東京都北区和室から洋室へリフォームのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都北区の和室から洋室へのリフォーム業者

株式会社エムディー

5.0
starstarstarstarstar
ブロンズ

ご案内 クロスの貼替をしたいけど、どこに頼めば良いの? 価格はいくらくらいかかるの? など、部分的なリフォームをしたいけどどうしたら良いかどうか分からないという方、クロス貼替でしたらエムディーにお任せ下さい。

詳細を見る

平成21年9月創業、東京都北区赤羽に所在し、「リノベーション&リフォーム」、「家具・インテリア販売」、お客様一人ひとりの想いをカタチでご提案致します株式会社アイ・カーサです。

詳細を見る

●弊社は、オーナー様のあらゆるニーズに応えるべく、土地の購入から、建物の完成まで手がけます。 ●その後の住まい方の変化に対応した建物の企画・設計・施工・監理を営んでおります。

詳細を見る

東京・北赤羽のリフォーム店、三谷リフォームです。北区・板橋区・練馬区・川口市・戸田市を中心にマンション・戸建ての水廻り・室内全般、屋根・外壁工事のリフォームを承っております。

詳細を見る

ジャパンベストレスキューシステム株式会社(JBR)は、生活トラブルの解決サービス「生活救急車」を全国展開する企業です。水回り、内装、外装、エクステリア等の様々なリフォームの依頼先に悩んだ時、受付担当エリアごと(北区・王子駅前・王子・豊島・中里・田端駅前・西尾久)に、専門の地元スタッフが迅速に駆けつけ解決します。

詳細を見る

有限会社小室工務店は、建築・増改築工事、内装工事、リフォーム工事を行っている会社です。増築工事とは現状の建物を壊さないまま床面積を増やし、改築工事とは床面積を変えずに間取りの変更などを行う工事のことです。

詳細を見る

北海創建株式会社は、建築・増改築工事、内装工事、リフォーム工事を行っている会社です。増築工事とは現状の建物を壊さないまま床面積を増やし、改築工事とは床面積を変えずに間取りの変更などを行う工事のことです。

詳細を見る

有限会社東日本建設は、総合リフォーム、ビルメンテナンス、清掃全般を取り扱う会社です。内装工事から外壁工事、電気工事、水道工事、住まいに関する事なら、どんなことでも対応しています。

詳細を見る

インテリア栗田は、おもにリフォーム、内装工事を取り扱う建設企業で、インテリア商品も扱っています。安心・丁寧な工事はもちろん、アフターケアも万全です。

詳細を見る

株式会社一大は、創業当時からの左官業だけでなく、組積・石・タイル・防水工事を受注すると共に、更に業務拡大を図り、内装工事・リフォーム工事の分野にも進出している会社です。

詳細を見る

ジャパンベストレスキューシステム株式会社(JBR)は、生活トラブルの解決サービス「生活救急車」を全国展開する企業です。キッチンやトイレ、天井クロス・壁紙の張替え等、内装リフォームの依頼先に悩んだ時、受付担当エリアごと(北区・王子駅前・王子・豊島・中里・田端駅前・西尾久)に、専門の地元スタッフが迅速に駆けつけ解決します。

詳細を見る

実際の依頼例

和室から洋室へのリフォーム業者をお願いしました

北区における和室から洋室へのリフォーム業者の依頼例

よくある質問

和室から洋室へリフォームの料金はどのくらいかかる?

畳をフローリングの床にリフォームする料金の相場は、6畳の部屋で合計約9万~30万円ほどが相場です。料金の中には、材料費、工事費、古い畳の処分費用などが含まれます。フローリング材の種類や工事内容などの違いで金額が変わります。

6畳の和室の壁と天井をリフォームする場合、壁や天井のリフォームにかかる料金の相場は約7万~30万円台が相場であるといえます。ベニヤを張る、溝を埋めるといった下準備にはは約10万~15万円ほどです。クロスへの張り替えは約7万円~20万円、珪藻土は約7万円~18万円、漆喰は約7万円~16万円です。

押入れをクローゼットに変更する場合、中段を撤去するだけの簡易的なリフォームであれば〜約5万円程度、棚やパイプ、扉などを変更・設置すると、最低でも6万円〜です。一般的な相場は約15万~25万円程度です。襖を折れ戸に変更する場合の料金は、約9万~15万円程度です。

ウォークインクローゼットに変更する相場は、合計20万円以上です。使用する材料や工事の内容によっては、合計50万円程度かかります。

和室の出入り口に設置してある襖を洋風の扉にリフォームする場合、引き戸への変更が簡単で、金額も安くすみます。そのほか、住居の構造より、開き戸への変更も可能です。襖を洋風の扉に変更する場合、襖を撤去した上で敷居を交換します。開き戸への変更は、さらに建具の調整が必要になりますが、建物の構造によっては、設置不可能な場合もあります。取り付け工事やドア本体の代金も含めて、約10万円前後〜が相場です。

和室から洋室へリフォームの依頼における注意点は?

工事期間が2日以上、長くかかるとさらにかかる場合もあります。工事中にその部屋を使うこともできないため、必要に応じて近所の親戚の家に部屋を借りる、居住できるホテルを用意するという手配も必要になります。また自宅に業者が出入りするため在宅しておくのか、出かけるのかなどスケジュール調整も考えましょう。

和室から洋室へリフォームを依頼する流れは?

どのようなリフォームをしたいのか、部分的なリフォームがいいのか全体をリフォームしたいのか、漠然とながらイメージを持った状態で業者に見積もり依頼を出しましょう。見積もりは「現場を見てから」という流れになることがほとんどです。なるべく複数の家族がいる時間帯に来てもらいましょう。見積書に納得をして契約をしたら、着工し、完成したら支払いを清算して終了です。

和室から洋室へリフォーム業者の選び方は?

見積書の説明は、自分や家族が「したい」と思っているリフォームに対して回答をしてくれるか、他にも提案をしてくれるのか、提案はわかりやすいか、これまでの施工事例を写真や動画で見せてくれるか、専門用語が多くないか、見積もりを出しに来た担当者と工事担当者は同じか、料金やかかる金額の説明はわかりやすいかなどを見ます。最低2社に見積もりを取りましょう。比較することも大切ですが、多くの会社に見積書を取り過ぎても工期が遅れたり、見積書の有効期限が過ぎたりと面倒なことになることもあります。

見積書の説明を受ける時はなるべく複数の家族で聞いて、他の家族は担当者にどのような印象を持ったか確認しましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

以前の日本は、ちゃぶ台を使って正座をして食事をする、布団を敷いて寝るなど、畳の上での生活が主流であったため、和室で違和感なく日常を過ごしていました。その後、テーブルとイスを使って食事をする、ベッドの上で寝る、といった欧米の文化が浸透し、現代の日本では、それがあたり前の生活様式に。ベッドを利用すれば布団を上げ下ろしする手間が省けるなど、多忙な現代の日本人にとっては、かなり大きなメリットです。また高齢者にとっては、ベッドを利用することで寝起きがラクになり、体への負担を減らせます。

和室には、畳のほかにも、障子、襖などが内装に使用されています。砂壁や土壁なども和室に見られる特徴ですが、これらはいずれも傷つきやすい上、維持・メンテナンスにも手間とコストがかかります。また、和室は畳のすき間や障子の縁などに、ダニやほこりといった汚れが蓄積しやすく、掃除にも苦労します。その点、洋室では、障子や襖のような破損しやすい内装がなく、掃除やメンテナンスがラクにできます。