テニスレッスン

東京都
テニスレッスンのプロが近くに110人います

プロの探し方

Supporters

東京都のテニススクールのプロ一覧

(6ページ目)

東京都小平市

フェアリーテニスフォーラムは、小平市のテニススクールです。有限会社フェアリーテニスフォーラムが運営しており、PTR認定プロフェッショナル・インストラクターが多数在籍し、信頼性の高い指導を行っています。

東京都日野市

百草テニスガーデンは、日野市のテニスコートです。非営利活動法人テニスネットワークが運営しており、オムニコートが利用できます。テニスを普及振興する支援活動を行い、それを通して高齢化社会・社会教育まちづくりの促進や子どもの健全育成など、広く社会に貢献することを目的としています。

東京都東村山市

ロンドテニスドームは、東村山市のテニススクールです。冷暖房完備のインドアテニススクールで、天候に左右されず受講でき、一般クラスからキッズクラス、ジュニアクラスと幅広い年齢の方が楽しめます。

東京都国分寺市

ATKテニススクール国分寺校は、国分寺市のテニススクールです。有限会社青山テニス企画が運営しており、JR中央線国分寺駅より徒歩12分の場所にある、オムニコートを利用したスクールで、テニスを通じて養われる基礎体力やルールの中で培われる判断力や礼儀などの人間力向上を目指すスクールを運営しています。

東京都狛江市

ATKテニススクールは、有限会社青山テニス企画が運営しており、狛江、国分寺、東村山にテニススクールを運営しています。テニスを通じて養われる基礎体力やルールの中で培われる判断力や礼儀などの人間力向上を目指すスクールを運営しています。

東京都多摩市

シルキーウィンズは、多摩市のテニススクールです。駅直結のスクールで、仕事・学校帰りや、買い物の合間に気軽にプレーが可能です。テニスを楽しみたい方から上級者を目指す方まで、1人1人に合ったテニスライフをサポートしており、年齢やレベル・目的に合わせたレッスンを選ぶことができます。

東京都多摩市

ひろせテニススクールズは、多摩市のテニススクールです。株式会社ひろせが運営しており、ラリーやゲーム形式の練習では、必ずコーチが固定で入り、1人1人アドバイスを受けることができるスクールです。

東京都大田区鵜の木
優しく指導します^_^

15年の経験あり 教える仕事が好きです。 武蔵野音楽大学ピアノ専攻卒業

東京都大田区

都会の中の開放的なコートで明るく元気なスタッフと皆様が楽しみながらレッスンを受けられるよう充実したサービスを目指しています。 アウトドアスクールではコートを広々使い回りを気にしなくて大丈夫です。

東京都千代田区

銀座コーチングスクールはコーチングスキル修得講座の運営を中心とした業務を行う会社です。コーチングの無料体験からクライアント獲得特修コースまで様々なコースを用意しています。

東京都千代田区

株式会社ビジネスアクロスカルチャーズは、人事コンサルティングを行う会社です。組織戦略プランニングやリーダーシップ開発・パフォーマンス管理などのHRM(ヒューマン・リソース・マネージメント)パフォーマンス&チェンジ・マネージメント改善コンサルティング、リーダーシップやコミュニケーションなどのコーチング、企業内集合型研修などを提供しています。

もっと見る

テニススクールに関する良くある質問

テニススクール関連の最新記事

2021/08/19

【初心者でも扱いやすい】テニスラケットの選び方!おすすめもご紹介

ラケットを選ぶときに見るべきポイントは7個あります。とはいえ、最初から細かくこだわって選ばなくても大丈夫です。テニスラケットには黄金スペックという指標があるので、それを参考にしましょう。黄金スペックを満たしているラケットは、初心者でも扱いやすいのでおすすめです。 目次 ラケットの選び方ー7つのポイントー フェイスサイズ フレームの厚さ グリップサイズ ストリングパターン フレームの重さ フレームの重心 スイングウエイト 主要ブランド7選 初心者におすすめのラケット 黄金スペック Zehitomoからテニスレッスンを依頼してみる ラケットの選び方ー7つのポイントー ラケットには様々な種類があるので、自分に合ったものを見つけるのは大変です。ラケットは、使う人の体格やレベル、プレースタイルに合わせて選ぶのが一般的ですが、始めたばかりだとプレースタイルまではわかりません。 そこで、初心者の方が体格に合わせてラケットを選ぶ際に注目すべき7つのポイントを紹介します。 フェイスサイズ ボールを打つ面の大きさのことです。ミッドサイズ・ミッドプラス・オーバーサイズの3種類あります。 ミッドサイズはフェイスの面積が小さく、空気抵抗が少ないため、振り抜きやすく、コントロール性が高くなります。しかし、ボールを芯に当てるのが難しく、飛距離もあまりでないので、上級者向けのラケットです。 オーバーサイズはフェイスの面積が大きく、芯でボールを捉えやすいので、飛距離も伸びます。その分、空気抵抗が増えるためコントロール性は低いです。初心者でも打ちやすいラケットになります。 ミッドプラスはコントロール性とパワー性、芯でのボールの打ちやすさの3つのバランスがいいです。使いやすいので、幅広い方に愛用されています。 フレームの厚さ フレームの厚さには、薄ラケ・中厚・厚ラケの3種類あります。 薄ラケは振り抜きがよく、コントロール性に優れています。しかし、フレーム内部が詰まっているため、重いことが多いです。反発力が低いので、パワーがある人に向いています。 厚ラケは振り抜きはよくないですが、反発力が強いのでボールが飛びやすいです。フレームも軽いため、パワーに自信がない人におすすめ。ただし、フレーム内部を空洞化することによって軽量化しているので、衝撃には弱いです。雑に扱うと破損しやすいので注意しましょう。 中厚は薄ラケよりも反発力があり、厚ラケよりも頑丈です。コントロール性とパワー性のバランスが非常に良いので、3つの中では1番良く使われています。 グリップサイズ グリップの円周の長さです。グリップサイズは1~4で表記され、数字が大きいほど太くなります。海外製品は、表記の仕方が異なる場合があるので注意が必要です。 グリップが細いと手首でコントロールしやすくなるので、多彩なショットが打てます。逆にグリップが太いと手首は動きにくくなりますが、力が入るのでパワーのあるショットを打てます。 グリップが細くても、グリップテープを巻くことで1サイズ分太くすることができるので、迷ったら細いものを選ぶといいでしょう。 ストリングパターン フレームに張るガットの、縦糸と横糸の本数のパターンのことを言います。16×18か16×19が主流です。 目が粗い(16×15)と、ボールを芯で捉えやすくなります。スピンもかけやすくなるため、初心者向けです。 一方で、たわみも大きくなるのでガットが切れやすいという問題があります。 目が細かい(18×20)と、たわみが小さくなるのでガットは切れにくいです。コントロール性は高いですが、ボールを芯で捉えるのが難しいので上級者向けになります。 フレームの重さ 一般的なラケットの重さは240~320gになります。285~300gが標準的な重さです。 軽いラケットは振り抜きやすく、コントロール性が高いです。素早く動くこともできますが、強い打球には打ち負けてしまうことがあります。女性やシニアの方など腕力に自信のない人や、素早いラリーをしたい人におすすめです。 反対に、重いラケットは強くて速いボールを打つことができます。打ち負けることも少ないですが、振り抜くにはパワーが必要なため、コントロール性はあまり高くありません。腕力に自信のある男性やパワフルなショットを打ちたい人におすすめです。 フレームの重心 ラケットはフレームの重心の位置によって、トップライト・イーブンバランス・トップヘビーの3つに分けられます。 トップライトは重心がグリップ寄りにあるので、振ったときに遠心力があまり発生しません。コントロール性が高いので、パワーのない方や素早く動きたい人向けです。 トップヘビーは重心がラケットの先端寄りにあり、振ったときに遠心力が発生します。 強くて速い打球を打つことができるので、パワーに自信のある人向けです。 イーブンバランスはトップライトとトップヘビーの中間です。特徴はありませんが、様々な状況に対応できます。オールラウンドにプレイしたい人向けです。 スイングウエイト スイングウエイトはラケットを振ったときの重さのことで、フレームの重さと重心が関係しています。 トップライトのラケットの場合は、フレームが重くてもスイングウエイトはそれほど重くなりません。 しかし、トップヘビーのラケットの場合は、フレームが軽くてもスイングウエイトは重くなります。 購入した後のミスマッチを防ぐためにも、ラケットを選ぶときは実際に振って使用感を確かめるようにしましょう。 主要ブランド7選 ラケットの主要ブランドを7個紹介していきます。 Wilson(ウィルソン):2.5~4.5万円 アメリカの老舗メーカーです。ラインナップが豊富で、初心者も上級者も関係なく扱いやすいラケットがたくさんあります。 […]

2021/08/11

テニススクールの選び方!初心者がチェックしたい5つのポイント

テニスは年齢性別関係なくプレイすることができるので、初心者でも始めやすいスポーツです。テニススクールには初心者も上級者も在籍しているため、レベル別にレッスンを行います。具体的なレッスン方法はスクールによって異なりますが、大きくはグループレッスンかプライベートレッスンに分けられます。 今回はそれぞれのレッスンの違いについて説明した後、テニススクールを選ぶときに重要な5つのポイントを紹介します。 目次 テニスの魅力 グループレッスンとプライベートレッスンの違い グループレッスンの特徴 プライベートレッスンの特徴 テニススクールを選ぶときに重要な5つのポイント コートの種類 スクールの立地 スクールの雰囲気 スクールの設備 振替制度 テニスレッスンを受けるときに必要なもの Zehitomoからテニスレッスンを受けてみる テニスの魅力 みなさんはテニスに対してどんなイメージをお持ちでしょうか?最近は世界で活躍している選手も多く、競技としてのイメージが強いかもしれません。しかし、実際は趣味としてテニスを楽しんでいる人も多くいます。 健康になる 定期的にテニスをすることによって、筋力などの身体機能の低下を防ぐことができます。さらに、免疫力の向上による病気の発症リスクを抑えることも期待できるでしょう。 テニスは年齢を重ねても楽しめる、生涯スポーツです。70歳を過ぎても元気にテニスをやっている方も多く、大人になってから始めても遅すぎることはありません。 交流ができる テニスは年齢を問わず、気軽な準備で多くの人と楽しめます。コートサイズやルールに男女差もないので、一緒に練習をすることができます。友人や夫婦で始める方も多いです。また、ダブルスや団体戦など、コミュニケーションを取りながら試合に挑む形もあります。 手軽に始められる テニスは初期費用が比較的安く、気軽に始められます。 最低限必要なのは、ラケット・テニスシューズ・テニスウエア・テニスボールだけ。レンタルもできるので、思い立ったらすぐに始めることが可能です。 プレイする場所も、レンタルコートやスクールの体験など、数千円程度で収まります。また、少人数でプレイできるので、友人などを誘いやすいものポイントです。 グループレッスンとプライベートレッスンの違い 本格的にテニスを始めるとなったら、テニススクールに通う人が多いでしょう。一般的なテニススクールのレッスンは、講師1人に対して複数の生徒がいる「グループレッスン」になります。下の表は、「グループレッスン」と「プライベートレッスン」の違いをまとめたものです。 グループレッスンの特徴 グループレッスンではコーチ1人に対して生徒が6~10人です。ただし、レッスンの時間帯やレベルによって生徒の人数は多少前後します。 メリット レベル別にレッスンを受けることができるので、自分の上達速度に合わせてレベルを調整できます。 レッスンがレベル別に行われているので、同じレベルのテニス仲間が増えます。 レッスンレベルを上げることを短期的な目標とすれば、モチベーションを損なわずにレッスンを続けられます。 複数のコーチがレッスンを担当しているので、コーチと相性が合わなければ、別のコーチのレッスンを受けられます。 忙しくてレッスンに参加できないときは振替制度を使うことができます。 デメリット 初心者向けのレッスンでは参加する人の目的が異なることがあります。目的によってモチベーションにも違いがあることは理解しておきましょう。人数が少なすぎると1人あたりの運動量が増えるのでかなり疲れますし、多すぎると練習効率が悪くなって待ち時間が増えてしまいます。 料金 初心者向けのテニスレッスンの料金は、週1回90分のレッスンで月謝が10,000~15,000円程度です。生徒の人数と同様に、レッスン料金も時間帯や曜日などによって異なります。 プライベートレッスンの特徴 プライベートレッスンは、コーチとマンツーマンあるいは少人数でレッスンを行います。 メリット 生徒の人数が少ないので、レッスンを通して丁寧な指導を受けることができます。 自分の長所を伸ばしたり、短所を克服したりするなど柔軟に指導を受けられるので、グループレッスンよりも上達が早いです。周りに気を遣わずに伸び伸びと練習することもできます。 デメリット レッスンの内容が充実している分、他の人と交流する機会があまりありません。レッスン料に加えてコート代も依頼者が負担する場合があるので料金が高くなります。 グループレッスンと違って、自分でコーチにレッスンを依頼をしなければなりません。コートの確保なども考えると、レッスン前の準備に時間がかかります。 料金 プライベートレッスンの下限は1時間あたり5,000円です。コーチの実績によっては1時間で10,000円以上になることもあります。 テニススクールを選ぶ時に重要な5つのポイント テニススクールによって、グループレッスンの内容はさまざまです。最近では初心者でもプライベートレッスンを選ぶ方も増えています。 自分にあったスクールをどのように選んだら良いのかわからない方もいるでしょう。ここからは、テニススクールを選ぶときに気を付けるべき5つのポイントをご紹介します。 コートの種類 テニスコートにはアウトドアコートとインドアコートがあります。 […]