undefined産業廃棄物処理のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

奈良県の産業廃棄物処理業者

生駒市のイナバでは不用品・電化製品など、不用なものは何でも回収致します! 引越し前後の大量の不用品、捨てるのに費用が掛かってしまう家電品からオフィスの移転に伴うパソコン機器やOA商品まで処分にお困りのものがありましたらお気軽にお電話下さい。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

日本エコロジック株式会社では、軽四車から2t車で、主に近距離や中距離の配送業務を行っております。 また、特定のお荷物など、お客様のご要望に迅速にお応え致します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

<質屋のシステム> ☆質預かり (お金が必要でも品物も手放したくない時) 商品を預けてその商品に見合った金額を借りる方法 担保として商品を預けるので借りすぎてしまう心配もありませんし 万一返せない事になっても 商品の所有権が無くなるだけで煩わしいことは無いので安心です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

産業廃棄物処理、再生路盤材販売によって資源循環型社会に貢献しております。 RC-40、RM-30、0~10といった各種再生砕石を販売しております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

燃え殻、プラスチック類、紙くず、木屑などの産業廃棄物処理から中間処理、焼却までを行っております。 地域の活性化と環境への配慮を考え、リサイクル率の向上を目指しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

さまざまな商品の買取・販売を行っております。 取扱品目は、テレビ・ビデオ・オーディオ・冷蔵庫・洗濯機等の家電や、時計・宝飾・貴金属・自転車・雑貨・スポーツ用品など。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

■事業概要 機械工具製造 非鉄金属スクラップ ■取扱商品 ・銅 ・アルミ ・真鍮屑 ・その他 ※当社は被覆電線屑の解体処理を手がけて50年以上の実績を誇る企業です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

古 紙 ●段ボール、新聞、雑誌、産業古紙等 異物を選別し、大型プレス機で圧縮します。 ブロック化された古紙は製紙メーカーで製紙原料としてリサイクルしています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

関西一円 (大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・三重・和歌山)まで各種スクラップ・屑の出張買取致します。 ■金属リサイクル 鉄、非鉄金属、特殊金属、金・銀屑、ニッケル、ステン、銅、真鍮、アルミ、エアコン、OA機器、給水器 等 ■銅線屑ナゲット加工 廃プラスチック ■機械解体撤去 ■廃自動車 ■第1.2種フロン回収業 ■産業廃棄物収集運搬 ■60t台貫計量証明 ※自動車解体業者様へ 自動車部品買取・引取いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

「快適な環境づくり」 当社は地域資源を大切にしています! 限りある資源を保持していくために 資源のリサイクル、廃棄物の減量化を目指して… 「企業のゴミから家庭のゴミまで」 収集・運搬から中間処理まで 一貫して当社で行っております! 産業廃棄物の収集・運搬 産業廃棄物の中間処理 産業廃棄物をリサイクルしやすくするために サイズを小さくしたり、再利用できるものを 選別したり…という作業を中間処理といいます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社ヤマハラ ~資源再生~ 環境保護の一つとして、資源再生を利用した、 環境にやさしい紙のリサイクルは当社にお任せ下さい! 資源の有効利用と使用量の削減に努めます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

産業廃棄物処理業者をお願いしました

奈良県における産業廃棄物処理業者の依頼例

よくある質問

産業廃棄物処理の料金はどのくらいかかる?

東京と大阪の平均価格を品目別に紹介します。いずれも1トン当たりの価格です。

東京の木くずは13,000円前後、金属くずは約~5,000円、ガラス・陶磁器くずは約6,000~13,000円、燃え殻は約15,000~22,000円、廃プラスチックは3万円~5万円、紙くずは3万円~5万円、繊維くずは約41,000円、汚泥は約2万円前後、ゴムくずは約4万円~5万円前後、ばいじんは約3万円前後です。

大阪の木くずは約12,000~20,000円、金属くずは約~5,000円、ガラス・陶磁器くずは約6,000~27,000円、燃え殻は22,000~3万円、廃プラスチックは4万円~54,000円、紙くずは3万円~45,000円、繊維くずは約~50,000円、汚泥は約~2万円、ゴムくずは約30,000~5万円前後、ばいじんは約3万円前後です。

産業廃棄物処理の依頼における注意点は?

産業廃棄物の収集運搬は、積み下ろしを行う都道府県、あるいは政令市の産業廃棄物収集運搬業許可証が必要です。また処分を行う場合には産業廃棄物処分業許可証が必要です。許可証には取扱いのできる産業廃棄物の種類、収集運搬なのか、それとも処理なのかの事業範囲が明記されています。 産業廃棄物を適正に処理する責任は収集・運搬・処理を行う事業者ではなく、排出する事業者がその責務を負うことと廃棄物処理法で定められています。収集・運搬・処理を業者に委託する場合でもその責任までを業者に委託することはできないため、業者選びはくれぐれも慎重に行いましょう。

産業廃棄物処理を依頼する流れは?

業者選ぶために見積書の発行を依頼して、納得のできる業者を探し、仕事を依頼します。収集完了時に料金を清算し、完了です。

産業廃棄物処理業者の選び方は?

契約書を交わす、資格や許可証を持っている、処理できる産業廃棄物、できない産業廃棄物を明確にしている事業者を選びましょう。

選んではいけない業者の特徴は、マニフェストが不要だと謳っている、排出事業者が作成・交付すべき一次マニフェストを、代理で作成している、処理業者の選定を排出事業者の代わりに、自ら行おうとする収集・運搬業者です。

その他気を付けるべきポイントは?

廃棄物処理を収集運搬業者に委託する場合には「処理業」の資格や許可をもっているところを選ぶか、または処理業者を自ら選択し、各業者と契約を結ぶようにしてください。また業者を検索するときにも、必ず業者の種類(収集・運搬業者なのか、処理業者なのか、どちらも可能な業者かなど)を確認しておきましょう。産業廃棄物を不適正に処理した場合、すべては排出事業者の責任となってしまいます。特に面倒な手続きや業者選びを代理で行ってくれる業者は、一見親切なように見えるため、要注意です。