1. ゼヒトモ
  2. 暮らし
  3. 健康と美容
  4. 健康管理
  5. ビューティーアドバイザー
  6. ビタミンCは手作り化粧水で摂取するのがベスト

ビタミンCは手作り化粧水で摂取するのがベスト

2022/09/20
ビューティーアドバイザー
FacebookTwitter

美肌に必要な成分の「ビタミンC」は、主に食べ物から摂取することが多いですが、即効力を高めるなら化粧水がおすすめ。

ただ、さまざまなアイテムが並んでいることもあり、どれを選ぶべきかわからない方も多いはず。なんと1番お得でおすすめなのは手作りだったんです!?

美肌を目指すならビタミンCが必須!?

ビタミンCは本来、ブドウ糖を原料に自ら合成可能な成分。しかし人間は、合成に必要な酵素を持っていないことから、ビタミンCを食べ物やサプリメント等で摂取する必要があります。

そしてビタミンCは、コラーゲンを作るためにも欠かせないのもポイント。肌の土台をキープするために必要なコラーゲンを生成することで、美肌を目指すことができます。

具体的にどんな点が肌にいいのか、改めてチェックしていきましょう!

メラニンの生成を抑制

ビタミンCは、シミやくすみの原因となるメラニン生成を抑制する機能を持つ成分です。

シミやくすみは、紫外線が肌の内側にあるメラノサイトを刺激することで、メラニンを過剰に生成。そのメラニンが溜まることでシミやくすみになります。

ビタミンCは、そんな紫外線によって発生したメラニンの無色化を促進させてくれるため、シミ・くすみとして肌の表面に出ることを防ぐ役割があります。

紫外線の影響を受けやすい夏は、特にビタミンCを取り入れたいシーズンと言えますね。

抗酸化作用

ビタミンCは、抗酸化作用も持ち合わせているため、活性酸素を除去する働きもあります。

活性酸素は、繊維芽細胞を攻撃することで、コラーゲンやエラスチンの生成に影響。これらの生成が阻害されると、肌のハリが保てず、シワ・たるみの原因になります。

人間の身体は、呼吸により酸素を取り入れているため、常に酸化が進むもの。酸化による老化を避けるには、ビタミンCの摂取が必要になります。

ターンオーバーの促進

肌のトラブルを防ぐビタミンCは、ターンオーバーも促進してくれます。ターンオーバーは、古い細胞が角質となり新たな細胞によって押し出される、肌サイクルのこと。年齢を重ねると、傷が治りにくくなったりシミが残りやすくなったりします。ビタミンCでターンオーバーのリズムをサポートしてあげることで、肌トラブルやくすみのない透明感のある美肌を維持することができます。

このようにビタミンCは、シミ・くすみ・シワ・たるみといった肌トラブルを防ぐために必要な成分であることがよくわかりますね。

「ピュアビタミンC」と「ビタミンC導入体」の違いって?

ビタミンCには「ピュアビタミンC」と「ビタミンC導入体」の2種類があることをご存知ですか?

「ピュアビタミンC」は、その名の通りそのままのビタミンC。一方「ビタミンC導入体」は、水に溶かすと不安定になりやすいビタミンCを安定化したものを指します。

ピュアビタミンCは即効性が強く、肌に塗布した瞬間からビタミンCが持つ効果を期待できますが、肌に浸透しにくく劣化しやすい性質を持っています。

ビタミンC導入体は、ピュアビタミンCよりも安定していますが、導入体によって成分が壊れないようガードされているため、即効性はありません。

肌に浸透してから、徐々に肌に取り入れやすいよう変化していくので、効果が期待できるまで少々時間がかかりますが、ビタミンCが持つ美肌機能をしっかり受けられます。

コスパ最強!ビタミンC化粧水が作れちゃう?

知れば知るほど美肌に必須な化粧品である「ビタミンC」。さまざまな化粧品が並んでいますが、美肌効果が期待できる濃度のビタミンCが含まれているのか、わからないのも事実です。

そんな時には、手軽に揃えられるアイテムで、ビタミンC入りの化粧水を作っちゃいませんか?

パウダー状のビタミンC導入体は、オンラインショップ等で購入が可能。高い化粧品を購入せずとも、コスパ最強のビタミンC化粧水を作ることができるんです!

ビタミンC化粧水の材料と作り方

《材料》

  • 精製水:大さじ3
  • ビタミンC誘導体パウダー:1.5g
  • ベタイン原末:2.1g
  • グリセリン:小さじ1/4
  • 空のボトル

《作り方》

ビタミンC化粧水の作り方は、空のボトルにグリセリン以外の材料を入れて、ボトルを振りながら混ぜ合わせます。最後にグリセリンを入れ、再び振りながら混ぜれば完成です。

手間をかけずにフレッシュな化粧水が作れますよ。

手作りビタミンC 化粧水を作ってみた!

手作りのビタミンC化粧水は無色透明で、サラッとしているので、さっぱりとした使い心地です。ビタミンCの化粧品に多いピリピリ感はなく、朝・晩のスキンケアで使用しました。

基礎化粧品は使い続けることが大切なので、現状で何か肌に変化を感じることありませんが、非常に簡単に作れたことと、余分な物が含まれていない100%ビタミンCの化粧水なので、このまま続けていきたいですね!

美肌ケアにぴったり!おすすめビタミンC化粧水3選

化粧水を作るのは面倒だけど、ビタミンC化粧水の必要性を理解した上で手に入れたいと思う方にぴったり!おすすめビタミンCコスメをご紹介しましょう。

ドクターシーラボ/VC100エッセンスローションEX

出典元:「ドクターシーラボ」公式サイト

ドクターシーラボの「VC100エッセンスローションEX」は、高浸透持続型ビタミンCを新配合し、長く肌にビタミンCがとどまる化粧水。とろみのある濃厚さとしっとり感が持続する保湿力、そしてベタつき感のない即浸透で、年間を通して使いやすい化粧水です。

4種のビタミンC誘導体がそれぞれの機能を発揮し、ハリ・毛穴をケアする美容成分も豊富に含まれています!

オバジ/オバジC リファインローション

出典元:「オバジ」公式サイト

オバジの「オバジC リファインローション」は、人気のCシリーズこだわりのビタミンC(アスコルビン酸)とミネラル型ビタミンC(リン酸アスコルビルMg)に加え、保湿力の高い成分を取り入れたざらつきが気になる肌にぴったりの化粧水です。

ビタミンCブランドの代表格でもあるオバジの商品で、角質層までうるおいを届けながらキメを整えてくれます。毛穴の悩みに徹底アプローチし、肌に透明感を出してくれる化粧水ですよ!

ダーマレーザー/スーパーVC100ローション(さっぱり)

出典元:「ダーマレーザー」公式サイト

ダーマレーザーの「スーパーVC100ローション(さっぱり)」は、4種類のビタミンCをナノカプセルで配合した化粧水。4つそれぞれが角質層ごとにアプローチし、毛穴・くすみ・ハリ・キメ・透明感の5つの悩みを全方位から徹底ケアしてくれます!

さっぱりタイプなのでサラッとした使い心地が特徴。しっとりタイプも展開しているので、季節に合わせて変えるのもおすすめですよ。

まとめ

ビタミンCコスメは、美肌を目指す全ての方が取り入れたいアイテム。気になる肌悩みが一つでもあるなら、ぜひビタミンCのコスメを普段のスキンケアに加えましょう。ゼヒトモでは、肌トラブルに関するひとりひとりの悩みをさまざまな角度からアドバイスするビューティーアドバイザーが揃っています。肌のトラブルが気になる方は、ぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。

ブログをSNSでシェアする

FacebookTwitter

関連タグ

この記事を書いた人

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部アカウントです。

ビューティーアドバイザー関連の最新記事

2022/09/21
TikTokで鬼バズり中!手作りボディスクラブで美ボディケアが実現!

古い角質を取り除いて、もっちりとした肌に仕上げてくれるボディスクラブ。実は、今TikTokで手作りする動画が人気沸騰中なんです! ボディスクラブって何?どんな効果がある? ボディスクラブとは、塩や砂糖などの細かい粒子を植物油やジェルなどに混ぜた、お肌の洗浄アイテムのこと。スクラブと呼ばれる小さな粒子を肌の上で優しく転がすことで、古い角質や毛穴の汚れを取り除き、ツルッと柔らかな肌に仕上げてくれます。 ボディスクラブは秋冬こそオススメ? ボディスクラブは、肌のサイクル「ターンオーバー」が乱れやすいことから、特に秋冬シーズンに取り入れたいアイテムです。 肌は一般的に、細胞ができてから角質として剥がれ落ちるまで、28日あると言われています。しかしこのサイクルが乱れてしまうと、通常より長く肌に古い角質が剥がれず付いたままになり、ザラついたりくすんで見えたりします。寒くなると血行が悪くなることでターンオーバーの乱れを感じやすくなるため、ボディスクラブでターンオーバーをサポートしてあげることが大事です。 ボディスクラブを使う3つのメリット ボディスクラブを使うことは、ターンオーバーをサポートするだけでなく、さまざまなメリットがあります。 メリット①保湿剤の浸透力が高まる 古い角質がついたままの肌は、角質が邪魔してうまく保湿剤のケアアイテムが浸透しない場合があります。ボディスクラブを用いて角質を取り除いた肌は、余分なものがない状態なので、保湿剤等の浸透力が高まります。 また保湿剤の浸透力が上がるということは、肌の保湿状態が続くこと。角質は、肌の乾燥によっても付きやすくなるので、肌の潤いを保って、角質が付きづらい肌に仕上げることにも繋がります。 メリット②血行促進になる 身体をマッサージしながら塗布することが多いので、血行促進になります。ターンオーバーの乱れは、血行不良によって起こるもの。ボディスクラブによる定期的なマッサージは、血の巡りを良くしてくれるので、古い角質を取り除きながらターンオーバーの乱れも整えてくれます。 血の巡りが悪くなりやすい秋冬の寒い時期は、定期的なスクラブで角質とターンオーバーの乱れを同時に解消しましょう! メリット③ 肌環境を整える 細かな粒子が入ったボディスクラブは、石鹸では取れない汚れを取り除くことが可能です。背中や胸元などは、汗をかきやすいので、皮脂分泌が多い部位。そのため、ニキビができやすいところになります。 身体のニキビが気になる方は、スクラブを使ってしつこい汚れを取り除いてあげるのがおすすめ。肌荒れを防いだり肌を清潔に保ったりと、肌環境を健やかに整えてくれます。しかし炎症を起こしたニキビがある場合は、悪化させる恐れがあるので、落ち着いてから行うようにしましょう。 ボディスクラブの効果的な使い方 ボディスクラブの使用前には、身体を洗浄しておくのがポイント。汗や汚れなどの落とせる汚れを先に落としてから行うようにしましょう。濡れた状態の方が伸ばしやすくなるので、身体を洗った後の仕上げに取り入れるのがおすすめです。 またマッサージしたり、くるくると円を描くようにやさしくさすったりしながら塗布するのが大切です。 ボディスクラブを使用する注意点 ボディスクラブは、身体の汚れや角質を取り除いてくれる分、石鹸に比べて刺激が強いことから、頻度や使う部位などに注意が必要です。ボディスクラブの頻度は、週に1〜2回が目安と言われています。毎日の使用は、肌を傷める恐れがありますので、避けるようにしましょう。 またボディスクラブは、デリケートな部分を避け、全身使えるアイテムです。中でも肘や膝など黒ずみやすいところや、かかとやお尻などザラつきが気になる部分の使用がおすすめです。 シュガースクラブとソルトスクラブの違い ボディスクラブの中には、シュガースクラブとソルトスクラブの2種類があります。砂糖と塩を使い分ける理由は、異なる効果があるからです。 シュガースクラブの特徴 シュガースクラブは、粒が細かく柔らかな質感をしているので、肌を労わりながらスクラブしたい方にぴったり。ソルトスクラブに比べて全身に使うことができ、保湿効果が高いのも特徴です。もっちり柔らかな肌に仕上げたい方におすすめです。 ソルトスクラブの特徴 ソルトスクラブは粒が荒めなので、角質をしっかり取り除きたい方にぴったり。かかとや膝などの角質が溜まりやすいところを集中的にケアできるアイテムです。ツルッとした仕上がりになることから、さっぱり感を求める方におすすめです。 ボディスクラブ作ってみた ボディスクラブは、塩や砂糖を使用していることから、身近なもので作ることが可能。市販のものは量が多くて使いきれないことも多いので、必要な分だけ作れば環境にも優しいですね。 tiktokでバズり中のボディスクラブを作ってみた @swan..1ife it turned out amazing!! 😍@treehutusa 😍#swan1ife #bodyscrub #homemade #treehutsugarscrub ♬ V i d e o g a m e l o […]