鳥取県キッチンリフォームのプロが近くにいます

どちらでキッチンリフォーム業者をご希望ですか?

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

鳥取県のキッチンリフォーム業者

2002年(平成14年)4月創業、鳥取県米子市に所在し、快適な暮らしのためのリフォーム提案や施工、住宅全般の修理改善を地域の方々に喜んで頂ける会社作りを目指しています。

. . . (もっと読む)

住まいのことなら何でもお任せ下さい! 当社では住まいのちょっとしたメンテナンスからリフォーム、 新築に至るまで幅広くご対応いたします。 家族が住みやすい快適で便利な環境づくり、 夢の家の実現をお手伝いいたします。

. . . (もっと読む)

住まいに求めるものは何ですか? 世界でたったひとつの我が家を造りましょう。 当社では、「鳥取県 木の住まい助成金制度」を用い、しっかりした木材を低コストで調達し、保証体制も第三者による厳正な検査を実施しております。

. . . (もっと読む)

昨今だんだん見かけること少なくなっている手作りの木製家具を見直してはいかがですか? 当社は家具だけでなく、木にまつわる住宅関連全般を取り扱っております。

. . . (もっと読む)

外壁塗装や、屋根の塗装、アパートや店舗の塗装。 防水塗装や補修工事。 ウッドデッキの塗装や、外壁タイルの工事まで。 塗装に関することは何でもご相談ください。

. . . (もっと読む)

新築工事・リフォームや、水回りに関する工事、オール電化などを取り扱っております。 内装や壁紙の張替え、トイレやキッチン・バスのリフォームなどなんでもご相談ください。

. . . (もっと読む)

インテリアコーディネートや内装工事等を承ります。 各種資格取得者がおりますので、安心してご相談いただけますと幸いです。 お部屋づくりについてお困りごとやご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

. . . (もっと読む)

LIXILのリフォームチェーンに加盟しており、全面改装や内装・水廻り・屋根・畳・ 襖・網戸の修繕や介護リフォームなど幅広く承ります。 お客様第一主義をモットーに、おひとりおひとりのお客様に最適なプランをご提案させていただきます。

. . . (もっと読む)

建築工事、解体工事、承ります。 1.建築工事:お客さまの多様なニーズにお応えできる完全注文住宅です。 2.解体工事:木造家屋の解体、工場・ビルの解体、内部造作解体工事。

. . . (もっと読む)

配管・水栓類からの水漏れ調査・修理をおこなっております。 また、給排水、蒸気、ガス、オイル配管の改修や便器、洗面台、水栓類の修理、取付け、及びボイラー、ポンプの修理、取替、オール電化工事、電化機器リース工事も対応しております。

. . . (もっと読む)

ガソリン・軽油等自動車燃料、自動車関連用品、灯油、重油、LPガス等家庭燃料、家庭燃料関連商品及び付帯工事などを承っております。 ガス器具・関連リフォーム、ガソリン、灯油、自動車関連のことまで当社にお任せ下さい。

. . . (もっと読む)

水道・下水道工事だけでなく、水廻りなどの修理依頼や、トイレを使いやすく替えたいといった小さなことでもご相談ください。 修理・点検以外にも、バリアフリー工事、太陽光発電システムの設置、トイレの和式から腰掛への取替えなど、お客様のご要望にお答えします。

. . . (もっと読む)

実際の依頼例

鳥取県におけるキッチンリフォーム業者の依頼例

「中古住宅を購入した」「使い勝手の悪いキッチンを自分らしく使いたい」、様々な理由でキッチンのリフォームを検討することがあるでしょう。食事は毎日とるものです。キッチンを最も利用する人にとって使い勝手の良いキッチンになっていると、料理もしやすくなり台所に立つのも楽しくなります。

キッチンリフォームの専門業者様のご協力のもと、キッチンと、キッチンリフォームについて説明します。

取材にご協力をいただいたリフォームのプロ

成田 貢さま

有限会社ルーフトップス

代表取締役。茨城県県南地域を主な商圏として住宅リフォーム業を営む。屋根葺き替えを中心とした住宅リフォーム業に携わってからおよそ35年、会社は設立から23年経過。

住宅外装、水廻り改装、外構工事、太陽光発電モジュール設置、内装工事、バリアフリー化などの介護関連工事など幅広くリフォームを手がける。

キッチンリフォームの種類

システムキッチンの位置を変更しないリフォーム

システムキッチンの位置を変えないリフォームとは、古いシステムキッチンから新しいシステムキッチンに変更するときに、設備の変更のみを行い、システムキッチンの位置は変更しないリフォームです。

例えば壁がAとBと2面あるキッチンの、Aの壁側に現在システムキッチンが設置されており、Aの壁側の古いシステムキッチンを取り去り、新しいシステムキッチンをAの壁側に設置する、というリフォームです。システムキッチンの位置自体は変わりませんが、システムキッチン設備は新しくなります。

システムキッチンなど設備の位置を変えるリフォーム

設備の位置を変えるリフォームとは、システムキッチンを設置している位置を変更するプランです。例えば壁がAとBと2面あるキッチンの、Aの壁側に現在システムキッチンが設置されています。しかしAの壁側の古いシステムキッチンは取り去り、Bの壁側に新しくシステムキッチンを設置する、というようなリフォームです。

古いキッチンや設備を撤去し、新しいキッチンを導入、さらに設置する位置を変更するため電気系統や給水系統の、配線配管の延長や追加などの工事が発生します。

キッチンリフォームの相場

リフォームの金額は、設備費用と、工事費用で構成されます。システムキッチンの機能やメーカーに応じて値段が大きく左右されます。また、これまで使用していたシステムキッチンにはなかった設備を新しく導入することでシステムキッチンの費用が高額になったり、新しい工事が必要になり工事費用も値段が上がったりします。

例えば、これまでのシステムキッチンとほぼ機能が変わらないシステムキッチンであれば、キッチンの値段も工事の値段も大きく変動しません。しかしキッチンに食洗機やガスオーブンなどこれまでになかった設備を導入すると、キッチンの値段も高額になり、工事も「食洗機用の水道工事や、ガスオーブン用のガス関連の工事」が発生し、工事費用が高額になります。オール電化にすることでガス管が不要になり工事が発生する、電気の改善を増やさなければいけなくなり電気工事が発生するということも起こります。

キッチンの本体代金と工事費用がかさんでも、新しい設備を導入して日々の家事や生活が便利で楽になる、時間に余裕が生まれるということもあります。予算と、希望と、理想とをうまく噛み合わせて工事プランを練り上げることになります。

システムキッチンの位置を変更しないリフォーム

平均:60万円〜100万円

A社:45万円〜97万円

B社:58万円〜96万円

C社:75万円〜107万円

システムキッチンなど設備の位置を変えるリフォーム

平均:67万円〜150万円

A社:100万円〜150万円

B社:40万円〜100万円

C社:60万円〜200万円

キッチンリフォームでできること2つ

1.構造の変更

キッチンにはいくつかの構造があります。主に独立型、オープン型、セミオープン型、アイランド型の4つの構造があります。リフォームをすることで、構造を変更することもできます。

独立型

キッチンが完全に独立した一つの個室になっている構造です。煙や臭い、調理の音などがリビングなど他の部屋に漏れにくく、また他の部屋からのホコリや臭いが来ないので衛生的です。

オープン型

リビングルームやダイニングルームと一体化している構造です。例えば部屋の壁面2面を使ってL字型にキッチン設備があり、その部屋にダイニングがあるような構造です。作った料理をすぐに出すことができる、料理をしながら会話をすることができるなど、家族との距離が近くなります。生活空間から常にキッチンの様子が目に入るため、キッチン内は常に片付けておきたい構造です。

セミオープン型

分譲マンションなのような、部屋の数や広さが限られた家屋で人気の構造です。独立型の構造と、オープン型の構造の両方のいいとこ取りをしています。

アイランド型

調理設備が壁から独立している構造です。オープン型の構造の一種ともいえるでしょう。料理番組などで使われるキッチンは調理の様子がよく見えるように壁から独立したキッチン設備が使われることが多いです。

2.設備(機器)の追加変更

キッチン設備や使っている機器の変更ができます。

コンロ(熱源)

IHクッキングヒーターやガスコンロがあります。IHクッキングヒーターは、高周波電流を使用して加熱します。火を使わない、ヒーター部分はフラットで掃除がしやすい、空気を燃やさないので空気を綺麗に保つことができます。ガスコンロは都市ガスやプロパンガスなどのガスを使って火をつけるコンロです。

オーブンやオーブンレンジ(熱源)

オーブンやオーブンレンジなどのキッチン設備をリフォーム時に設置することができます。オーブンやレンジを使う料理は下ごしらえをしてオーブンに入れるだけでできる、と時間の短縮になります。

レンジフード(換気設備)

プロペラのファンが壁面に設置されているもの、ターボファンやシロッコファンが設置されたレンジフード型やダクト型などの換気設備がよく見かける設備ですが、熱源の手元に換気設備を設置することもできます。

食器洗い機、食器乾燥機

65度や70度のお湯を使って洗浄し、乾燥するような設備もあります。誰が洗うのか、いつ洗うのか、時間がない、といった生活のストレスを軽減できる家電です。扉は前に開くタイプや上を開くタイプ、引き出しタイプなどがあります。

収納設備

キッチンリフォームで鍋や皿、調理器具を収納する収納設備の増設もできます。身長や使い勝手、好きな調理器具に合わせた構造にしたい、棚板が稼働するものや、扉の有無なども自分好みに変更できます。

冷蔵庫、冷凍庫

生活習慣に合わせてそれぞれの大きさを調節できます。例えば冷凍食品をよく使う、一度にたくさん買い物をして小分けして冷凍して使用をする、そのような生活スタイルであれば冷凍庫を大きくして、冷蔵庫を小さくすることもできます。

給水設備(浄水器やアルカリイオン水の設備)

水回りの設備の変更もできます。水道水だけでなく水道水を浄水する設備、アルカリイオン水など特別な水が出る設備を追加してもいいでしょう。

ディスポーザー

生ゴミを入れると粉砕してくれる設備です。生ゴミの処理が格段に楽になります。

キッチンリフォームで考えたいこと

調理や配膳のスペース

調理や配膳に使えるフリースペースが少なくなると、少々手の込んだ料理や、サラダなどが作りづらくなります。フライパン料理や鍋料理、電子レンジ料理が増え、健康や食卓のメニューも左右します。自分の好きな料理、得意料理、食べたいメニューが作りやすいような調理スオエース、配膳スペースを設けましょう。

シンクのスペースと構造

幅が90cmから1mほどあるシンクをジャンボシンクと呼ぶことがあります。食事に食器をたくさん使う人、洗い物や調理器具を使い終えたらどんどんシンクに入れてしまいたい人、洗い物に洗い桶を使う人、シンクの前で2名で作業をしたい場合には向いています。しかし食器洗い乾燥機があればシンクは小さくてもいい場合もあります。大きさは普段の台所の使い方や料理に合わせて選びましょう。

高さ

台所でものを切る高さは、一般的に「身長×0.5+50mm」です。身長160cmの人であれば85cmです。また、「肘下11cmの高さがちょうどいい」とも言われます。キッチンの高さ、特にものを切るときの高さが低すぎると、腰が痛くなってきます。

対して、クッキングヒーターやガスコンロなどの熱源を使用するときの高さは、ものを切るときの高さよりも低いです。熱源の高さが高くなりすぎると、肩が痛くなります。

毎日料理をする場合、高さが合わず低いと屈むような不自然な体勢を、高いと腰をそるような背伸びをするような体勢を続けなければいけなくなります。腰痛や肩こりの原因になるため、キッチンを多く使う人の身長や腰高に合わせた高さのキッチンや収納庫にしましょう。高い時はすのこを置いたり、底の厚いスリッパを履き解決できます。低いといつも屈まなければいけませんし、身長を低くすることもできません。高さで迷ったら高めの方が無難と考えることができます。

また、高さだけでなく奥行きが広すぎても、前屈みの不自然な体勢をとる時間が増え、腰が痛くなります。特にシンクの奥行きと水道の位置はよく検討しましょう。

掃除がしやすいデザインと素材

メラミン化粧板は熱と水の両方に強く、変色もしません。丈夫なので傷がつきにくい素材です。人造大理石は人気で、単色のものや石風のものなど様々な柄がありますが、大理石という名前ですが樹脂なので耐熱性やメンテナンス方法などは事前に確認しましょう。

タイル、石、木、セメント、ステンレスなどはいずれも「おしゃれ」に見えますが手入れがしやすい素材ではありません。経年変化やサビにも対応しなければなりません。台所を最も使用する人、1番掃除をする人の意見を尊重しつつ、家族の意見を取り入れて決めましょう。

照明設備や窓の位置

朝から料理をする人は、朝日の入る窓を設置すると朝から気持ちよく料理ができます。また、窓は小さいよりも「高さのある窓」の方が外の光が入る時間が長いです。横に長い設計ではなく、縦に長くしましょう。

照明は、眩しすぎず、しかし暗すぎると目が疲れるため照度を確保します。全体照明と部分照明の、照度と色にこだわり、目が疲れない、収納庫も奥まで見えるような照明を選びましょう。また、台所全体を白っぽい素材にすると明るく見え、光も反射しやすくなります。

将来的な家族構成の変化や生活習慣の変化

親が2人と子供が2人の4人家族でも、子供が2人とも10歳をこえる歳であれば、家で食事をする頻度はどんどんと減っていき、夫婦2人の時間が増えていくと毎回の食事でたくさんの食事を調理しなくてもよくなります。

そのようなタイミングでリフォームで大きなキッチンを導入しても、必要ない家庭もあるでしょう。キッチンを広くするよりも、ディスポーザーや食洗機など設備導入を増やした方が使いやすいかもしれません。

しかし「常に家族揃って食事をする」という家庭や、子供たちが2人ともよく食べ、食事作りの手伝いもする、週末は家族で料理やお菓子を作る、そのような家庭であれば家族複数人が並んでも使いやすい、広々としたキッチンの方がいいでしょう。

家でほとんど食事をしない、しても自分で作らない、台所に立って食事を作るのは週末ぐらい、そのような生活習慣であれば最新の設備は必要なく、不便なポイントだけリフォームするような小さなリフォームでもいいかもしれません。現在だけでなく、近い将来の生活習慣に合わせたリフォームプランを考えましょう。

【業者が回答】キッチンリフォームの実例を写真付きで解説

家族構成

50代夫婦とその子供(成人)および、ご主人の両親 計5人

お悩み

キッチンが狭い。扉の面材がはがれてきて汚い。前回のリフォームでドアを塞いでしまったので動線を見直したい、など。

改善点

・シンク部分をアイランド化することにより動線を確保。

・収納が格段に増えた(コンロ部とシンク部の2か所が収納)

・白を基調にしたので清潔感と開放感が生まれた。

・床も以前の木目フローリングから塩化ビニールタイルに変更しショールームのようなイメージに。


リフォーム前のキッチンです。

リフォーム、スタート。不要な設備を取り去ります。

新しいシステムキッチンが入りました。

システムキッチンの背面にはカウンターも設置。

完成です。ご覧ください、白を基調とした美しいキッチンに仕上がりました。

【業者が回答】キッチンリフォームの流れ

①見積もり依頼(現場調査が必要になります。)

②日時を決めて現場調査(要望の聞き取りや計測などを行います。)

③カタログやショールームで具体的なイメージをつかみ、キッチン・壁・床などの仕様を決めます。(この時点では候補程度)

④③で上げた候補に基づき作成された見積書を検討します。

⑤見積書に基づき、担当者と商談。

⑥契約(⑤の時点でも良いと思います。)

⑦発注(2週間程度を要します)、納期の回答を待って工期を設定する。

ガス工事を伴う場合は、お客様ご自身で事前に供給会社へ工事予定を連絡していただきます。(ガス工事に伴う供給会社への連絡は業者手配も可です。ただし工事代金がガス料金と合わせて請求される場合もあるため、確認しておきましょう。)

⑧着工(既設解体撤去・下地処理など進めます。)

⑨クロス・床工事

⑩キッチン搬入・取付(仕様によって⑨と入れ替わる場合もあります。)

⑪ガス・水道・電気など接続・確認後に引渡し。

⑫契約書に基づき工事代金の清算を行う。

【業者が回答】キッチンリフォームについて、リフォームを検討中の方が知っておいたほうがいいこと

最も多いキッチンリフォームの相談内容と、ご相談に対してどのようなアドバイスをしますか?

収納を増やしたいというご相談が非常に多いです。収納に力を注いでるメーカーのショールームに足を運んでいただき、どのようなキッチン収納にしたいのか、具体的なイメージをつかんでいただきます。

キッチンリフォームを検討している方へのアドバイス

とにかくどうしたいのか、どんな姿が理想なのか、イメージを担当者に伝えてお互いに共有してください。