undefinedジャズダンスレッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

熊本県のジャズダンス教室

社交ダンスの教室です。 中級・上級コースございます。 また、メダルテスト受験、競技選手養成、プロ養成も行っております。 ルンバ・チャチャチャ・サンバ・パソドブレ・ジャイブなどのラテン種目、ワルツ・タンゴ・クイックステップ・スローフォックストロット・ウィンナーワルツなどのモダン種目がございます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

【スタッフ】 青山照子 (青山ダンススクールオーナー) ■JBDF九州総局員 ■JBDF熊本プロインインストラクター協会理事 ■JBDF正会員 ■熊本市花園市民センターダンス講座講師 青山貴紀・青山美紀 ■2004年度~全九州プロラテンアメリカンチャンピオン ■2005年度~スタンダードチャンピオン ■JBDF九州総局ラテンA級スタンダードA級 ■商業インストラクター1級 ★2007全国国民スポーツダンススタンダード選手権大会第6位 ★2007全日本10ダンス選手権大会第6位 ★日本テレビの「シャルウィーダンス」オールスター社交ダンス選手権に松野明美さんと 元シェイプUPガールズの中島史恵…

. . . (もっと読む)
詳細を見る

マンツーマンでレッスンできる初心者コースや、レベル不問の体験レッスンをご用意しています。 個人レッスンはご予約いただいてからの受講になります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

ジャズダンス教室をお願いしました

熊本県におけるジャズダンス教室の依頼例

ジャズダンスとは

起源

ジャズダンスは、アメリカで音楽のジャズが誕生した時期と同じ時期に誕生し、長い年月を経てミュージカルなどの舞台、映画や、歌手の歌に合わせて横で踊るダンスとしても用いられるようになり、ショービジネス界で発展しました。

特徴

テーマパークのステージや歌手のミュージックビデオの中で踊るダンサーのダンスも、ジャズダンスをベースにしています。翔ぶ、跳ねる、滑る、回転するなど多様な動きがあります。ジャズダンスを体系化したのはルイジ・ファチュートで、ジャズダンスのスタイルにルイジスタイルという分野も存在します。

踊る時に履く靴はジャズシューズです。ジャズダンスはバレエの動きが多く取り入れられていますが、バレエがトウシューズを履くことに対し、ジャズダンスではジャズシューズを履きます。靴は革製、色は黒、柔軟で走ったり滑ったり、回転もしやすいです。

ジャズダンス教室、レッスンの相場

体験レッスン

体験レッスンの料金は、無料〜約2,000円程度、レッスン時間は1時間〜1時間半程度です。1回の体験レッスンで入会を迷う際に対応できるよう、初回の体験レッスンは無料、2回目のレッスン以降に、1,000〜2,000円程度の値段で体験レッスンを複数回受けられるというシステムの教室もあります。

初心者向けレッスン

初心者向けのジャズダンス教室やジャズダンスレッスンは、ダンス未経験者や初心者でも受けられるクラスやカリキュラムを用意しています。多くの教室で入会金が設けられており、入会金の値段は約6,000〜10000円程度です。体験レッスンを受けてその当日に入会すれば入会金無料や半額といったキャンペーンを行っている教室もあります。

初心者向けレッスンの料金システムは大きく分けると2つ、月々決まった金額を支払う月謝制と、1レッスンごとに料金を支払ったり有効期限内に受けられるチケットを購入したりする、1レッスン制、チケット制です。いずれの場合もレッスン時間は1回あたり1時間〜1時間半程度です。

月謝制は、月4回程度のレッスンで約9,000円前後が平均です。約10,000〜30,000円程度で毎日好きなだけレッスンを受講できるシステムを導入している教室もあります。

1レッスン制、チケット制は、1レッスンあたり約2,000〜3,000円程度です。中には会員にならず1レッスンごと料金を支払って受講できるという教室もあります。

中級〜上級レッスン

入会金は約6,000〜10000円程度です。月謝制の教室は、月4回のレッスンで平均約10,000円前後です。月に約17,000円前後で好きなだけレッスンが受けられるような教室もあります。1レッスン制やチケット制の教室は、1レッスンあたりの金額は約2,000〜3,000円程度です。いずれの場合もレッスン時間は1回1時間〜1時間半程度です。

15分約2,500円程度の料金を別途支払い、個人指導を受けられる教室もあり、オーディションやコンクール前の対策などに活用できます。

中級〜上級者のレッスンは「ダンスの経験があり、もっと上達したい」、「イベントやステージにも参加したい、ミュージカルやテーマパークのステージで踊るプロを目指したい」という目的を持つ受講者もおり、良い刺激をもらうこともできます。