神奈川県横浜市 港北区断熱工事・断熱リフォームのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

神奈川県横浜市 港北区の断熱リフォーム工事業者

N.リフォーム

5.0
starstarstarstarstar
ブロンズ

現場調査から施工まで全て自社で行います!日本の四季に快適な住まいを N.リフォームは、ヒトのこころに潤いを与える社会を創造するために、美しい木々や緑と都市が同居する未来都市を描く企業でありたいと考えています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社エークリエーションは戸建住宅の新築の設計施工から外装工事や内装工事、水回りなどの各種設備工事などを行っています。長い経験と多くの実績をもとに、安心で快適な住まい作りをサポートします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社オーダーズは、高気密高断熱住宅設計・施工やアパート設計・施工を始め、不動産売買・仲介などを様々な仕事を行なっている会社です。「人を幸せにする人が、幸せになれる」この言葉を基に、家づくりに「+aの価値」を生みだし、独創的なアイデアと広い視野を持って、お客様とともに家づくりに取り組んでいます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

空建築家工房株式会社は、建設・建築業を請け負う会社です。注文住宅・分譲住宅の新築、建て替え、リフォーム工事全般を手掛けています。設計事務所からの紹介での工事施工もおこなっています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

三峯産業株式会社は建材販売、屋根・外壁・雨どい・防水の新築、リフォーム工事を行っている会社です。主に建築資材の販売、屋根・外壁・金属・塗装吹付・防水工事等の施工窓口、 建物の賃貸を行っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社三峯ヨコハマは外装工事・リフォームを行っている会社です。主に一般住宅の屋根工事、塗装工事、外壁工事、太陽光発電設置、雨樋工事、外構工事等を行っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

有限会社宮本工務店は、リフォーム業を扱うリフォーム会社です。新築戸建て・中古戸建ても取り扱っており、トイレ・キッチン・バス・洗面所から外装リフォーム・内装リフォームと、こだわりのリフォームを展開しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社創建社は、建設・建築業を請け負う会社です。 一戸建てや注文住宅、集合住宅、店舗などの新築や、リフォーム工事全般を手掛けています。建物の耐久性、耐震性はもちろん、デザイン性もふまえ、健康で気持ちよく過ごせる住まいづくりのため、設計から施工まで一貫したサービスを提供しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社西郷屋は外壁改修工事を専門とする会社です。主に防水工事・塗装工事・シーリング工事・スカイチェアやゴンドラ作業、マンションや商業施設の大規模修繕工事等を行っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社丸建サービスは企業・店舗清掃クリーニングを行っている会社です。主にバスルーム、換気扇、洗面所・トイレ、キッチン、エアコン内部、玄関、フローリング・ワックスがけ、ガラス・サッシ・網戸等のクリーニングを行っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社カラーは、ハウスコーティング専門店です。UVフロアコーティング・シリコンフロアコーティング・ガラスフロアコーティングの主に3種類のフロアコーティングをご用意しており、お客様のご要望やお好みに合わせ担当スタッフよりわかりやすく、丁寧にご提案させていただきます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

有限会社興建コーポレーションは、金属スクラップ・リサイクルと不要品の処理及び不要物の解体・撤去処理等を行っている会社です。レッカー作業・現場解体作業・持ち込み等、どのような状況にも対応しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

断熱リフォーム工事業者をお願いしました

横浜市 港北区における断熱リフォーム工事業者の依頼例

よくある質問

断熱リフォーム工事の料金はどのくらいかかる?

200〜400万円程度の料金で、壁や床に断熱材を入れる、窓をペアガラスや二重サッシにする、天窓を作って光や風を入れるようなリフォームができます。

断熱リフォーム工事の依頼における注意点は?

断熱リフォームの料金相場は高めです。しかし断熱リフォームをすると、光熱費が節約できるメリットがあります。家自体が暖かい、もしくは家が外気の気温に左右されない密閉性や断熱性を持っていれば、冬は暖かく夏は涼しい家を保つことができるため、年間の光熱費を抑えることができるためです。そのため「断熱リフォーム」の金額と、これからの将来の光熱費がこのままだといくらかかるのか、比較して安いか高いかを見極めましょう。

断熱リフォーム工事を依頼する流れは?

いくつかの業者や見積書を比較して仕事を依頼する業者を決めて、契約を結び、着工、清算したら完了です。流れ自体はシンプルですが、スケジュールはリフォーム内容によって住人も巻き込む、大変なものになります。数時間でできるリフォームもあれば、例えば床や壁の断熱材リフォームのように「その部屋が数日間使えない」ようなリフォームもあります。隙間なく断熱材を入れないと内部結露〜カビの原因になります。壁は特に、下地材を剥がして断熱材を入れるため、床下や天井裏に断熱材を入れるよりも工期がかかります。必要に応じて居室の家具を移動する作業なども発生します。また窓のリフォームは、天気の良い日にしか着工できません。

断熱リフォーム工事業者の選び方は?

営業マンに工事の質問をしたら回答できるか、建築のことをわかっているかを確認しましょう。営業マンが知識が少なく、「工事は職人に任せます」という会社は選ばない方がいいと推奨されています。また、断熱リフォームなどリフォームによっては工期が長く、営業マンと様々な話をしたものの「実際に着工したら実際に時間を過ごすのは現場監督さんや、職人さんとの方が長い」「営業の時に来てくれていた人と言っていることが違う、話しづらい」ということにもなりかねません。

業者を選ぶときは、見積書の算出に来た営業マンに「これまでの施工実績や事例」を写真やパンフレットを見せてもらうだけでなく、話できちんと説明してもらいましょう。この写真の施工事例は、どんな家族構成の家族だったのか、どんなところをどんな風にリフォームして、仕上がりに対してどんなお声をいただいたのか、これらを具体的に説明できる営業マンは信頼できると言えます。

その他気を付けるべきポイントは?

部屋同士の温度差が5度以上になると不快感を感じると言われていますが、この温度差が結露を発生させる原因になり、家や建材へのカビの原因になります。温度差がカビを誘発し、カビが健康被害につながり家の劣化を早めることも。断熱リフォームは、家や人を健やかに保つために早急に検討すべきリフォームの一つです。