1. ゼヒトモ
  2. 習い事
  3. 生活・文化
  4. 料理
  5. 健康・ダイエット料理教室
  6. 徹底比較!もち麦と押し麦とオートミールの違い

徹底比較!もち麦と押し麦とオートミールの違い

2022/10/17
健康・ダイエット料理レッスン
FacebookTwitter

定番ダイエット食品として知られている「もち麦」「押し麦」「オートミール」の3種。実際どれが1番なんだいってこと、みなさんは知りたくないですか?

「もち麦」「押し麦」「オートミール」の違い

「もち麦」の原料と特徴

「もち麦」とは、イネ科オオムギ属「大麦」の一種。「大麦β-グルカン」を多く含んでおり、粘り気がありモチモチとした食感が特徴です。消化スピードが非常に遅いので、腹持ちがいいのもポイント。食感や腹持ちの良さから、ダイエットの一環として、白米の代わりに取り入れる方が多い食品と言えます。

「もち麦」のダイエット効果

もち麦に含まれる大麦β-グルカンは、水溶性食物繊維の一つ。白米の25倍もの水溶性食物繊維を含むことで有名です。水溶性食物繊維は、水に溶けることでドロッとしたジェル状に変化し、腸の中で膜を張ることから、糖質やコレステロールの吸収を抑えてくれる働きがあります。また大麦β-グルカンは、腸内の善玉菌のエサにもなるので、腸内環境を整えられるのもポイント。身体の内側から痩せやすくしてくれることから、ダイエットに効果的な食品と言えます。

「押し麦」の原料と特徴

「押し麦」は、もち麦同様に大麦の一種。大麦の外皮を取り除いた丸麦を圧ぺんローラーで押し潰した大麦の加工品であり、サラッとした食感が特徴。ご飯にとろろをかけていただく「麦とろごはん」のご飯として用いられており、3種の中でもなじみ深い種類の食品と言えます。また、押し麦の中でも「胚芽」を残した胚芽押麦は、栄養が豊富なことでも知られています。特にビタミンEや不飽和脂肪酸が多く含まれているので、美肌効果が高いのもポイントです。

「押し麦」のダイエット効果

押し麦は、水溶性・不溶性のどちらの食物繊維も豊富に含まれている食品。不溶性食物繊維が体内の水分を吸収することで便の量を増やし、水溶性食物繊維が便をやわらかくしてくれます。腸を刺激しながら排便を促してくれるので、便秘がちな方にぴったりです。便秘は便が体内に溜まるだけでなく、腸内環境を悪くし、代謝機能を低下させてしまうもの。便秘を解消することで代謝がアップし、痩せやすい体質に導いてくれます。

「オートミール」の原料と特徴

「オートミール」の原料は、イネ科カラスムギ属「燕麦(えんばく)」。「オーツ麦」と言われたほうがわかる方が大半でしょう。オートミールは、麦の外皮を取り除いてから蒸して、さらにローラーでつぶすという工程を踏むため、押し麦と同じ製法で作られています。また押し麦に比べて火が通りやすいことから、短時間で調理ができるのもポイント!リゾットやおにぎりなど、白米の代わりはもちろん、スイーツにも使える万能な食品です。

「オートミール」のダイエット効果

オートミールは、もち麦や押し麦同様に食物繊維が豊富!血糖値の上昇が緩やかなので、脂肪の蓄積がしづらい食品です。また活用方法がさまざまなので、ダイエットが続きにくい方でもアレンジ方法を変えることで飽きずにダイエットできるのもなのが大きなポイントと言えます。さらにタンパク質がたくさん含まれているので、筋肉を付けながら健康的に痩せたい方にもぴったりです。

おすすめレシピを実食

ここからは、それぞれを活かしたレシピのご紹介です。

もち麦×おにぎり

もっちりとした食感が楽しめるもち麦は、「お母さんのおかえりごはん〜心と身体にやさしい料理を〜」さんの動画を参考に作りました。お米にもち麦と塩昆布、調味料を混ぜて炊き上げ、最後に梅を混ぜたおにぎりです。お米に混ぜるので、軽めのダイエットをしたい方にぴったりです。

もち麦のもちもちとした食感に、塩昆布の旨味、そして梅の酸味が絶妙に美味しい!塩昆布を炊き上げる段階で加えているので、出汁がすごく効いてます。こちらは、作り置きレシピとして紹介していたので、多めに炊いて冷凍しておくのが良さそう!もち麦と白米を1:1の割合で作られていますが、2:1の割合で次は作ってみたいです。

押し麦×サラダ

ぷちぷち食感!押し麦の野菜タップリサラダ
by kichi202

ぷちぷち食感!押し麦の野菜タップリサラダ

材料(2~3人分)
押し麦 / 50g(1/3カップ)
きゅうり / 1本
玉葱 / 1/2個
コーン / 30g(大さじ2)
枝豆(ゆでてあるもの) / 約30g(サヤ付20個位)
ミニトマト / 5~6個
スモークサーモン / 30g
★オリーブオイル / 大さじ2
★バルサミコ酢 / 大さじ2
★レモン汁 / 大さじ1
★ニンニク(すり下ろし) / 小さじ1
★塩胡椒 / 適量

レシピを考えた人のコメント
ぷちぷちつるんとした押し麦の食感が楽しいサラダ。
主食のご飯の代わりにもなるので、ダイエットにも♪

詳細を楽天レシピで見る→

細かく切った野菜に茹でた押し麦を加えたレシピ。細かく切ることで華やかな見た目になり、味気ないダイエット中の食卓を彩ってくれるレシピです。今回は、kichi202さんのレシピをベースに家にあるもので作りました。どんな野菜でも小さく切ればおしゃれな押し麦サラダが出来上がるので、その日によって中身が変えられるのもポイントです。

プチプチ食感がクセになる押し麦サラダ!しっかり噛みながら食べられるので、腹持ちがいいのも嬉しいですね。またバルサミコ酢を使っているので、お酢の力で脂肪燃焼をサポートしてくれるのもポイント!ダイエット中にちょっと凝ったものが食べたい時にぴったりです。

オートミール×サムゲタン

●レシピは〈こちら〉

ケロッグのレシピページで見つけたサムゲタン風オートミール。塩気のあるものを食べたい時にぴったりのレシピです。作り方は簡単。鶏ガラダシでオートミールを柔らかくし、サラダチキンと長ネギを添えるだけで完成です。簡単でお腹も満たしてくれるということもあり、実際に作ってみました。

これは本当に美味しいオートミールレシピです!オートミールとは思えない本物のサムゲタンのような仕上がりに感動すら覚えます…!たった5分ほどで出来上がるレシピなので、ズボラさんにもぴったりですね。鶏肉の旨味がしっかり効いていて、さらにボリュームも満点。非常におすすめしたいレシピです。

まだまだ知りたい!3つの食材を活かしたレシピ

ダイエットメニューは、今回実践したもの以外にもたくさんあります。最後にそれぞれの食材を活かしたレシピをご紹介します。

もち麦のカルビクッパ

野菜をたっぷり摂れるカルビクッパのお米をもち麦に変えたダイエット向きの一品!野菜不足になりがちの減量中もバランスの良い食事ができるのが嬉しいですよね。炊飯器に入れるだけのズボラ飯でもあるので、調理が苦手な方にもぴったりです。

もち麦のカオマンガイ

鶏肉の出汁が効いたカオマンガイのお米にもち麦を加えるのもおすすめ!ダイエットは、糖質も程よく摂ることが大切。お米にもち麦を加えるだけで、糖質カットを叶えながらバランスよく栄養が摂れるのでとてもおすすめです。鶏肉でタンパク質もしっかり摂ることができますね。

押し麦のデトックススープ

ビタミンBが豊富なえのきや、カリウムたっぷりの長芋が入った押し麦のデトックススープ。白だしで優しいお味に仕上げ、ホッと一息できる一品です。食物繊維が豊富なスープなので、腹持ちがいいのもポイントです!

押し麦のカレーリゾット

白米に押し麦を加えたご飯を使ったカレー風味のリゾット。ダイエット中、カレーが食べたくなった時にぴったりですね。スパイスがたくさん入っているので脂肪燃焼にも効果的!リゾットなら罪悪感なくカレーが楽しめますよ!

オートミールのはちみつホットヨーグルト

腸活にぴったりのホットヨーグルト。お腹を温めてくれるので、これからの時期にぴったりの一品です。お腹にしっかり溜まるオートミールが入っているので、手軽に朝食を取りたい時にもおすすめです。朝から腸を活性化してくれるレシピですよ。

オートミールのブリトー

「ダイエット中も気分の上がるランチをしたい!」という方にぴったりなのがオートミールのブリトーです。オートミール生地にチーズやハムなど具材を乗せて巻きながら焼くだけの簡単メニュー!楽しくダイエットができるので停滞期にもおすすめです。

まとめ

「もち麦」「押し麦」「オートミール」は、どれも食物繊維が豊富に含まれていることから、ダイエット向きの食品と言えます。またそれぞれに使い方が異なるので、好みや気分に合わせて併用しながらダイエットを続けるのもおすすめです。ゼヒトモでは、もち麦や押し麦を応用したレシピはもちろん、ダイエット向きのレシピが学べる料理教室が揃っていますので、この機会に一度参加してみてはいかがでしょうか。

お役立ち情報をLINEで受け取る

友だち追加

ブログをSNSでシェアする

FacebookTwitter

関連タグ

この記事を書いた人

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部アカウントです。

健康・ダイエット料理レッスン関連の最新記事

2022/10/13
どちらが最強?ダイエット食材“かぼちゃ&さつまいも”を徹底比較

ダイエット食材として名高いかぼちゃとさつまいも。今回はどちらが最強かを徹底比較!白黒ハッキリさせようじゃないのって話です。 かぼちゃとさつまいもどっちがダイエット向き? かぼちゃとさつまいもは、糖質が高めな野菜でありながら、それぞれダイエットに向いている要素を含んでいます。 かぼちゃがダイエット向きな理由 かぼちゃには、ダイエットに嬉しいカリウムや食物繊維がたっぷり含まれています。カリウムは身体に溜まったナトリウム(塩分)を外に出してくれるので、むくみ防止につながります。食物繊維は腸内環境を整えながら脂肪の吸収を抑えてくれるので、脂肪をしっかり落としたいダイエット中に欠かせない栄養と言えますね。 さらに体内でビタミンAに変わるβカロテンや美肌効果の高いビタミンC・Eも多く含まれています。ビタミンA・C・Eの3つはどれも抗酸化作用があるので、エイジングケアに最適。ダイエット中は、食事の偏りが出て肌荒れを起こしやすくなるので、3種のビタミンで肌を美しく保てるのもポイントですよ。 さつまいもがダイエット向きな理由 さつまいももかぼちゃ同様にカリウムや食物繊維、ビタミンCが含まれています。むくみを流し腸内環境を整え、脂肪の吸収を防いでくれるので、さつまいももダイエットに欠かせない食材と言えますね。 さらにさつまいもには、便を柔らかくし、排出しやすくしてくれるヤラピンという成分が含まれています。便秘で悩む方は、ヤラピンたっぷりのさつまいもで便の排出を助けてあげることをおすすめします。栄養価が高く「準完全食」とも言われているので、調理が面倒なズボラダイエッターにぴったりです。 徹底比較!栄養素から見てダイエット向きなのはどっち? どちらも食物繊維やカリウムが豊富な食材。それぞれを比較した時、具体的にどれくらいの栄養素が含まれているのか気になりますよね。それぞれの栄養素をチェックしてみましょう。 100gあたり かぼちゃ さつまいも カロリー 93kcal 127kcal 糖質 10.9g 31g タンパク質 1.9g 0.9g 脂質 0.3g 0.5g 食物繊維 3.5g 2.8g カリウム 450mg 380mg ビタミンC 43mg 25mg IG値 65 55 栄養素の数値から見ると、かぼちゃの方がカロリーや糖質が少なく、食物繊維やカリウム、ビタミンCが多いことが分かります。 スレンダーに仕上げたい人にはかぼちゃがおすすめ 糖質が低く栄養価が高いかぼちゃは、余分な脂肪を落としてすっきりスレンダーなボディに仕上げたい方におすすめ。またカリウムや食物繊維の数値も高いので、余分な老廃物を外に出しながらダイエットが叶う食材と言えます。 筋肉をつけて健康的に痩せたい人にはさつまいもがおすすめ ビタミンCが不足すると筋肉が落ちやすくなります。 さつまいもは、ビタミンCを摂取しやすく腹持ちもいいので、筋肉をつけながら健康的に痩せたい場合はおすすめです。 かぼちゃを使ったおすすめダイエットレシピ3選 かぼツナサラダ この投稿をInstagramで見る Kiki⌇3ヶ月で-8kg痩せたダイエットレシピ(@kiki_diet_meshi)がシェアした投稿 レンジで簡単につくれる「かぼツナサラダ」。電子レンジで柔らかくしたかぼちゃにツナとコーンを入れ、マヨネーズで味付けした即席サラダ。かぼちゃをチンするだけなので、余分な手間がかからないのもおすすめポイントです。ツナでタンパク質が取れることは嬉しいですね。 かぼちゃハニー この投稿をInstagramで見る choco’s life(@cho_coco00)がシェアした投稿 スライスしたかぼちゃにバターとはちみつを加えたおやつにぴったりの「かぼちゃハニー」。お弁当のおかずにもぴったりの一品で、身体を整えながら糖分補給ができます。ダイエット中に甘いものが食べたくなった時に是非取り入れて頂きたいレシピですね! オートミールのかぼちゃドーナツ […]

2022/10/13
ダイエットには酵素が必須!?

ダイエットを極めると酵素ドリンクにたどり着く方が多いイメージですが、その本質を知っている人は意外と少ない。 本記事では、酵素がなぜダイエットの必須アイテムなのかを、さまざまな角度から紐解いていきます。 ダイエットと酵素の関係 酵素はタンパク質の一種で、体内に摂取した食べ物の消化・吸収・代謝を促す役割があり、不足すると代謝が悪くなったり、血行が悪くなることでむくみやすくなったりと、ダイエットを妨げる恐れがあります。 酵素には、主に「消化酵素」と「代謝酵素」の2つの種類があり、 消化酵素はタンパク質や脂肪分をはじめ、さまざまな栄養を身体に吸収しやすいように分解してくれます。 代謝酵素は、吸収された栄養を身体のあらゆるところに届け、新陳代謝を高めてくれる役割があります。さらに体の悪い部分に作用し、自然治癒力や免疫力を高める役割もあると言われています。 消化酵素と代謝酵素は、どちらも基本的に体内で作られます。しかし現代の食生活において、生で野菜や果物を食べる習慣が減っていることから、酵素が摂取しづらい状況にあると言われています。 そんな時こそ意識したいのが「食物酵素」! 体内の酵素が不足した時に補ってくれる役割があるので、積極的に生の野菜や果物を摂取するようにしましょう。 正しく酵素を取り入れる方法 酵素は基本、体内で作られるもの。しかし偏りのある食生活によって酵素が不足することがあります。酵素を正しく摂取するには、必ず生の状態で食べることがポイント。調理してしまうと、酵素が壊れてしまうので、サラダや野菜スティックなど生の状態で身体に取り入れましょう。 また食品添加物が含まれる加工品(ハムやベーコン)やインスタント麺、お菓子、清涼飲料水などは、酵素の働きを妨げる恐れがあるので注意が必要。 白い砂糖も消化酵素が大量に消費されるので、甘いお菓子との組み合わせは避けるべし! 相乗効果を狙うなら、水を摂取することが大切!水のデトックス効果を利用することで、酵素が代謝してくれた老廃物を体の外に出すことができます。 デトックスは代謝を上げることにも繋がるので、結果的にダイエット効果も得ることができます。 簡単即席!手軽に作れる酵素ドリンク ダイエットをする上で必要不可欠とも言える酵素。不足した酵素を補う場合、酵素ドリンクを購入する方も多いですよね。実は、身近なもので酵素ドリンクが作れることを知っていますか? 今回は、簡単な即席酵素ドリンクを紹介!機械要らずで作れるので、是非トライしてみて下さいね。 【用意するもの】 バナナ(1/2本) キウイ(1/2個) 飲むヨーグルト(150ml) はちみつ(小さじ1) ジップロック 【作り方】 カットした果物と飲むヨーグルト、はちみつをジップロックに入れます。約1分ほど手で揉むだけで出来上がり。揉むことで酵素の活性化に繋がり、さらに消化を促してくれます。 キウイとバナナは、どちらも手で潰せるので、ミキサーやブレンダーなしで作れるのが嬉しいポイント。ジップロック1つで完成するので、後片付けも簡単です。 手軽に購入できるおすすめ酵素ドリンク3選 手作りするのはやっぱり面倒…そんな方も中には、いらっしゃいますよね!酵素ドリンクは、価格もピンキリなのでどれを選べばいいかわからない方も少なくないでしょう。こちらでは、手軽に購入できてコスパがいいと話題の3つの酵素ドリンクをご紹介します! 豊潤サジー 出典元:「豊潤サジー」公式サイト オンラインで購入ができる「豊潤サジー」。グミ科の植物であるサジーは、200種以上の栄養素を含むことから、栄養価の高いスーパーフルーツとして知られています。 そんなサジーの中でも「ビコアサジー」と言われる希少価値が高いサジーを使っているのが豊潤サジーです。定期便が多いオンラインサイトの中でも1ヶ月から試せる酵素ドリンクなので、まずは試しに飲めるのが嬉しい商品です。(初回限定価格:1000ml/500円) 万田酵素 ドリンクタイプ 出典元:「万田酵素」公式サイト 53種類以上の植物性原材料を長期発酵した植物発酵食品で知られる「万田酵素」。妊婦さんでも手に取れる酵素であり、サプリタイプとドリンクタイプの2種類があります。 万田酵素のドリンクタイプは、1本からナチュラルローソンで購入が可能。気になった時だけ単発で買えるので、こちらもお試し感覚で摂取できるのがポイントです。(価格:50ml/216円) 酵素×酵母DIET 出典元:「酵素×酵母DIET」公式サイト ドラッグストアで度々見かける「酵素×酵母DIET」。サプリが主流のブランドですが、ドリンクタイプも展開しています。酵素×酵母DIETの酵素ドリンクには、60種類以上の植物発酵エキスと酵母菌、乳酸菌が入っており、ファスティングにもぴったりの商品です。すっきりとしたブドウ味のドリンクなので、初心者でも飲みやすいのがポイント。こちらもオンラインから単発で購入できるので、試しやすい酵素ドリンクです。(価格:300ml/1480円) まとめ 酵素の働きを詳しくみてみると、ダイエットに欠かせない要素がたっぷり含まれていることが分かりますね。また生野菜を積極的に取り入れることはもちろん、即席で作れる酵素ドリンクもご紹介しましたので、この機会に1度試してみて下さいね。 またゼヒトモでは、健康・ダイエット向けの料理が身につく料理教室を見つけることができます。効率よくダイエットを成功させるなら、是非こちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。