奈良県断熱工事・断熱リフォームのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

奈良県の断熱リフォーム工事業者

ゆう建築工房は創業当初より「将来の暮らしを考えた安心の住宅リフォーム」を軸に生駒市にお店を構えています。新築・リフォーム・増改築に関するあらゆるサービスをご提供しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

お手軽リフォーム 省エネリフォーム 電化リフォーム 太陽光 塗装 増改築 断熱 窓リフォーム スマートカバー プラマード などをおこなっております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

代表の浅香です 日頃より、当社の増改築、リフォームをご利用いただきまして誠にありがとうございます。お客様第一主義を徹底し、お客様の声に謙虚に耳を傾け、精進していく所存です、今後とも宜しくお願いします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

私 自信 大工として現場にて 頑張っています。吉野の杉 桧 を 使った自然素材の 新築 リフォーム 古民家リノベーション から 棚板一枚まで 御施主様のご希望を 形に総合建築請負業 奈良県知事許可 ( 般ー30 )第 16345号。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

壁紙が剥がれかかっている、壁紙が汚れて家の中がなんだか暗く感じる、床材が傷んできた・・・、などお家のメンテナンスをしていますか? シックハウスの対策をしたい、壁紙を替えて部屋の雰囲気を変えたいなど、内装工事のことはインテリア宮崎にお任せください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

両親のためにリフォームをして安全で暮らしやすい家にしたい。 内装を変えて部屋の雰囲気を変えたい。 おしゃれな洋館もおちついた和風の家も、広いリビングがほしい、対面式のキッチンを作りたい、子供部屋を作りたいなど、お客様のご希望をお聞かせください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

在来工法による町家・日本建築の左官工事(漆喰壁・土蔵・竈(かまど)・土壁等)の事なら宮奥左官工業にお任せください。歴史と伝統の町、宇陀松山(重要伝統的建造物群保存地区)で培われた確かな伝統技術でお応えします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

自然素材を使い、木のぬくもりの感じられる家を造りたい。古民家を再生させて住みたい。そんな心地の良い住まい造りをお約束します。 長年にわたって培ってきた技術でお客様のこだわりを実現するお手伝いをいたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は大規模な会社ではなく、営業マンもモデルハウスもありません。プランニングから引渡しまですべて私が責任を持ってやらせていただいております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は、地元奈良を中心に、地域密着にこだわり数多くの施工をさせて頂きました。 リフォーム・新築共に施工技術、提案力、アフターサポートに自信がございます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

和田塗装は奈良県全域(地域密着) を対象とし外壁塗装、内装の塗り壁など、住まいの塗装工事.リフォーム工事ならお任せ下さい。 塗装は住宅を長持ちさせるための安くて最良の手段です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は、給排水・給湯工事を中心に水廻りのトラブル・リフォームと住まいに欠かせない重要な部分を取り扱っています。それだけに調査・提案・施工と、お客様が心から安心していただけるように、親切・丁寧にしっかりとご対応させていただいております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

断熱リフォーム工事業者をお願いしました

奈良県における断熱リフォーム工事業者の依頼例

よくある質問

断熱リフォーム工事の料金はどのくらいかかる?

200〜400万円程度の料金で、壁や床に断熱材を入れる、窓をペアガラスや二重サッシにする、天窓を作って光や風を入れるようなリフォームができます。

断熱リフォーム工事の依頼における注意点は?

断熱リフォームの料金相場は高めです。しかし断熱リフォームをすると、光熱費が節約できるメリットがあります。家自体が暖かい、もしくは家が外気の気温に左右されない密閉性や断熱性を持っていれば、冬は暖かく夏は涼しい家を保つことができるため、年間の光熱費を抑えることができるためです。そのため「断熱リフォーム」の金額と、これからの将来の光熱費がこのままだといくらかかるのか、比較して安いか高いかを見極めましょう。

断熱リフォーム工事を依頼する流れは?

いくつかの業者や見積書を比較して仕事を依頼する業者を決めて、契約を結び、着工、清算したら完了です。流れ自体はシンプルですが、スケジュールはリフォーム内容によって住人も巻き込む、大変なものになります。数時間でできるリフォームもあれば、例えば床や壁の断熱材リフォームのように「その部屋が数日間使えない」ようなリフォームもあります。隙間なく断熱材を入れないと内部結露〜カビの原因になります。壁は特に、下地材を剥がして断熱材を入れるため、床下や天井裏に断熱材を入れるよりも工期がかかります。必要に応じて居室の家具を移動する作業なども発生します。また窓のリフォームは、天気の良い日にしか着工できません。

断熱リフォーム工事業者の選び方は?

営業マンに工事の質問をしたら回答できるか、建築のことをわかっているかを確認しましょう。営業マンが知識が少なく、「工事は職人に任せます」という会社は選ばない方がいいと推奨されています。また、断熱リフォームなどリフォームによっては工期が長く、営業マンと様々な話をしたものの「実際に着工したら実際に時間を過ごすのは現場監督さんや、職人さんとの方が長い」「営業の時に来てくれていた人と言っていることが違う、話しづらい」ということにもなりかねません。

業者を選ぶときは、見積書の算出に来た営業マンに「これまでの施工実績や事例」を写真やパンフレットを見せてもらうだけでなく、話できちんと説明してもらいましょう。この写真の施工事例は、どんな家族構成の家族だったのか、どんなところをどんな風にリフォームして、仕上がりに対してどんなお声をいただいたのか、これらを具体的に説明できる営業マンは信頼できると言えます。

その他気を付けるべきポイントは?

部屋同士の温度差が5度以上になると不快感を感じると言われていますが、この温度差が結露を発生させる原因になり、家や建材へのカビの原因になります。温度差がカビを誘発し、カビが健康被害につながり家の劣化を早めることも。断熱リフォームは、家や人を健やかに保つために早急に検討すべきリフォームの一つです。