東京都足立区カラオケレッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都足立区のカラオケ教室

ジョイミュージックスクール

4.7
starstarstarstarstar
ニューユーザー

経験豊富な講師と楽しく学びましょう♪日本全国、世界中で ”楽しく学ぶ” レッスンを展開する音楽スクールです。 ●ボーカルレッスン(歌唱・カラオケ上達、歌手志望など) ●アニソン・ボカロレッスン(歌い手志望、定期的にレコーディングをして「歌ってみた」やオリジナルソングのwebへの投稿などをサポート) ●ボイスレッスン(滑舌矯正、話し方改善、声優・俳優志望など) ●ピアノレッスン(楽器演奏の上達、弾き語り、シンガーソングライター、ピアニスト志望など) ●ギター/ウクレレレッスン(楽器演奏の上達、弾き語り、シンガーソングライター、ギタリスト志望など) ●楽曲制作レッスン(作詞・作曲、DTM、音楽…

詳細を見る

小さな子供からシニアの方までを対象としたピアノの個人指導を行っています。楽譜が読めない方も大丈夫です。ソルフェージュ指導も行っています。 週1回、年間44回、7000円からの月謝制と、1回ずつ予約を行う2500円からのレッスン制の選択が出来ます。

詳細を見る

セブンカルチャークラブ西新井は、アリオ西新井内にあるカルチャースクールです。講座内容はハンドメイド、小学生向けプログラミング入門、ホームリンパケア資格講座、ヨガ、ダンス、書道、着物の着付け、生け花、語学、楽器、手相術、姿勢と歩き方レッスン等様々。

詳細を見る

JOYミュージックスクールは、音楽教室です。ボーカルコース、ボイスコース、アニソン・ボカロコース、ピアノコース、ギター・ウクレレコースなどがあります。

詳細を見る

東音楽器足立センターは、音楽教室です。ピアノ、エレクトーン、ヴァイオリンの3つの楽器が習えます。演奏活動もおこなう講師陣が、年少さんからシニア層の方まで、それぞれのペース・個性に合わせた個人レッスンをおこないます。

詳細を見る

エンジェルスタジオ音楽教室は、音楽教室です。ピアノ、サックス、トランペット、フルート、バイオリンなどをおこなっています。「一緒に音楽を楽しむ」 ことを第一に考え、 レッスンをしています。

詳細を見る

プレミュージックスクールは、音楽教室です。ウクレレ、ギター(クラシックギター、フォークギター)、アイリッシュハープ、等の教室をおこなっています。

詳細を見る

こだま幼稚園は、学校法人・あぐり郷学園の幼稚園です。保育後そのまま習い事ができる課外活動があり、ダンス教室などで習うことができます。 集団生活の中で、相手の立場や気持ちが考えられるようなやさしい子に、基礎的な社会性・生活習慣(あいさつ・礼儀・態度)をしっかりと身につけさせ、 健康で明るく意思のつよい子を育てることをめざしています。

詳細を見る

オフィス山上は、音楽教室です。所在地は東京都足立区谷在家1丁目9−15で、最寄り駅は「西新井大師西駅」になります。東口から徒歩約5分でアクセスが可能です。

詳細を見る

実際の依頼例

カラオケ教室をお願いしました

足立区におけるカラオケ教室の依頼例

よくある質問

カラオケレッスンの料金はどのくらいかかる?

カラオケレッスンの料金は約1時間のレッスンで数千円〜1万円前後です。受講者のレベルや、講師の経歴やレベルに応じて値段が変動します。上級レベルになる程、値段が高くなります。

カラオケレッスンの依頼における注意点は?

目的は「カラオケで得点を取ること、カラオケで上手く歌えるようになること」なのか、それとも声楽で大学に進学したいのか、声を武器にして仕事をしていきたいのか、などで練習に対するアプローチが異なります。レッスンや先生を探す前に、自分の目的や動機などを明確にしておくといいですよ。

カラオケレッスンを依頼する流れは?

自分がどんな歌を歌えるようになりたいのか、カラオケをどう上手くなりたいのかなどレッスンへのモチベーションや動機をなるべく詳しく書いて、レッスン依頼を出しましょう。複数の教室や先生からの見積り提案や案内を読んで、なるべく多くの先生のレッスン体験やレッスン見学をして、良さそうな先生を選びましょう。

カラオケレッスン業者の選び方は?

自分の質問や疑問を聞いて、一緒に考えてくれる、具体的な解決方法を提案してくれる講師を選びましょう。ビブラートって何?、音痴は治りますか?など、歌うための技術も感覚ではなく具体的な方法を知れば解決への近道が見つかります。プロのトレーナーは、それぞれに独自の指導法を持っています。自分が理解しやすい言葉で教えてくれるトレーナー=講師・先生を探しましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

声帯は使いすぎると荒れます。プロの講師にレッスンを受けながら、無理せずに歌えるようになる方法なども学びましょう。自己流で練習を続けるよりも、何度かプロのレッスンを受けることで「自己流の練習方法や内容」も劇的に改善します。興味がある人はまず複数の講師や教室の体験レッスンなどを受けてみましょう。