東京都北区キッチンリフォームのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都北区のキッチンリフォーム業者

株式会社エムディー

5.0
starstarstarstarstar
ブロンズ

ご案内 クロスの貼替をしたいけど、どこに頼めば良いの? 価格はいくらくらいかかるの? など、部分的なリフォームをしたいけどどうしたら良いかどうか分からないという方、クロス貼替でしたらエムディーにお任せ下さい。

詳細を見る

●弊社は、オーナー様のあらゆるニーズに応えるべく、土地の購入から、建物の完成まで手がけます。 ●その後の住まい方の変化に対応した建物の企画・設計・施工・監理を営んでおります。

詳細を見る

株式会社北陽は、農業土木の工事用コンクリート二次製品や配管素材の製造・販売会社です。濁水処理装置・カドミウム除去技術・水槽システム・廃プラスチック減容機の開発、電子スモーク装置・加熱水蒸気調理装置・鮭節製造装置の製造販売も手掛けています。

詳細を見る

東京・北赤羽のリフォーム店、三谷リフォームです。北区・板橋区・練馬区・川口市・戸田市を中心にマンション・戸建ての水廻り・室内全般、屋根・外壁工事のリフォームを承っております。

詳細を見る

内装技研工業株式会社は、内装仕上工事を取り扱う会社です。大型商業施設、公共施設、教育機関など、さまざまな施設の内装仕上げを行っています。施工事例としては、読売新聞 東京本社、埼玉県立がんセンター、丸井 新宿店などがあります。

詳細を見る

有限会社小室工務店は、建築・増改築工事、内装工事、リフォーム工事を行っている会社です。増築工事とは現状の建物を壊さないまま床面積を増やし、改築工事とは床面積を変えずに間取りの変更などを行う工事のことです。

詳細を見る

北海創建株式会社は、建築・増改築工事、内装工事、リフォーム工事を行っている会社です。増築工事とは現状の建物を壊さないまま床面積を増やし、改築工事とは床面積を変えずに間取りの変更などを行う工事のことです。

詳細を見る

栄交易株式会社は、内装工事業を取り扱う建設企業です。おもに、集合住宅の界壁作成工事を行っています。企業理念は、誠実な姿勢、技術力の向上、仕事を通して社会に貢献、仕事を通じた人間力の成長です。

詳細を見る

有限会社東日本建設は、総合リフォーム、ビルメンテナンス、清掃全般を取り扱う会社です。内装工事から外壁工事、電気工事、水道工事、住まいに関する事なら、どんなことでも対応しています。

詳細を見る

インテリア栗田は、おもにリフォーム、内装工事を取り扱う建設企業で、インテリア商品も扱っています。安心・丁寧な工事はもちろん、アフターケアも万全です。

詳細を見る

ミヤガワ建設工業株式会社は、古材を利用した商店建築・内装工事・古材販売を行う建設企業ですが、現在は社名を「株式会社Miras」に変更しています。

詳細を見る

株式会社一大は、創業当時からの左官業だけでなく、組積・石・タイル・防水工事を受注すると共に、更に業務拡大を図り、内装工事・リフォーム工事の分野にも進出している会社です。

詳細を見る

実際の依頼例

キッチンリフォーム業者をお願いしました

北区におけるキッチンリフォーム業者の依頼例

よくある質問

キッチンリフォームはいくら位かかりますか?

相場では40万円~120万円程度ですが、システムキッチンの機能やメーカーに応じて値段が大きく変わります。これまで使用していたシステムキッチンにはなかった設備を新しく導入することでシステムキッチンの費用が高額になったり、新しい工事が必要になって工事費用の値段が上がることもあります。たとえば、これまでのシステムキッチンとほぼ機能が変わらないシステムキッチンであれば、キッチンの値段も工事の値段も大きく変動しません。しかしキッチンに食洗機やガスオーブンなどこれまでになかった設備を導入すると、キッチンの値段も高額になり、工事も「食洗機用の水道工事や、ガスオーブン用のガス関連の工事」が発生し、工事費用が高額になります。オール電化にした場合、ガス管が不要になったためにガス管をなくすための工事が発生したり、電気が必要になって電気工事が発生し、金額がさらに上昇するということも起こります。

キッチンリフォームにおける注意点は?

現在のキッチンの状態と、それに対してどのようなキッチンが欲しいのか、イメージをできるだけ明確にするようにしてください。イメージが明確であればあるほど、どんな素材が必要で、どんな工事が必要になるのかが明確になります。素材や工事内容が明確になると、工事費用や、工期を計画しやすくなるため、納期遅れを防止することにもつながります。よくイメージが浮かびにくいようであれば、カタログを読んだり、ショールームに足を運ぶなどして実際のキッチンを見てみましょう。たとえば収納を増やしたいという要望がある場合、収納に力を入れているメーカーのショールームに行き、キッチンのどこに収納を増やすのか、どのような素材を使った収納が欲しいかなどといったことに注意して見学すると良いでしょう。

キッチンリフォームの流れは?

まず見積もり依頼を出し、依頼を提出して頂きます。業者と連絡をし、日時を決めて現場調査に来てもらいます。その後カタログやショールームで具体的なイメージをつかみ、キッチン・壁・床などの仕様を決めます。この仕様をベースにできた見積もりを業者から受け取り、業者と商談を行います。お互いに納得できる内容であれば契約し、発注します。他に問題がなければ予定通り着工し、解体撤去や下地処理が始まります。クロス・床工事に続き、キッチン搬入や取り付けが行われます。最後にガス・水道・電気の接続を確認した上で、契約書に基づいて工事代金の清算を行われれば、リフォームは完了です。

キッチンにおすすめの素材は?

掃除やメンテナンスをしやすい素材を選ぶようにするとよいでしょう。たとえば、メラミン化粧板は熱と水の両方に強く、変色もしません。丈夫なので傷がつきにくい素材です。また人造大理石も人気で、単色のものや石風のものなど様々な柄があります。大理石という名前ですが、樹脂なので熱性やメンテナンス方法などは事前に確認しましょう。タイル、石、木、セメント、ステンレスなどはいずれも「おしゃれ」に見えますが手入れがしやすい素材ではありません。経年変化やサビにも対応しなければならないことや、台所を最も使用する人、1番掃除をする人の意見を尊重しつつ、家族の意見を取り入れて決めましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

調理や配膳に使えるフリースペースが少なくなると、少々手の込んだ料理や、サラダなどが作りづらくなります。フライパン料理や鍋料理、電子レンジ料理が増え、健康や食卓のメニューも左右します。自分の好きな料理、得意料理、食べたいメニューが作りやすいような調理スオエース、配膳スペースを設けましょう。また毎日料理をする場合、高さが合わず低いと屈むような不自然な体勢を、高いと腰をそるような背伸びをするような体勢を続けなければいけなくなります。腰痛や肩こりの原因になるため、キッチンを多く使う人の身長や腰高に合わせた高さのキッチンや収納庫にしましょう。照明は、眩しすぎず、しかし暗すぎると目が疲れるため照度を確保します。全体照明と部分照明の、照度と色にこだわり、目が疲れない、収納庫も奥まで見えるような照明を選びましょう。家族構成を意識し、子供たちがよく食べ食事作りの手伝いもする、週末は家族で料理やお菓子を作るような家庭であれば家族複数人が並んでも使いやすい、広々としたキッチンの方がいいでしょう。