東京都目黒区インテリアデザイナーのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

Supporters

SMBCMizuhoMitsubishiPersol

東京都目黒区のインテリアデザイナー

株式会社MHM

5.0
starstarstarstarstar
ブロンズ

多能工が所属してますのでコスパ良いご提案ができます不動産会社様を中心にBtoBをメインにやってきているため厳しい価格の中でやってきた自信がございます。

詳細を見る

夢を現実にお手伝い!まずは初回無料ご相談を。はじめまして、プロフィールをご覧いただきありがとうございます。 住宅・店舗・宿泊施設等、建築・インテリア・家具デザイン、トータルコーディネイトまで幅広く対応いたします。

詳細を見る

株式会社アルファクラフト

5.0
starstarstarstarstar
ニューユーザー

丁寧に真面目に取り組みます!よろしくお願い致します木の素材感をいかすことをベースに 定番デザインからのセミオーダーや 一からのフルオーダー家具をメインに業務をし 細かい対応をこころがけている中で 暮らし全般のご相談を頂く機会が増え 現在は住宅リフォームや店舗施工・エクステリア(リガーデン) ブラインドスクリーン取り付け・家具修理など トータルで行っております。

詳細を見る

TRUNK5 DESIGN STUDIO

ニューユーザー

多種多様・柔軟性のあるデザインが理念と個性です犬小屋からホテルまで テーブルトップにある小物からランドスケープまでデザインする。 古からの伝統性、未来への革新性、多種多様、柔軟性が私共の理念と個性です。

詳細を見る

paradox

ニューユーザー

インテリアデザイン、リノベーションデザインはじめまして。 paradox 綱谷(ツナヤ)と申します。 インテリアデザイン、アパレル店舗デザイン、リノベーションデザインを得意とした者です。

詳細を見る

お客様に親身になり、自社施工で他社より少しでも安く店舗施工10年以上の経験をしており、原状回復工事からマンションのリフォーム、ビルのメンテナンス工事等、様々な対応をしております。

詳細を見る

A-ONE

ニューユーザー

デザインから施工までの一括受注でコストダウン!内装工事の事ならすべてお任せください。 主に店舗の内装工事を主体に20年の経験に基づいたご提案をいたします。

詳細を見る

弊社はインテリアデザインを主とした会社になります。 特に、アパレル会社のお店の設計、デザインを提供させて頂いております。 大手のアパレルメーカーさんと共に、今まで、起業して10年のキャリアの中で数百件の物件を担当させて頂きました。

詳細を見る

城南ビジネスサービス株式会社 ■冊子・資料 良い成果には良い資料を。 教育・研修テキスト 提案書 プレゼン資料 マニュアル IR資料 ■出力・コピー 出力・コピー共に大判サイズに対応しています。

詳細を見る

株式会社インテリア山田は、リフォームを行っている会社です。主な事業内容は、内装工事、キッチン等水周りのリフォーム、増改築工事全般等です。また、ふすま・障子など表具張替えなども行います。

詳細を見る

株式会社杉山一商店は、内装仕上工事業を行っている会社です。主な事業内容は、クロス貼・塩ビシート貼・カーペット貼・畳工事・襖工事・障子工事・カーテン工事等です。

詳細を見る

株式会社深澤テックスは、住宅、マンションリフォームやデザインリフォームを取り扱う会社です。屋根、外壁、門、介護用リフォームや、大工工事などに対応しています。

詳細を見る

実際の依頼例

インテリアデザイナーをお願いしました

目黒区におけるインテリアデザイナーの依頼例

よくある質問

インテリアデザイナーの料金はどのくらいかかる?

インテリアデザイナーの料金は、どこのインテリアのデザインをしてもらいたいかによって変動します。例えば店舗や商業施設のデザインは、全体の施工費の10〜15%程度になることが多いとされています。また、日本における「個人の邸宅のインテリアデザインの料金」がわかる資料や情報は非常に少ないです。

海外の事例ですが、例えばアメリカのコロラド州を拠点にしているインテリアデザインのスタートアップ企業は「個人の邸宅やオフィスの、空間や家や部屋がすでにある場所に対する、インテリアのデザイン」を行う事業を展開しており、一例として日本でいうワンルームマンションのデザインは約9,000円〜、程度の事例があるようです。

インテリアデザイナーの依頼における注意点は?

自分の得意としているデザインやスタイルを表現するタイプのデザイナーなのか、住む人の状況や暮らし方に合わせたデザインを提案してくれるタイプのデザイナーなのか、デザイナーや会社の考え方に応じてアプローチ方法が違うこともあります。インテリアデザインを依頼するときに「こんなふうにしてほしい」というリクエストが多い方や、オフィスインテリアなど過ごす人の目的がはっきりしている場合は後者のデザイナーを選ぶといいでしょう。

インテリアデザイナーを依頼する流れは?

インテリアデザイナーを依頼する目的や理由を伝えましょう。今ある空間を変えてほしいのか、これから引っ越す新居の内装を丸ごとデザインしてほしいのか、1部屋だけデザインしてほしいのか、新築モデルハウスのデザインを依頼したいのか、オフィスデザインを依頼したいのかなど、デザイナーに何をしてほしいと考えているのかをベースに、複数のインテリアデザイナーを候補にあげましょう。これまでの実績や仕事の内容、ポートフォリオを確認して検討します。

インテリアデザイナー業者の選び方は?

建築や美術系の大学を卒業している、住宅メーカーやインテリアデザインや建具関連の会社での経験がある、インテリアコーディネーターの資格や、建築関連の資格、色彩に関する資格、福祉住環境コーディネーターの資格を有しているインテリアデザイナーを選ぶといいでしょう。また、これまでのポートフォリオや実績も見せてもらいましょう。「こんな風に、デザインしてほしい」と思える仕事をしてきた感性が合う、好きだと思えるデザイナーを選ぶといいでしょう。またインテリアデザイナーを起用した後の空間で一緒に過ごす人、家族や同僚などにもデザイナーとの面談の場に立ち会ってもらい、雰囲気が好きだと思うデザイナーや会社を選びましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

バリアフリーやユニバーサルデザインの視点などまで言及してくれるデザイナーは、感性が鋭いインテリアデザイナーかもしれません。