの事ならどんな事でも相談を承っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

新築・リフォームで健康住宅にしませんか? 一生のうちの大半を過ごす住宅で健康を害する事が最近よく報道されています。 健康を養う場所で健康を害してしまうなんてもったいない話があるでしょうか? なかには建てたばかりの新築に一度も住むことが出来なかった人もいます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

避雷針工事業者をお願いしました

兵庫県における避雷針工事業者の依頼例

よくある質問

避雷針工事の料金はどのくらいかかる?

現在の避雷針の設置・劣化状況、建物の状況などによって料金が異なるため、「この場合はいくらです」と料金表を一般に公開している会社はありません。ほぼ全ての会社が現地調査・実地見積り後に見積書を提出する形式をとっています。現地調査・実地見積りは、無料で行なっている会社と、交通費や駐車料金の支払いが必要な会社があります。あらかじめ確認しましょう。

点検でも、約5万円前後かかる点検や、約3万円前後かかる点検などがあり、それぞれ専門の機械や器具を使用して避雷針架台の緩みの調査、避雷針の角度の検査(垂直検査)、音鳴りの検査、接地抵抗値の計測調査などが行われます。

避雷針工事の依頼における注意点は?

建築基準法で定められている高さ以上の建造物(ビル)には避雷針を設置しなければなりません。しかし一般家庭の戸建て住宅で避雷針をつけているビルや家屋はほとんどなく、避雷針の代わりになる機能を持っているものがつけられていることがほとんどです。

避雷針工事を依頼する流れは?

複数社に無料見積りを依頼し、同条件で現地調査を依頼しましょう。1社に絞ったら契約を交わし工事が済めば完了です。

避雷針工事業者の選び方は?

これまでの施工実績、説明の内容(わかりやすさ、明確であるかなど)、設置工事の流れの説明などがわかりやすいか、アフターフォローなどはどのようになっているかなど、工事前から工事終了まで、そして工事終了後も付き合いが継続できそうかなど、長い目で見て選びましょう。避雷針の修繕工事は40年周期と言われています。今修繕して、40年後も付き合いが継続するか?創業してからこれまで何年経っている会社で、これからも経営が続く体力がありそうな会社なのか、取引先はどのような会社があるのかなど、質問してみましょう。

また実績に、学校などの教育施設、公共施設、ビルはビルでも様々なビル(集合住宅、テナントビル、複合ビルなど)の実績がある会社は多くの場数を踏んでいると判断することができます。

その他気を付けるべきポイントは?

避雷針から音がする、風で揺れている気がする、風が強い日に避雷針から音がするような気がする、避雷針設備周辺が劣化しているような気がする、サビや穴あきや腐食が見られるなど、気になることがあればなるべく早く相談しましょう。雷雨や豪雨や台風、豪雪などの異常気象で建物の外装の劣化具合が予測しづらく、地震などの災害も建物にダメージを与えます。避雷針も点検や修繕をしましょう。