東京都板橋区インテリアデザイナーのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

Supporters

SMBCMizuhoMitsubishiPersol

東京都板橋区のインテリアデザイナー

合同会社FUTAGO

0
ニューユーザー

私は過去、都内にて50部屋の民泊運営経験があります! お部屋を0から作り、運営まですべてを行なっていた経験を活かして、現在民泊のインテリアコーディネートのお仕事をご依頼いただく機会が増えました。

詳細を見る

株式会社KTF

ニューユーザー

お客様の要望に全力で取り組みます弊社は主に新築住宅やリフォーム 最近はペット専用のリフォーム工事を手掛けてきています。アドバイザーがお客様の声を聞き それにそった工事やこちらから提案などをして工事をおこなっています。

詳細を見る

株式会社大手興業は内装工事・リフォームを取り扱う会社で、板橋リフォームセンターを運営しています。一般の方が知らない素晴らしいリフォーム用の素材が沢山あり、希望に合った素材を提案してくれます。

詳細を見る

株式会社日装社は、展示会装飾、内装工事、リフォーム工事を行っている会社です。主な事業内容は、店舗・内外装工事、特注家具・金物・プラスチック加工品、展示ディスプレイ、サイン取付、水廻り・クロス・床仕上げ等のリフォーム工事です。

詳細を見る

株式会社サタケは、壁紙や床材などインテリア内装建材の卸販売を行う会社です。フローリングやパテ、工具など取り扱い商品は多岐に渡ります。迅速・品揃え・情報サービスに加え、8拠点の各店ネットワークを最大限に生かした地域密着型のサービスをモットーとしています。

詳細を見る

株式会社アップワードは、看板製作・デザイン・データ作成を行う会社です。出力およびシートカット等によるサイン、ビジュアル制作を請け負っています。

詳細を見る

株式会社HIVEは建築設計を行う会社です。住宅、店舗、商業施設のデザイン・設計・施工などを行っております。クリエイティブを追求した空間を提供するチームです。

詳細を見る

株式会社渡辺建築設計事務所は生産施設や研究施設を中心とした建築設計を行う会社です。総合設計事務所に必要な意匠、構造、設備、積算、監理の全部門を有し、各部に配置された専門スタッフが長年培ったノウハウと顧客利益を最優先させるというポリシーのもと、一丸となって努力してまいります。

詳細を見る

有限会社ビー・ファクトリーは内装工事を手掛ける会社です。商業施設・店舗・ホテルの木工事、ガラス工事、クロス・シート・床工事などの内装工事を行っています。

詳細を見る

有限会社フォーウェストはインテリアデザイン・施工を手掛ける会社です。住宅、オフィス、病院、ホテルなどで、カーテンなどの窓回り・壁紙・カーペット・ペイント・家具・照明のデザインと施工を行っています。

詳細を見る

アダムスキー株式会社は建築デザイン事業、WEB教育事業を主に手掛ける会社です。建築系CG、インテリアデザイン、WEBデザインなどのデジタルソリューション、インターネット環境を利用したeラーニングシステムの提案・実施を行っています。

詳細を見る

実際の依頼例

インテリアデザイナーをお願いしました

板橋区におけるインテリアデザイナーの依頼例

よくある質問

インテリアデザイナーの料金はどのくらいかかる?

インテリアデザイナーの料金は、どこのインテリアのデザインをしてもらいたいかによって変動します。例えば店舗や商業施設のデザインは、全体の施工費の10〜15%程度になることが多いとされています。また、日本における「個人の邸宅のインテリアデザインの料金」がわかる資料や情報は非常に少ないです。

海外の事例ですが、例えばアメリカのコロラド州を拠点にしているインテリアデザインのスタートアップ企業は「個人の邸宅やオフィスの、空間や家や部屋がすでにある場所に対する、インテリアのデザイン」を行う事業を展開しており、一例として日本でいうワンルームマンションのデザインは約9,000円〜、程度の事例があるようです。

インテリアデザイナーの依頼における注意点は?

自分の得意としているデザインやスタイルを表現するタイプのデザイナーなのか、住む人の状況や暮らし方に合わせたデザインを提案してくれるタイプのデザイナーなのか、デザイナーや会社の考え方に応じてアプローチ方法が違うこともあります。インテリアデザインを依頼するときに「こんなふうにしてほしい」というリクエストが多い方や、オフィスインテリアなど過ごす人の目的がはっきりしている場合は後者のデザイナーを選ぶといいでしょう。

インテリアデザイナーを依頼する流れは?

インテリアデザイナーを依頼する目的や理由を伝えましょう。今ある空間を変えてほしいのか、これから引っ越す新居の内装を丸ごとデザインしてほしいのか、1部屋だけデザインしてほしいのか、新築モデルハウスのデザインを依頼したいのか、オフィスデザインを依頼したいのかなど、デザイナーに何をしてほしいと考えているのかをベースに、複数のインテリアデザイナーを候補にあげましょう。これまでの実績や仕事の内容、ポートフォリオを確認して検討します。

インテリアデザイナー業者の選び方は?

建築や美術系の大学を卒業している、住宅メーカーやインテリアデザインや建具関連の会社での経験がある、インテリアコーディネーターの資格や、建築関連の資格、色彩に関する資格、福祉住環境コーディネーターの資格を有しているインテリアデザイナーを選ぶといいでしょう。また、これまでのポートフォリオや実績も見せてもらいましょう。「こんな風に、デザインしてほしい」と思える仕事をしてきた感性が合う、好きだと思えるデザイナーを選ぶといいでしょう。またインテリアデザイナーを起用した後の空間で一緒に過ごす人、家族や同僚などにもデザイナーとの面談の場に立ち会ってもらい、雰囲気が好きだと思うデザイナーや会社を選びましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

バリアフリーやユニバーサルデザインの視点などまで言及してくれるデザイナーは、感性が鋭いインテリアデザイナーかもしれません。