埼玉県産業廃棄物処理のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

埼玉県の産業廃棄物処理業者

関東回収社

5.0
starstarstarstarstar
ブロンズ

リフォーム施工からゴミ処分まで全て弊社で行います!不用品、粗大ゴミ回収、産業廃棄物収集運搬業、屋根リフォーム、外壁リフォーム、塗装を関東圏でやらせて頂いております。

詳細を見る

有限会社小金沢組

ニューユーザー

解体、産業廃棄物収集運搬を承ります。とび・土工、解体で建設業許可を受けている建設会社です。 産業廃棄物収集運搬、特別産業廃棄物収集運搬の許可は関東各都県で受けています。

詳細を見る

東京・埼玉・千葉をはじめ関東一円で 遺品整理・生前整理・老前整理や倒産整理・破産整理又ゴミ屋敷・ゴミ部屋・迷惑放置自転車・店舗内装解体工事・夜間引越し等に関する搬出撤去処分や片付けなどを承っております。

詳細を見る

東北自動車道岩槻ICより1分。お持込みされるお客様に便利とご好評いただいております。さいたま市岩槻区の中間処理施設は積替え保管施設も併用しているので、プラスチック、ビニール類を含む13種類の廃棄物の取り扱いが出来ます。

詳細を見る

お品物を査定し、高価買取またはお品物を担保に現金をご融資致します。 取扱商品は、貴金属・地金、ブランド品・高級時計、電化製品・電動工具、楽器、金券、衣類、美術品等です。

詳細を見る

貴金属や宝石、ブランド品の他、おもちゃ・切手・食器など様々な物を買取いたします。 店舗での買取、出張での買取、郵送での買取があり、スタッフがしっかり査定させていただきます。

詳細を見る

解体工事から産業廃棄物処理まで自社で一元管理し、中間コストが無く、解体工事及び産業廃棄物の収集運搬処分費用が安価になります。 リサイクル効果は、廃プラスチック類の代替化石燃料化、木くずのパーチクルボード・燃料チップ化として資源循環型社会構築に貢献します。

詳細を見る

不要品・遺品の回収・買い取りを行っています。店舗や事務所の不要品、着物・レコード・模型などにも対応可能です。 遺品整理については綿密な打ち合わせを行いますので、大事な品は確実に保護されます。

詳細を見る

オフィスで発生した古紙の回収、段ボール・チラシ・紙パックなどの産業古紙、一般家庭からの古紙、社外秘の書類など機密書類の回収・完全粉砕処理はお任せください。

詳細を見る

デジカメプリント、フォト名刺やアルバム・ポスタープリント、業務用写真集配サービスなどを取り扱っております。 当店はノーリツ綱機のデジタル機を導入し、退色に強いペーパーを使用しております。

詳細を見る

工作機械・油圧機械等のメンテナンスはお任せください。 タンク清掃、フラッシング作業などあらゆるご要望にプロがお応えいたします。 長く大切に使うものだからこそ定期メンテナンスは重要です。

詳細を見る

国内トップクラスの高い買取額をご提示させていただいております。 スピード査定は最短1分でございます! 国内だけではなく海外での様々な販売ルートがございますので、より国内でもトップクラスの高い買取額をご提示させていただく事が可能となっております。

詳細を見る

実際の依頼例

産業廃棄物処理業者をお願いしました

埼玉県における産業廃棄物処理業者の依頼例


産業廃棄物処理業者が必要なとき

産業廃棄物とは

事業活動によって生じる廃棄物のことで、金属くずや廃油、燃え殻、廃プラスチック類など、廃棄物処理法により20種類に分類されています。種類によっては、特定の事業活動で排出される場合のみ産業廃棄物と呼ばれるものもあります。また産業廃棄物の中でも爆発性や毒性、感染性などがある危険なものは、特別管理産業廃棄物と呼ばれています。

一般廃棄物との違い

廃棄物の種類には、産業廃棄物に加え一般廃棄物と呼ばれるものもあります。産業廃棄物は事業活動によって生じた廃棄物であるのに対し、一般廃棄物は家庭で生じた廃棄物を言います。その中でも、事業活動により生じた廃棄物で産業廃棄物にあたらないものは事業系一般廃棄物、危険性のある一般廃棄物は特別管理一般廃棄物と呼ばれています。なお産業廃棄物と一般廃棄物では、それぞれ処理業者に必要な許可が異なります。

産業廃棄物処理業者とは

産業廃棄物の処理について、排出事業者に代わって行う業者のことを、産業廃棄物処理業者と呼びます。廃棄物処理を行うためには、区域を管轄する都道府県知事、または政令市長からの許可が必要です。特に収集・運搬業を行う業者は、産業廃棄物を積んで下ろす全ての区域で許可が必要となります。もし無資格の業者が廃棄物処分を行うと、処分業者だけでなく依頼した排出事業者も、廃棄物処理法の委託基準違反として罰されてしまいます。

依頼できること

産業廃棄物処理業者には、事業に伴い発生した産業廃棄物の収集・運搬から最終処分までを依頼することができます。廃棄物の処理を委託する際は通称「マニフェスト」と呼ばれる産業廃棄物管理票が必要となり、この管理票で排出事業者は廃棄物の流れを把握することができます。これを適切に交付・保存していない場合は違反となってしまいます。またPCB(ポリ塩化ビニフェル)廃棄物の処理を依頼する場合は、その業者がPCB廃棄物処理の許可や認定を取得しているか確認する必要があります。認定などを受けていない業者に処理を委託することは法律で禁止されているため、気をつけましょう。

よくある質問

産業廃棄物処理業者の料金はどのくらいかかる?

東京と大阪の平均価格を品目別に紹介します。いずれも1トン当たりの価格です。東京の木くずは13,000円前後、金属くずは約~5,000円、ガラス・陶磁器くずは約6,000~13,000円、燃え殻は約15,000~22,000円、廃プラスチックは3万円~5万円、紙くずは3万円~5万円、繊維くずは約41,000円、汚泥は約2万円前後、ゴムくずは約4万円~5万円前後、ばいじんは約3万円前後です。大阪の木くずは約12,000~20,000円、金属くずは約~5,000円、ガラス・陶磁器くずは約6,000~27,000円、燃え殻は22,000~3万円、廃プラスチックは4万円~54,000円、紙くずは3万円~45,000円、繊維くずは約~50,000円、汚泥は約~2万円、ゴムくずは約30,000~5万円前後、ばいじんは約3万円前後です。

産業廃棄物処理業者の依頼における注意点は?

産業廃棄物の収集運搬は、積み下ろしを行う都道府県、あるいは政令市の産業廃棄物収集運搬業許可証が必要です。また処分を行う場合には産業廃棄物処分業許可証が必要です。許可証には取扱いのできる産業廃棄物の種類、収集運搬なのか、それとも処理なのかの事業範囲が明記されています。 産業廃棄物を適正に処理する責任は収集・運搬・処理を行う事業者ではなく、排出する事業者がその責務を負うことと廃棄物処理法で定められています。収集・運搬・処理を業者に委託する場合でもその責任までを業者に委託することはできないため、業者選びはくれぐれも慎重に行いましょう。

産業廃棄物処理業者を依頼する流れは?

業者選ぶために見積書の発行を依頼して、納得のできる業者を探し、仕事を依頼します。収集完了時に料金を清算し、完了です。

産業廃棄物処理業者業者の選び方は?

契約書を交わす、資格や許可証を持っている、処理できる産業廃棄物、できない産業廃棄物を明確にしている事業者を選びましょう。選んではいけない業者の特徴は、マニフェストが不要だと謳っている、排出事業者が作成・交付すべき一次マニフェストを、代理で作成している、処理業者の選定を排出事業者の代わりに、自ら行おうとする収集・運搬業者です。

その他気を付けるべきポイントは?

廃棄物処理を収集運搬業者に委託する場合には「処理業」の資格や許可をもっているところを選ぶか、または処理業者を自ら選択し、各業者と契約を結ぶようにしてください。また業者を検索するときにも、必ず業者の種類(収集・運搬業者なのか、処理業者なのか、どちらも可能な業者かなど)を確認しておきましょう。産業廃棄物を不適正に処理した場合、すべては排出事業者の責任となってしまいます。特に面倒な手続きや業者選びを代理で行ってくれる業者は、一見親切なように見えるため、要注意です。

こんな時も産業廃棄物処理業者にお任せ

Q1:マニフェストの準備はどうしたら良いですか。

A1:マニフェストの知識がなくても、廃棄物の処理業者がサポートしてくれる場合がほとんどのためご安心ください。心配であれば業者へ問い合わせる際に、確認しておくことをおすすめします。

Q2:産業廃棄物の収集・運搬と処分を両方頼むことはできますか。

A2:業者が収集・運搬と処分において両方の許可を取得していれば、依頼が可能です。業者に問い合わせる際、確認しておきましょう。