1. ゼヒトモ
  2. 習い事
  3. スポーツ
  4. 球技
  5. ゴルフスクール
  6. 東京都内でおすすめのゴルフ練習場10選!

東京都内でおすすめのゴルフ練習場10選!

2021/06/27 2021/09/16
ゴルフレッスン
FacebookTwitter

ゴルフ練習場とは、いわゆる打ちっぱなしのこと。今回の記事では、東京都内でおすすめのゴルフ練習場をピックアップして紹介していきます。打ちっぱなしの服装や持ち物、ゴルフ練習場でのマナーについても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次



打ちっぱなしの服装や持ち物

ドレスコードがあるゴルフ場と違い、打ちっぱなしには服装のルールがありません。動きやすいスポーツウェアがベストですが、Tシャツやジーンズなどを着て行っても問題ないでしょう。初心者の方も、わざわざ服装を用意することなく練習を始められます。

ただし、腕を大きく振ったり腰をひねったりする動作があるので、タイトな服装や露出が激しい服装は避けた方がベター。仕事帰りにスーツで行く場合は、伸縮性がある素材のものを選びましょう。 以下では、打ちっぱなしに必要なアイテムについて紹介していきます。


クラブ

ゴルフを始めたばかりだと、クラブを持っていないという方も多いでしょう。クラブは値段が高いものも多く、簡単に買えるものではありません。ほとんどのゴルフ練習場ではクラブをレンタルできるため、クラブがないという方も安心してください。ゴルフ練習場によって金額は異なりますが、1本200〜500円程度でレンタルすることができます。練習を続けるうちにクラブのこだわりが出てきたら、自分に合うクラブを購入すると良いでしょう。


グローブ

ゴルフの練習をする上で、意外と大事なのがグローブです。クラブを素手で握ったまま練習を続けていると、手を痛めてしまうことに。また、滑り止めとしても必須になるでしょう。通常は非利き手に装着しますが、女性であれば両手に装着するという方も多いようです。一般的なグローブであれば1,500〜2,000円程度で購入できるため、1つ練習用のものを用意するようにしましょう。


靴・靴下

打ちっぱなしをするときは、スニーカーや運動靴を履くようにしましょう。専用のゴルフシューズがあればベストですが、運動しやすい靴であれば問題ありません。ヒールやサンダルだとバランスが崩れやすくなるため、できるだけ避けるようにしてください。多くのゴルフ練習場ではゴルフシューズがレンタルできるので、練習しにくい靴で行く場合はそちらを利用するのがおすすめです。また、靴擦れを防ぐためにも靴下を履いて練習するようにしましょう。


ゴルフ練習場のマナー

ゴルフ練習場には、いくつか守らなければならないマナーが存在しています。以下で紹介するマナーを参考にして、他のプレイヤーに迷惑をかけないよう注意しましょう。

  1. むやみに大声を出さない

良いショットが打てたときや、反対に調子が出ないというときも、大声を出すことは避けましょう。声を出すことで、練習に集中したいプレイヤーの邪魔になってしまいます。グループで練習に来たときも、極力話し声は小さめにしてください。また、携帯電話はマナーモードにし、電話がかかってきたときもすぐに出ず、後から折り返すようにしましょう。

  1. スイングをするときは周りを確認する

スイングをするときは、必ず周りに人がいないかを確認してからにしましょう。クラブは意外と長く、万が一他の人に当たってしまうと大怪我になってしまいます。後ろの通路を通る人がいないか、隣の打席の人に当たらないかを確認してからスイングするようにしてください。

  1. 他の人がいる打席には近づかない

上記でも述べたように、クラブが当たると非常に危険なため、他の人がいる打席には近づかないようにしましょう。打席を選ぶときは、できるだけ1つ以上間隔を空けるようにするのが無難です。



東京都内でおすすめのゴルフ練習場10選

ここからは、東京都内でおすすめのゴルフ練習場を紹介していきます。それぞれに違った良さがありますので、ぜひ自分に合うゴルフ練習場を見つけてみてください。


奥行き200ヤードの広いフェアウェイが魅力的!【若洲ゴルフリンクス】

若洲ゴルフリンクス 練習場
出典:若洲ゴルフリンクス

ゴルフコースの隣に併設されたゴルフ練習場です。江東区のベイエリアに広々と施設を構え、その距離は200ヤードにまで及びます。東京都内にあるゴルフ練習場の中では相当な奥行きを誇り、思い切ったショットが打てるでしょう。全打席にオートティーアップ機が完備されているため、快適に練習ができます。

また、広さだけでなく、都心からのアクセスが良好であるのも嬉しいポイント。車で向かう場合は首都高速・湾岸線の新木場ICより3kmで到着します。電車を利用する場合も、新木場駅から所要時間約10分の送迎バスが定期的に出ているため、気軽に足を運べるでしょう。


施設情報

①住所:東京都江東区若洲3-1-2
②営業時間:6:30~20:00(最終受付19:00)
③打席数:20打席
④距離:200ヤード
⑤料金:【平日】400円/31球・1,000円/80球【土日祝】400円/27球・1,000円/72球


駅から近く、プレイヤーに嬉しい設備が多数用意!【フジゴルフセンター】

フジゴルフセンター 練習場
出典:フジゴルフセンター

リーズナブルな料金設定でありながらも、充実した設備が自慢のゴルフ練習場です。こちらのゴルフ練習場では、実際のコースでも使用されるようなバンカー場やパッティンググリーンをなんと無料で使うことが可能。パッティンググリーンは天然芝のような起伏があり、実践に向けた本格的な練習ができるでしょう。

また、全打席にオートティーアップ機が完備されているため、ストレスフリーに打ちっぱなしを楽しめます。休憩時間には、開放的なロビーや喫茶コーナーでくつろげるのも魅力的です。 さらに嬉しいのは、駅からゴルフ練習場までの近さ。最寄駅である木場駅からは徒歩5分で行くことができ、都心近くにいながらも本格的なゴルフの練習ができるでしょう。


施設情報

①住所:東京都江東区木場6-2-6
②営業時間:【平日】5:30~8:30/9:00~22:30(最終受付21:30)【土日祝】8:50~20:50(完全予約制)
③打席数:70打席
④距離:150ヤード
⑤ボール単価:【平日】(早朝)1F・11.5円/2F・10.5円(通常)1F・17円/2F・15円【土日祝】1F・19円/2F・17円


池やバンカーを想定した実践的なレイアウト!【スイング碑文谷】

出典:スイング碑文谷

170ヤードの広いフェアウェイで、実践に近い打ちっぱなしが楽しめるゴルフ練習場です。実際のコースのように池やバンカーが配置されているため、ゴルフコースを想定した練習がしたい初心者の方にはぴったりでしょう。打席には冷暖房が完備されているため、1年中快適な環境で練習ができます。

また、こちらのゴルフ練習場はボール貸しだけでなく、30分・45分・60分・75分・90分の時間貸しシステムがあるのも特徴的。思い切り練習したい方にとって、ボール代を気にせず打ち放題で利用できるのは嬉しいポイントでしょう。


施設情報

①住所:東京都目黒区碑文谷5-14-8
②営業時間
【平日】モーニング 6:00〜8:50/フロント9:00〜22:00/ナイター 22:00〜23:00
【土曜】モーニング 6:00〜8:50/フロント9:00〜21:00/ナイター 21:00〜23:00
【日曜・祝日】モーニング 6:00〜8:50/フロント 9:00〜19:00/ナイター 19:00〜22:00
③打席数:83打席
④距離:170ヤード
⑤ボール単価:【平日】(モーニング)18〜22円(ナイター)20〜26円【土日祝】(モーニング)24〜29円(ナイター)25〜33円
※フロント営業中は時間貸し


3階建てで様々な高さからのショットを楽しめる!【メトログリーン東陽町】

出典:メトログリーン東陽町

東京メトロが運営しており、開放感溢れる3階建て構造が特徴のゴルフ練習場です。練習の目的やその日の気分によりフロアを変えてみることで、充実した練習ができます。地上で実践的な練習がしたいのであれば1階、眺めを楽しみたいのであれば2階や3階を利用してみるのがおすすめ。打席は2.6メートルあるため、窮屈さを感じることなく練習に集中できるでしょう。

また、施設内にはクラブ工房があり、クラブの修理や調整のほか、オーダーメイドクラブの改造にも対応してもらえます。打ちっぱなし中にクラブの調子が悪くなったときも、すぐプロに見てもらえるため安心でしょう。


施設情報

①住所:東京都江東区新砂1-6-40
②営業時間:8:00〜20:00 (最終受付19:00)
③打席数:90打席
④距離:165ヤード
⑤ボール単価:【平日】1F・19円/2F・17円/3F・13円【土日祝】1F・23円/2F・21円/3F・17円



250ヤード&300打席の圧倒的な広さが自慢!【ロッテ葛西ゴルフ】

ロッテ葛西ゴルフ 練習場
出典:ロッテ葛西ゴルフ

葛西臨海公園そばに位置し、都内最大規模とも言える大型のゴルフ練習場です。その距離は驚きの250ヤードで、初めて訪れた方は規模の大きさに驚くでしょう。20,000坪の広い空間となっており、思いっきりスイングしたいという方にはぴったりです。

また、併設されているボディケアセンターではマッサージやゴルフストレッチ、酸素カプセルなどで身体を整えてもらえます。ゴルフの上達には、練習だけでなく身体のメンテナンスも欠かせません。練習後の疲れた身体をほぐしたいときや、身体の調子を整えたいときにぜひ利用してみるといいでしょう。


施設情報

①住所:東京都江戸川区臨海町2-4-2
②営業時間:8:00~22:00(最終受付21:00)
③打席数:300打席
④距離:250ヤード
⑤ボール単価:【平日】1F・18円/2F・17円/3F・16円【土日祝】1F・22円/2F・21円/3F・18円


駅から徒歩2分の近さが嬉しい!【ファーストゴルフ】

ファーストゴルフ 練習場
出典:ファーストゴルフ

奥行き170ヤードと、エリアではNo.1の距離を誇るゴルフ練習場です。明るいLED照明が点いているため、夜間の練習でもしっかり弾道を追うことができます。また、無料のドリンクサービスがあるのも嬉しいポイントでしょう。ボール貸出時、ルーレットで当たるとボール数が増量されるというユニークなサービスもあります。

こちらのゴルフ練習場の魅力は、とにかく駅から近いこと。最寄駅である平和台駅からわずか徒歩2分で到着するため、楽に通うことができます。また、首都高速の中台ICからも約10分の近さとなっており、車で向かう方にとってもアクセス良好でしょう。無料で利用できる駐車場が77台完備されているため安心です。


施設情報

①住所:東京都練馬区早宮2-17-12
②営業時間:【平日】8:00~21:00 ※火曜のみ9:00から【土日祝】7:00~21:00(最終受付20:25)
③打席数:48打席
④距離:170ヤード
⑤ボール単価:
【平日】1F・14.7~16.2円/2F・12.7~14.4円/A打席・12.0~13.5円
【土日祝】1F・17.1~19.6円/2F・15.1~17.1円/A打席・13.5~15.1円



入場料&打席料なしでボール単価も安い!【目黒ゴルフ練習場】

閑静な住宅街の中にあり、都内でトップレベルの伝統を誇るゴルフ練習場です。一般的に必要な入場料・打席料がなく、ボール単価も14〜15円という安さが魅力的。利用料金が安いため、初心者の方もボール代を気にせずたくさんショットが打てるでしょう。9:00までであれば、ボール代がさらに1円引きとなるのも嬉しいポイントです。

また、こちらではクラブ・シューズをレンタルできるため、仕事帰りでも気軽に立ち寄ることができます。1階の喫茶店で健康的な食事を味わえたり、身体を整えるパーソナルトレーニングやピラティスレッスンを受けたりできるのも、プレイヤーには嬉しいでしょう。

施設情報

①住所:東京都目黒区上目黒5-6-22
②営業時間:6:30~22:00(日・祝は20:00まで)
③打席数:59打席
④距離:50ヤード
⑤ボール単価:【平日】1F〜3F・14円【土日祝】1F&2F・15円/3F・14円
出典:目黒ゴルフ練習場


ボール単価は10円〜という驚きの安さ!【トーキョージャンボ】

出典:トーキョージャンボ

上部のネットがなく、オープンで開放感のあるゴルフ練習場です。その名の通り、距離は230ヤード、打席数は200打席と圧倒的な広さを誇ります。

夏場は打席の上部からミストが噴霧されるため、暑い中でも気持ちよく練習ができるでしょう。施設内にはウェアやゴルフシューズなどのグッズを取り揃えたショップのほか、クラブ工房も用意されています。

なお、ボール単価は平日の9:00〜24:00でも10円からと非常に安く、リーズナブルに広いゴルフ練習場を利用できるのが魅力的。ボール代を気にせず、のびのびと打ちっぱなしを楽しみたい方におすすめです。


施設情報

①住所:東京都足立区入谷9-26-1
②営業時間:5:00〜24:00(土日祝は4:00から)
③打席数:200打席
④距離:230ヤード
⑤ボール単価
【平日】(5:00〜8:30)1F・14円/2F・12円/3F・10円(9:00〜24:00)1F・16円/2F・13円/3F・10円
【土日祝】(5:00〜7:30)1F・19円/2F・16円/3F・13円(8:00〜24:00)1F・20円/2F・17円/3F・14円
※時間貸しもあり


24時間営業で1年中快適に練習できる!【タイムジップス24】

タイムジップス24 練習場
出典:タイムジップス24

24時間営業で、いつでも好きな時に打ちっぱなしを楽しめるゴルフ練習場です。料金は時間貸しの打ち放題となっています。

高性能のスイングチェックマシンや飛距離測定器があり、パターやバンカーの練習もできるため、本格的な練習がしたい方におすすめでしょう。距離も180ヤードと、思いっきりショットを打ちたい方には十分な広さです。 打席には冷暖房が完備されているため、オールシーズン快適に練習することが可能。また、夏場は冷えたおしぼりを、冬場はカイロを配布してもらえるのも親切です。


施設情報

①住所:東京都西東京市芝久保町5-8-2
②営業時間:24時間営業
③打席数:100打席
④距離:180ヤード
⑤料金
【平日】1時間・1,100〜2,100円/90分・1,400〜2,800円/2時間・1,700〜3,400円
【土日祝】1時間・1,300〜2,700円/90分・1,700〜3,600円/2時間・2,100〜4,400円


180ヤードの広いフェアウェイは区内でNo.1!【ゴルフクラブイースタン】

出典:ゴルフクラブイースタン

ヨーロッパ調のおしゃれな外観が特徴的なゴルフ練習場です。180ヤードのフェアウェイは手前が天然芝となっているため、ショート・ロングの両方を練習できるのが魅力的。グリーンやバンカーも多数配置されており、実践に近い効果的な練習ができるでしょう。

打席間は広くとられているため、周りのプレイヤーを気にせず気持ちよく打ちっぱなしを楽しめます。 また、施設内の設備も充実しており、パター・バンカーの練習場やシャワールームは無料で利用することが可能。癒し処では60分3,200円という安さで全身マッサージを受けることができ、練習で疲れた身体も十分ほぐせるでしょう。

施設情報

①住所:東京都墨田区立花5-51-11
②営業時間:【11月〜3月】6:00〜24:00【4月〜10月】5:00〜24:00(最終受付23:00)
③打席数:108打席
④距離:180ヤード
⑤ボール単価:【平日】1F・17,6円/2F・15.4円/3F・13.2円【土日祝】1F・19.8円/2F・17.6円/3F・15.4円



上達を目指すならプロのゴルフレッスンを受けてみる

さらにゴルフの腕を上げたいのであれば、プロのゴルフレッスンを受けてみてはいかがでしょうか。 Zehitomoには、ゴルフレッスンのプロが多数登録しています。プロから正しいスイングやコツを教わることで、短期間のうちに効率よく上達できるでしょう。条件を設定して依頼を出すだけで、すぐにニーズに合うプロとマッチングすることができます。依頼は無料で出せますので、ぜひ気軽に利用してみてください。



お役立ち情報をLINEで受け取る

友だち追加

ブログをSNSでシェアする

FacebookTwitter

関連タグ

この記事を書いた人

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部アカウントです。

ゴルフレッスン関連の最新記事

2021/09/16
夏のゴルフに必要な持ち物とは?おすすめの暑さ対策もご紹介

夏にゴルフをする際は、ゴルフクラブやゴルフシューズなどの「基本の持ち物」、レインウェアやGPSなどの「役立つ物」、その他、熱中症対策には欠かせない冷感グッズや日傘が必要になります。 また、ビタミンを補給したり、前日に十分な睡眠をとっておくと、熱中症になるリスクが低くなるため、事前に暑さ対策は行うようにしましょう。 目次 基本の持ち物 ゴルフクラブ キャディバッグ ゴルフシューズ ゴルフウェア ゴルフボール ゴルフティー マーカー 持っておくと役立つ持ち物 レインウェア 距離計測器(GPSナビ) ラウンドバック スポーツサングラス 熱中症予防に役立つ持ち物 冷感グッズ 日傘 スポーツドリンク 保冷バック 夏用アンダーウェア 夏のゴルフに効果的な暑さ対策 ビタミンを摂取する こまめに水分をとる 直射日光をなるべく避けるようにする 十分な睡眠をとる アーリーバードでプレイする Zehitomoプロのゴルフレッスンを受けてみる 基本の持ち物 まずは、ゴルフをする際に必要な基本の持ち物を紹介します。 ゴルフクラブ ゴルフクラブには「ドライバー」・「アイアン」・「ウェッジ」・「パター」など、様々な種類があります。飛ばしたい距離や打つ場所に応じて最適なものを使うのが基本です。 ・ドライバー:シャフトが長くヘッドが大きく作られている。飛距離が必要な1打目に使われることが多い ・アイアン:1番~9番まであり、数字が小さいほど飛距離が出る作りになっている。主にフェアウェイ上で使用する ・ウェッジ:短い距離を正確に打つ時に最適なクラブ。バンカーからボールを出したい時によく使われる ・パター:ボールを転がせることに特化したクラブ。主にグリーン上でカップインしたい時に使われる クラブは、14本まで持ち運ぶことができますが、初心者の場合は、そこまでそろえる必要はありません。最低限必要な6~7本のクラブが揃った初心者セットも販売されています。レンタルできる施設もあるので、場合に応じて選びましょう。 キャディバッグ キャディバッグはゴルフクラブを入れるバッグのことです。複数のゴルフクラブを手で持ち運ぶのは不便であるため、用意しておきましょう。 軽量なものから、頑丈な物、デザインがおしゃれな物など、形は様々なので、自分の好みに合った物を選んでみてください。 ゴルフシューズ サッカーや野球をするための専用シューズがあるように、ゴルフに適したゴルフシューズも存在します。 ゴルフシューズは、滑りやすい芝生の上でも滑らないように、靴裏がグリップするような作りになっているため、履けば打つ時に体勢が崩れにくくなります。 特に雨が降った後は、芝生がすべりやすくなっているので、転んで怪我をしてしまうことを避けるためには欠かせません。 また、多くのゴルフ場では、芝を傷めてしまうようなスパイクの使用が禁止されています。ゴルフシューズは、スパイク付きでも芝に傷を与えないような作りになっているため、問題なく使用することが可能です。 マナーを守るという面においても、ゴルフシューズは必要になります。しかし、靴裏の鋲が金属でできているメタルスパイクは、芝を傷つけてしまう可能性が高いため、使用禁止にしているゴルフ場が多いです。そのため、鋲がプラスチックでできているソフトスパイクを購入するようにしてください しかし、ゴルフ場によってはゴルフシューズのレンタルを行っていることもあるため、用意しなくても良い場合があります。 自分が行く予定のゴルフ場がレンタルを行っているか、事前に調べておきましょう。しかし、ゴルフを趣味として長く続けたいと考えている人は、先のことを見据えて購入しておくことをおすすめします。 ゴルフウェア ゴルフは他のスポーツに比べるとマナーを重んじるスポーツなので、ドレスコードが存在します。推奨されている服装とNGな服装の例は下記の表の通りです。 イギリス発祥であるゴルフ。盛んに行われた時期は「紳士のたしなみ」として、認知されてされていました。その文化は世界中で継承されており、上下ともに正装でプレーすることが今でもマナーとなっています。 Tシャツやタンクトップ、ジーンズ・スカートなどの肌の露出が多く、カジュアルな服装はNGであるため注意しましょう。 しかし、ゴルフ場によっては短パンやスカートOKなど、ルールが緩いところもあるので、暑い夏場にゴルフをする際は、下記のような服装でプレーしてみてはいかがでしょうか。 ・上:ポロシャツ・下:ショートパンツ、ミニスカート(女性の場合) […]

2021/07/01
ゴルフのアプローチ4種の打ち方。練習方法も【プロ監修】

暑い夏が終わり、いよいよゴルフシーズンがやってきました。初心者ゴルファーも、本格的にゴルフに取り組むチャンスではないでしょうか。 しっかり練習してこの秋で一気に上達しましょう! ゴルフのアプローチとは?アプローチって何? ゴルフの練習といえば、ショット練習が花形と言えますね。 しかし、ゴルフが上手い人ほど、花形を支える“裏方”の練習に力を入れています。 その裏方とは、アプローチショットです。 狙う距離も短く、動きも小さい地味なショットですが、スコアメイクには大きな影響力を発揮します。 今回は、裏方だけど花形を支えるアプローチショットがテーマです。 初心者必読!基本のアプローチの方法ポイント6つ アプローチは、ポイッと手で投げて届く短い距離から、長い距離では50ヤード位までの範囲を狙います。 基本のアプローチの種類 これら3種類の打ち方を覚えれば、アプローチはかなり上手になります。アプローチショットが上手くいくかどうかは、ほぼ構えで決まります。逆に言えば、アプローチが苦手な方は、構え方が悪いはずです。 チップショット 一番多用するのは、チップショットと呼ばれる打ち方です。ピッチ&ランとも言います。アプローチの基本となる打ち方で、球から旗までの距離の半分位の地点に球を落下させ、残り半分の距離を転がすイメージです。 ランニングショット ランニングアプローチとも言います。パッティングの延長のようなイメージで、ほんの少し球を上げて、ほとんどを転がしていきます。 ピッチショット これは、全体の距離の8割程度球を上げて、2割くらいを転がしていくイメージです。 1.グリップ 通常のグリップより、少し短く持つようにします。チップショットとピッチショットでは、グリップを持つ長さが少し違いますが、後ほど述べます。 2.スタンス 遠くへ飛ばすフルショットより狭くしましょう。肩幅よりは狭くします。初心者ゴルファーは、両足を閉じて構えるくらいでいいでしょう。 3.重心 基本形は、左右半分半分でいいでしょう。ランニングの場合は、左足に6割、右足に4割の配分にします。(右利きの場合) 4.向き 初心者は、現段階では目標に平行に構えましょう。上達してくると、オープンスタンスと呼ばれる、やや斜めに構える方法があります。 5.スイング 手首を使い過ぎないことです。打ちたい距離によって、振り幅やスイングスピードを変えていきましょう。 6.球の位置 球の位置を覚えましょう。左右の位置は、スタンスの中央か、やや右足寄りに置きます。(左利きは左足寄り) 球と身体との間隔は、つま先から靴のサイズ一足分で良いでしょう。かなり近い感じがしますが、慣れていきましょう。 飛距離を出すためのアプローチの方法ポイント6つ ピッチショットと呼ばれるアプローチです。30~50ヤードくらいの距離を狙う打ち方と考えればいいでしょう。主に、バンカー越えの状況や、打ち上げの場面でこの打ち方をします。 1.グリップ 握る形はフルショットのグリップと変わりませんが、グリップエンドは3センチ程余らせるようにしましょう。できるだけソフトに握ることです。 2.スタンス 肩幅よりも狭くします。広げ過ぎると、ダフりやすくなります。 3.重心 左右均等でいいでしょう。球を上げる打ち方なので、右足(左利きは左足)に体重をかけたくなりますが、ダフるミスになりやすいので、注意してください。球は、クラブヘッドのロフト角が上げてくれます。 4.向き スクエアと言われる目標に平行か、ほんの少し左足(左利きは右足)を引きます。初心者ゴルファーは、平行に構えるのが無難です。 5.スイング コックと呼ばれる、手首を使ってクラブを立てる動き 身体の回転 のミックスでスイングします。 バックスイングで手元が右腰付近に来たらクラブを立て、ダウンスイングでは、身体を回転させながら立てたクラブを構えた位置に戻すと同時に左腰付近でクラブを立てていきます。 身体の回転のスピードを変えていくことで、距離を打ち分けていきます。(左利きは左右逆になる) 6.どんなクラブを使うか 使用クラブは、アプローチウェッジかサンドウェッジがいいでしょう。サンドウェッジはアプローチウェッジよりは少し飛距離が落ちますが、より球が高く上がるので、落下してから球の転がりを少なくしたいときに選択するクラブです。 距離を出したくない時のアプローチの方法ポイント6つ チップショット、ランニングショットを使います。球からグリーンまでの距離がそんなに遠くない状況でこれらの打ち方をします。しっかり転がしたいときは、ランニングショットを選択しましょう。 1.グリップ グリップの先端部ギリギリ付近を持ちましょう。短く持つことにより、打ちミスを減らせます。 2.スタンス ピッチショットよりもさらに狭くしましょう。初心者ゴルファーは、両足を閉じていてもいいくらいです。 […]