徳島県着付けのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

徳島県の着付けサロン

阿波踊衣裳、鳴物、踊用品一式製造を取り扱っております。踊衣裳、鳴物、男物踊用品、女物踊用品、その他着付け用付属品など、阿波おどりに付帯する全ての商品が揃い、そのほとんどが自社開発です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

着付けサロンをお願いしました

徳島県における着付けサロンの依頼例

よくある質問

着付けの料金はどのくらいかかる?

着付けの料金は1万円前後〜です。着付けだけ、着付けた後のヘアセット、メイクもしてもらう、などに応じて異なります。着付け単品のみの場合は1万円未満でおさまることも多いです。着付けを「してもらいに行く」場合は別途タクシーや交通手段を手配する必要があるでしょう。逆に着付けをしてもらうために「着付けができる人を、自宅に呼ぶ」場合は、出張料金がかかることもあります。距離によって異なりますが、〜3,000円程度の固定料金や、距離に応じた料金です。

着付けの依頼における注意点は?

特に入学卒業シーズンの着物や袴の着付け、お日柄の良い週末の結婚式用の着付けなどは、予約が埋まりやすい傾向にあります。「着物を着る、と決めたらすぐに着付けをしてくれる人を探す」くらいのスピード感で予約をしましょう。特に卒業式は多くの学校で日程が重複するため、学校周辺の着付け業者はすぐに埋まってしまいます。早めの予約を心がけましょう。

着付けを依頼する流れは?

複数の着付け業者に問い合わせをして、内容・料金を確認します。比較したらなるべく早めに決定して、予約を入れましょう。予約を入れるときは必ず、メールなど形で残るものを残して、「電話だけ」「口頭合意」は避けるようにしましょう。業者としてあってはならないことですが、特に予約が混み合う日程などは業者も多数の予約を受け付けています。「言った、言わない、予約を入れた、予約を入れていない」などのトラブルを避けるためにも、メール本文に「何月何日のいつどこで予約をした」と入力してもらう、もしくはメールにPDFで予約票を添付してもらうなど、予約情報を形に残るようにすると良いでしょう。支払いは当日のことが多いため、支払い条件や当日持参するものなどを忘れないように持参し、着付けをしてもらったら終了です。万が一足りないものやレンタル品などを借りた場合は、全て完了した後に忘れずに返却しましょう。(例えば、髪飾りや、バッグ、モス腰紐など)

着付け業者の選び方は?

着付けには仕上げるべき姿が概ね決まっており、「着付けた人によって大きく異なる」ということも少ないため、着付け業者に細かい技術の差などはあれど「A業者とB業者の着付けが、全然品質が違う」というようなことは起こりません。

着付けよりも、ヘアセットとメイクまで一緒にまとめて依頼する場合は気をつけたほうがいいかもしれません。ヘアセットやメイク(化粧)には流行があります。もしヘアセットやメイクを依頼したい場合は、その着付け業者がこれまでに行ったヘアセットの写真やメイク写真などを見せてもらうようにしましょう。特に「着付けとヘアセットとメイクがセットになっているパッケージ」や「1日で何人もの人をメイクする」ようなシチュエーションの場合、ファンデーションの色、眉の形や書き方や色、唇の仕上げ方などに細かくこだわらない(こだわる時間がない)可能性もあります。メイクにこだわりのある方は、自分でメイクをして着付けとヘアセットだけお願いする、自分が普段使っている化粧品を持ち込んで使ってもらうことができるか確認するなど、工夫をするといいでしょう。

また、同じ日に行事がかぶる場合などは、どこの着付け業者も混み合う傾向にあります。予約のタイミングが遅れると、朝5時や6時の予約になってしまう、というようなこともあるため、着付け業者は早めの予約をしましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

冠婚葬祭で着物を着ると、とても引き締まり凛として見えます。特に冠婚では日本ならではの美しさが際立ちます。例えば、結婚式にお呼ばれしたとき、子どものお宮参り、七五三、入学式や卒業式など晴れの日の着物はとても華やかです。

未婚の方の慶事第一礼装は振袖、既婚の方の慶事第一礼装は黒留袖、弔事の第一礼装は黒喪服です。未婚既婚問わず着られる準礼装に、色留袖、訪問着、色無地があります。訪問着は子どもの七五三や入学式でよく見られます。格式張らないパーティやおしゃれ着としては江戸小紋、付け下げ、小紋などがあります。

7月から8月の暑い季節には、「薄物(うすもの)」と言って風通しの良い物を着ます。裏地が無いので涼しく着られます。9月と6月には裏地が無く、季節の移り変わり用の「単衣(ひとえ)」を着ます。10月から5月は裏地があり見栄えのする「袷(あわせ)」を着ます。それ以外にも、夏は浴衣や甚平など、季節ごとに着物の種類を変えておしゃれを楽しめます。

お稽古で着物を着る場面で代表的なのは、茶道、華道です。茶道の場合、お茶会や普段のお稽古で着る着物が異なります。お茶会では色無地や付け下げ、改まったお茶会では訪問着や色留袖を着ます。普段のお稽古では小紋がいいでしょう。華道の場合、改まった席では訪問着や留袖、紋付の色無地を着ます。お稽古時はあまり着物を着ないですが、慣れていない場合は展覧会などでいきなり着物を着ると袖さばきができず汚してしまうことがあります。そのため、普段のお稽古でもたまには小紋などカジュアルな着物を着て練習をすると良いでしょう。