韓国語・ハングルレッスン


韓国語・ハングルレッスンのプロが近くに445人います

プロの探し方

Supporters

韓国語・ハングル教室のプロ一覧

(8ページ目)

東京都八王子市

NOVA南大沢駅前校は、八王子市にある英会話スクールです。英語のみでなくフランス語・ドイツ語・イタリア語・スペイン語・中国語・韓国語の計7言語の習得が可能で、「株式会社NOVA」が運営しています。

東京都八王子市

ILS外語学院は、外国語学院です。栄と、中国語、フランス語、韓国語、スペイン語と幅広い語学を学べ、少人数のプライベートクラスを併設しています。

東京都八王子市

韓国語教室どんありは、韓国語スクールです。韓国語を学ぶ場であると同時に、日韓文化交流会としても活動しているカルチャーネットワークスクールです。

東京都府中市

パル韓国語スクールは、韓国語教室です。入門コースから中級向け、フリープランまで要望に応じたコース選択ができます。授業は前回までの復習から始まり、繰り返すことで定着を図り、毎レッスン新しい文法・単語を学習し、正しい発音方法を練習します。

神奈川県横浜市 神奈川区

ケービレッジトーキョー韓国語講座横浜校は、神奈川区の韓国語スクールです。中学生から、社会人の方まで、幅広い年代の方が受講でき、ベテラン講師による授業を受けられます。

神奈川県横浜市 中区

ひろば語学院横浜関内校は、韓国語を学べる語学スクールです。30年間培った韓国語専門教室の経験を基に会員様の目線に沿ったカリキュラムを組み込み、各自のペースに合わせたレッスンを行っております。

神奈川県川崎市 川崎区

NOVA川崎京急駅前校は英会話スクールです。日常会話はもちろん、ビジネススキルも身につけられるビジネス英会話や、TOEIC®、英検®などの資格対策にも対応しています。

神奈川県川崎市 高津区

NOVA溝の口校は英会話スクールです。日常会話はもちろん、ビジネススキルも身につけられるビジネス英会話や、TOEIC®、英検®などの資格対策にも対応しています。

神奈川県川崎市 麻生区

NOVA新百合ヶ丘校は英会話スクールです。日常会話はもちろん、ビジネススキルも身につけられるビジネス英会話や、TOEIC®、英検®などの資格対策にも対応しています。

神奈川県平塚市

NOVA平塚校は英語などを教えている語学スクールです。英語のみでなくフランス語・ドイツ語・イタリア語・スペイン語・中国語・韓国語の計7言語に対応しています。

神奈川県鎌倉市

語楽塾リトルアジア鎌倉校は、韓国語・中国語・日本語を中心としたアジア言語の語学学校です。「読む」「書く」「話す」「聴く」「比較文化」を5つの視点とし、少人数制、担当制、80分制授業を行っています。

神奈川県藤沢市

ユニバーサル・アローは、英会話教室です。3歳から大人まで、習得したいレベルや用途に合わせて英会話のレッスンが開設されており、外国人向けに日本語のレッスンや、法人向けに講師を派遣も行っており、企業向けのビジネス英語研修や、幼稚園や保育園向けの英会話教室も行っています。

もっと見る

韓国語・ハングル教室に関する良くある質問

韓国語・ハングル教室関連の最新記事

2021/05/24

韓国語を独学で学びたい初心者向け!分野別の勉強方法をご紹介

近年、日本では韓国カルチャーの人気が上昇してきました。人気のK-POPアイドルや、韓流ドラマなどがその例です。韓国カルチャーに興味を持ち、独学で韓国語の勉強を始めようと思う方も多いでしょう。 そこで今回は初心者の方に向けて、韓国語を独学でマスターするための勉強方法を紹介していきます。 目次 韓国語は独学で学ぶことは可能? 韓国語学習で大事な4つのポイント 勉強時間をしっかり確保する メリハリをつけて勉強する 全ての分野をバランスよく勉強する モチベーション維持の工夫をする 韓国語を独学で学ぶ際の勉強方法 ハングルを覚える 文法を学ぶ 単語を覚える 発音を身につける 会話表現を覚える 韓国語を独学で学ぶ際に必要な教材 参考書 単語帳 リスニング機器 辞書 独学でやってはいけない勉強方法 韓国語を独学以外で学ぶ方法 まとめ 韓国語は独学で学ぶことは可能? 結論からお伝えすると、韓国語を独学で学ぶことは可能です。その理由は、韓国語は日本語と似ている点が多く、日本人にとって勉強しやすい言語のため。 まず韓国語と日本語で似ている点として挙げられるのは、文法です。韓国語の文法は、日本語と同じSOV型。「主語+目的語+動詞」という構造のため、日本人にとっては馴染みやすいのではないでしょうか。 また、言葉の発音という点でも、2つの言語は似ているでしょう。昔は韓国でも漢字が使われていたことから、韓国語には漢字が由来となった言葉が多数あります。具体的に、「約束・약속(ヤクソク)」「気分・기분(キブン)」「無料・무료(ムリョ)」などが挙げられるでしょう。発音が似た言葉が多いと、親しみを感じられ、勉強しやすく感じられます。 韓国語学習で大事な4つのポイント 上記では、独学でも韓国語を十分学べるということについて説明しました。しかし、効率よく韓国語を学ぶためには、学習のポイントを押さえておく必要があるでしょう。以下では、韓国語を学習する上で特に大事な4つのポイントを紹介していきます。 勉強時間をしっかり確保する 少しの勉強時間では、新たな言語を身につけることができません。韓国語をマスターしたいのであれば、勉強時間はしっかり確保するようにしましょう。 韓国語を使いこなせるようになるまで、およそ1,000時間の勉強時間が必要だと言われています。1日1時間勉強したとしても、韓国語をマスターできるのは約3年後。それより早くに韓国語をマスターしたいのであれば、1日の勉強時間を長くする必要があります。 しかし、社会人の方だと、まとまった勉強時間は確保するのは大変でしょう。そのような方は、隙間時間を有効活用するのがおすすめ。 電車の移動時間や昼休憩の30分、寝る前の30分など、意外と日常生活の中に隙間時間は隠れています。隙間時間もうまく使いながら、効率よく勉強を進めていきましょう。 メリハリをつけて勉強する 上記では、韓国語を身につけるため、勉強時間を確保することが大事だと説明しました。しかし、ただ長時間勉強すればいいというわけではありません。効率よく韓国語を学ぶためには、だらだらと長く勉強するよりも、短時間でもメリハリをつけて取り組む方が効果的です。 ポイントは、勉強時間をあらかじめ決めておくこと。「●時までに単語を10個覚える!」と決めた方が、勉強に集中しやすくなります。 また、メリハリをつけて勉強するという観点からも、隙間時間を活用するのは効率的。「朝の通勤電車で単語を15個覚える」「寝る前の1時間で文法を5ページ分勉強する」と勉強時間を区切ることで、集中力を保ちながら勉強できるでしょう。 全ての分野をバランスよく勉強する 韓国語を学ぶときは、どれかひとつの分野に偏るのではなく、全ての分野をバランスよく勉強するようにしましょう。具体的には、文法・単語・発音・会話表現などの分野を、満遍なく勉強する必要があります。 特定の分野のみを集中して勉強していると、その分野の学習進度は進むかもしれませんが、途中で飽きてしまう原因に。同じ分野を繰り返し勉強しても、つまらないと感じることが多いでしょう。飽きずに勉強を続けるためには、バランスの取れた勉強が大切です。 また、言語は様々な要素で構成されており、語学力を身につけるには全体のレベルを底上げしなければいけません。韓国語の総合力をアップさせるため、全ての分野をバランスよく勉強するようにしましょう。 モチベーション維持の工夫をする 勉強を続ける上で大切なのは、モチベーションの維持です。 韓国語を独学で身につけるには、少なくとも半年〜1年ほどの期間がかかるでしょう。これだけ長期間となると、途中でやる気が落ちてしまうことも。また、最初のうちはハングル文字や文法など基礎的な学習が多く、なかなか成長を実感できる機会が少ないものです。韓国語の聞き取りや、文字を読めるようになるまでに、気持ちが切れてしまうかもしれません。 モチベーションが低下していると感じたときは、気持ちをリフレッシュさせることが大事です。好きなK-POPを聴いたり韓流ドラマを見たりと、韓国語に関する娯楽でうまく息抜きして、モチベーションを保てるよう工夫しましょう。 韓国語を独学で学ぶ際の勉強方法 ここまで、韓国語を学習する上で押さえておきたいポイントを紹介してきました。 ここからは、韓国語を独学で学ぶ際の勉強方法について、分野ごとに説明していきます。上記で説明したポイントを意識し、テキストや問題集なども活用しながら韓国語の勉強を進めていきましょう。 ハングルを覚える ハングルとは韓国語で使う文字のことであり、英語のアルファベットや日本語のひらがなのようなもの。まずはこのハングルを覚えなければいけません。 ハングルには子音と母音があり、これらを組み合わせて文字を作る仕組みとなっています。 文字の組み合わせは「아」のように子音が左、母音が右にある左右タイプと、「누」のように、子音が上、母音が下にある上下タイプの2種類。まずはこの構造を覚えなければいけません。 他にもパッチム・ダブルパッチムと呼ばれる要素が出てきますが、まず暗記すべきなのは母音と子音の組み合わせ。子音は14個、母音は10個あり、これらの組み合わせを最初に覚えましょう。まず基本の組み合わせをしっかり理解することで、発展的な要素が出てきても頭に入りやすくなります。 文法を学ぶ […]

2021/03/12

韓国語をマスターしたい!東京でおすすめの教室をご紹介

最近、話題に上ることの多い、K-POPや韓国料理などの韓国文化。SNSの投稿やテレビ番組など、何かと目にする機会が増えています。こうした韓国ブームをきっかけに、「韓国語を話せるようになりたい」「読み書きができるようになりたい」と思う方もいることでしょう。そんな方におすすめなのが、独学よりもより効率的に韓国語をマスターできる、韓国語レッスンです。今回の記事では、韓国語を一から学びたいという方のために、韓国語レッスンについて紹介していきます。 目次 韓国語レッスンがオススメの理由 韓国語の特徴 メリット デメリット 韓国語レッスンのスタイル オンラインレッスン 通いのマンツーマンレッスン 通いのグループレッスン 教室の選び方 レッスンスタイル ネイティブ講師か日本人講師か 教室の場所 講師との相性 韓国語レッスンの費用相場 オンラインレッスン 通いのマンツーマンレッスン 通いのグループレッスン 東京都でオススメの韓国語レッスン レッスンで効率よく韓国語をマスターしよう 韓国語レッスンがオススメの理由 韓国語レッスンと聞くと、「独学でも学べるのでは?」と思うかもしれません。たしかに、韓国語について学ぶための参考書やCDなども多く販売されています。基本的な文法やフレーズは、そうした市販のものでも勉強できるでしょう。 しかし、独学では時間がかかるため、効率的に韓国語を学ぶのであれば、講師から指導を受けられるレッスンがおすすめです。またネイティブ並に韓国語を身に付けたい場合も、会話を実践できるレッスンが向いているでしょう。 韓国語の特徴 韓国語には、【日本語と文法が似ている】という特徴があります。 ポイントは語順。英語は順序が異なりますが、韓国語の語順は、日本語のものとほとんど同じです。 英語:「主語」+「動詞」+「目的語」 韓国語:「主語」+「目的語」+「動詞」 また、韓国語で使われるハングル。直線や丸で綴る文字はまるで記号のようで、難しく感じる方もいるでしょう。 しかし、意外とその仕組みはシンプルです。ハングルは、【ローマ字に似ている】と考えると覚えやすくなります。例えば「さ」をローマ字で表す場合「s」+「a」=「sa」と考えるでしょう。子音と母音の組み合わせです。 ハングルも、これと同じ仕組み。子音は19個、母音は21個の要素があり、それぞれを組み合わせて言葉を作っていくのです。 最初は形を覚えるのに苦戦するかもしれませんが、慣れてしまえば勉強が楽しくなってくるでしょう。 メリット 1. 文法や発音を指導してもらえる レッスンであれば、間違いを正してもらえるというメリットがあります。 最初のうちは新しい言語に慣れず、文法を間違えてしまうことも珍しくありません。また、慣れない韓国語を正しく発音するというのも難しいことです。 独学であれば、こうした間違いがあっても、自分では気づくのが難しいでしょう。間違った知識のまま定着させてしまう、なんてことも。 一方レッスンの場合、自分が間違えたときは講師に指摘してもらうことができます。また、難しいハングルも分かりやすく教えてもらえるため、スムーズに学習が進むでしょう。 正しい韓国語を身に付けたいのであれば、講師の指導を受けられるレッスンがおすすめです。 2.日常会話を実際に楽しめる レッスンにおける学習方法として、先生や他の生徒との会話が中心となります。日常会話のフレーズを使いながら楽しくコミュニケーションが取れるというのも、レッスンならではのメリットでしょう。 文法や単語、また書き言葉であれば、独学でもある程度勉強できます。しかし、韓国語で会話をするという練習はできません。 レッスンであれば、韓国語でコミュニケーションを取ることができるため、韓国語を使う練習にもなります。 またネイティブ講師のレッスンを受ける場合、ネイティブの言い回しを教えてもらえるメリットも。 より実用的な韓国語を身に付けられるというのは、嬉しいポイントです。ネイティブの言い回しを知っていると、韓国旅行で現地の人と会話をするときにも役立つでしょう。 3. モチベーションを保ちながら勉強できる レッスンでは「講師」「他の生徒」など他者の目があるため、モチベーションをキープしながら韓国語を勉強することができます。 自分一人だけで勉強していても、「今日はやる気が出ないしやめよう」「忙しいからまた明日にしよう」と、途中でモチベーションが切れるのはよくあること。 しかしレッスンであれば、必ず誰かと一緒に韓国語を学ぶことができます。 人の目があるとやる気が出て、モチベーションを高く保ったまま勉強することができるでしょう。 またレッスンスケジュールがあることで、勉強のリズムをつけられるのも一つのメリットです。 デメリット […]