東京都国分寺市和菓子レッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

Supporters

SMBCMizuhoMitsubishiPersol

東京都国分寺市の和菓子教室

沖 五月

ニューユーザー

おいしく食べて健康になれます!管理栄養士です。クリニック等の栄養指導業務の経験や、 雑誌やTVへの健康メニュー提供などの経験を活かし、現在は自宅にて料理教室「へルスヒーリングダイエット」を主宰。

詳細を見る

扇屋は飲食店です。うなぎを提供しています。所在地は東京都福生市です。

詳細を見る

武州庵いぐちは国産小豆を使用して、保存料を一切使用しない和菓子作りを行なっております。 二代目が、先代の味を大切にしつつ、新しい和菓子へも挑戦しております。

詳細を見る

はじめまして(^^) JSA練り切りアート認定講師資格を所有しております。 季節に合わせた練り切りを、一緒に作れたら、と思います。レッスンが終わっても、またご自宅で作れるようなレッスンを心がけております。

詳細を見る

株式会社ランクアップは、化粧品の開発・販売業者です。自社オリジナルブランド「マナラ」を掲げ、皮膚に負担をかけず肌の荒れや劣化を防ぐ効果のある基礎化粧品を開発してきました。

詳細を見る

満月茶家は練馬区の飲食店です。東京都練馬区大泉学園町に所在しており、大泉学園駅北口から徒歩約35分、朝霞駅南口から徒歩約40分、和光市駅南口から徒歩約44分でのアクセスが可能です。

詳細を見る

青柳は建設設計会社です。事務所所在地は新潟県新潟市西蒲区針ケ曽根1919です。

詳細を見る

恵奈は不動産業を行っている会社です。事務所所在地は東京都新宿区西新宿6丁目51 アイランドタワー2Fです。

詳細を見る

すずろは整体店です。所在地は新潟県新潟市中央区南浜通一番町372-17 南浜マンション102です。

詳細を見る

鳥忠は飲食店です。所在地は新潟県新潟市中央区弁天1丁目3−7 パルナス 1Fです。

詳細を見る

実際の依頼例

和菓子教室をお願いしました

国分寺市における和菓子教室の依頼例

よくある質問

和菓子レッスンの料金はどのくらいかかる?

和菓子レッスンの料金は1レッスン数千円です。グループレッスンやマンツーマンレッスン、先生が作る様子を観察するだけの見学レッスンなどがあります。

和菓子レッスンの依頼における注意点は?

和菓子には和菓子の、基本の作り方があります。しかし基本からの延長や、お菓子によっては、講師や先生、そのお店独自の作り方や材料の選び方などもあります。和菓子づくりの基本にか、あずきのつぶあんの作り方、あずきのこしあんの作り方、白のこしあんの作り方、練り切り餡の作り方、上用まんじゅうの作り方、小麦まんじゅうの作り方、葛桜の作り方、水ようかんの作り方、練りようかんの作り方、わらび餅の作り方、大福餅の作り方、桜餅の作り方、羽二重時雨の作り方、みたらし団子の作り方、どら焼きの作り方、きんとんの作り方などがあります。

また和菓子作りの道具には、平鍋、焼き匙、小田巻、そぼろ漉し、三角棒、羊羹船などがあります。

和菓子レッスンを依頼する流れは?

いくつかの和菓子レッスンに参加してみて、好きだと思うレッスンには継続して通ってみましょう。多くのレッスンが、初回のレッスンは割引価格で受講できるなど、飛び込みやすい価格設定をしています。何箇所かのレッスンに依頼をして、何箇所かのレッスンや先生を比較してみるといいでしょう。

和菓子レッスン業者の選び方は?

専門学校などでの講師歴があり、基本から応用まで幅広く正しく教えてくれる講師を選ぶといいでしょう。資格を持っている人、学校を卒業した人、独学や自分流で和菓子を見目麗しく作れる人など、指導者には様々な人がいます。目的に応じてレッスンの講師を選びましょう。自分も将来指導者として活躍したいと思っているのであれば、基礎から応用まで正しく教えてもらえるような、和菓子の歴史や伝統文化から現代の和菓子まで理解を深めることができるようなレッスンを選びましょう。趣味で和菓子が作れるようになりたい、家族や友人に振る舞いたい、という気持ちであれば講師の指導歴や有資格にまでこだわらなくてもいいかもしれません。自分の目的に応じて、選びましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

和菓子は視覚・臭覚・味覚・触覚・聴覚の五感を楽しむ菓子と言われており、干菓子、半生菓子、生菓子から構成されます。

和菓子のルーツは、遣唐使が持ち帰った唐菓子にあるといわれています。諸説あります。かつては一般庶民は口にすることができず、貴族飲み口にすることができたような菓子もあります。まんじゅうやようかんは禅の点心から発展し、さらにポルトガル・スペインから来日した宣教師を通じて入ってきた欧米の菓子も影響を与えたと言われています。茶席の菓子や干菓子など、歴史は解けばきりがありません。