神奈川県横浜市 西区産業廃棄物処理のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

神奈川県横浜市 西区の産業廃棄物処理業者

「機密文書類処理」・「オフィス古紙リサイクル」・「産業廃棄物収集運搬」はリサイクルサービス株式会社にお任せ下さい。機密処理方法は全て弊社が直接回収作業を行い、処理工程においても弊社担当者の立会のもとに実行いたします。

詳細を見る

影島興産株式会社は金属リサイクル業を行っています。主な事業内容は、 鉄スクラップ加工処理、産業廃棄物中間処理、設備構造物解体処理、製鋼原料、鋼材、非鉄金属売買です。

詳細を見る

フィルムカメラ東京は、フィルムカメラの買取販売業者です。郵送や査定に費用はかからず、出張買い取りも行っています。渋谷区に本店をもち、株式会社 nstが運営しており、東京の他にも神奈川県・千葉県に店舗があり、フィルムカメラの文化を絶やさないよう、活動しています。

詳細を見る

産業廃棄物・粗大ゴミ・引越ゴミ等急なゴミは当社が処分いたします。 個人のお客様から企業、団体様まで1点からでも迅速に回収いたします。 車、バイクも回収。

詳細を見る

株式会社ライジングは、アウトソーシング&セキュリティの人材派遣派遣を行う会社です。そして、警備業、業務請負業、一般労働者派遣業、有料職業紹介事業を手掛けております。

詳細を見る

ペンギンカメラ/2号店は、カメラ専門店です。新品・中古カメラ・アンティークカメラや一眼レフレンズなどを取り扱っています。クラッシクカメラからデジタルカメラまで幅広い品揃えと豊富な専門知識で、お客様のご相談に対応しています。

詳細を見る

ペンギンカメラ/白楽店は、カメラ専門店です。新品・中古カメラ・アンティークカメラや一眼レフレンズなどを取り扱っています。クラッシクカメラからデジタルカメラまで幅広い品揃えと豊富な専門知識で、お客様のご相談に対応しています。

詳細を見る

ペンギンカメラ/本店は、カメラ専門店です。新品・中古カメラ・アンティークカメラや一眼レフレンズなどを取り扱っています。クラッシクカメラからデジタルカメラまで幅広い品揃えと豊富な専門知識で、お客様のご相談に対応しています。

詳細を見る

株式会社三基は総合建物解体工事業・産業廃棄物処理業・一般廃棄物処理業・不動産業を行っている会社です。創業は1990年で、所在地は神奈川県横浜市です。

詳細を見る

AKID

ブロンズ

お気軽にご相談下さい!初めまして、青木智英と申します。 主な事業内容は下記の通りです。 *事業内容* ・伐採、剪定 ・解体作業 ・産業廃棄物収集運搬 経験は15年ほどになります。

詳細を見る

株式会社新和商会は、廃棄物処理業を手掛ける会社です。主な事業内容は、産業廃棄物収集運搬、一般廃棄物収集運搬です。横浜市を中心とした神奈川全域、東京都までを対応エリアとして、塵芥車、脱着装置付コンテナ専用車、冷蔵冷凍車などの車両を装備し回収にあたります。

詳細を見る

よろずやは、株式会社アイアンドダブリュ・サーベイが経営する廃品の回収や中古家電の販売などを行っている会社です。引っ越しや片付けなどに伴って発生した大型ゴミや粗大ゴミ、不用品の回収や、遺品整理などを行っており、中古家電の販売なども行っています。

詳細を見る

実際の依頼例

産業廃棄物処理業者をお願いしました

横浜市 西区における産業廃棄物処理業者の依頼例


産業廃棄物処理業者が必要なとき

産業廃棄物とは

事業活動によって生じる廃棄物のことで、金属くずや廃油、燃え殻、廃プラスチック類など、廃棄物処理法により20種類に分類されています。種類によっては、特定の事業活動で排出される場合のみ産業廃棄物と呼ばれるものもあります。また産業廃棄物の中でも爆発性や毒性、感染性などがある危険なものは、特別管理産業廃棄物と呼ばれています。

一般廃棄物との違い

廃棄物の種類には、産業廃棄物に加え一般廃棄物と呼ばれるものもあります。産業廃棄物は事業活動によって生じた廃棄物であるのに対し、一般廃棄物は家庭で生じた廃棄物を言います。その中でも、事業活動により生じた廃棄物で産業廃棄物にあたらないものは事業系一般廃棄物、危険性のある一般廃棄物は特別管理一般廃棄物と呼ばれています。なお産業廃棄物と一般廃棄物では、それぞれ処理業者に必要な許可が異なります。

産業廃棄物処理業者とは

産業廃棄物の処理について、排出事業者に代わって行う業者のことを、産業廃棄物処理業者と呼びます。廃棄物処理を行うためには、区域を管轄する都道府県知事、または政令市長からの許可が必要です。特に収集・運搬業を行う業者は、産業廃棄物を積んで下ろす全ての区域で許可が必要となります。もし無資格の業者が廃棄物処分を行うと、処分業者だけでなく依頼した排出事業者も、廃棄物処理法の委託基準違反として罰されてしまいます。

依頼できること

産業廃棄物処理業者には、事業に伴い発生した産業廃棄物の収集・運搬から最終処分までを依頼することができます。廃棄物の処理を委託する際は通称「マニフェスト」と呼ばれる産業廃棄物管理票が必要となり、この管理票で排出事業者は廃棄物の流れを把握することができます。これを適切に交付・保存していない場合は違反となってしまいます。またPCB(ポリ塩化ビニフェル)廃棄物の処理を依頼する場合は、その業者がPCB廃棄物処理の許可や認定を取得しているか確認する必要があります。認定などを受けていない業者に処理を委託することは法律で禁止されているため、気をつけましょう。

よくある質問

産業廃棄物処理業者の料金はどのくらいかかる?

東京と大阪の平均価格を品目別に紹介します。いずれも1トン当たりの価格です。東京の木くずは13,000円前後、金属くずは約~5,000円、ガラス・陶磁器くずは約6,000~13,000円、燃え殻は約15,000~22,000円、廃プラスチックは3万円~5万円、紙くずは3万円~5万円、繊維くずは約41,000円、汚泥は約2万円前後、ゴムくずは約4万円~5万円前後、ばいじんは約3万円前後です。大阪の木くずは約12,000~20,000円、金属くずは約~5,000円、ガラス・陶磁器くずは約6,000~27,000円、燃え殻は22,000~3万円、廃プラスチックは4万円~54,000円、紙くずは3万円~45,000円、繊維くずは約~50,000円、汚泥は約~2万円、ゴムくずは約30,000~5万円前後、ばいじんは約3万円前後です。

産業廃棄物処理業者の依頼における注意点は?

産業廃棄物の収集運搬は、積み下ろしを行う都道府県、あるいは政令市の産業廃棄物収集運搬業許可証が必要です。また処分を行う場合には産業廃棄物処分業許可証が必要です。許可証には取扱いのできる産業廃棄物の種類、収集運搬なのか、それとも処理なのかの事業範囲が明記されています。 産業廃棄物を適正に処理する責任は収集・運搬・処理を行う事業者ではなく、排出する事業者がその責務を負うことと廃棄物処理法で定められています。収集・運搬・処理を業者に委託する場合でもその責任までを業者に委託することはできないため、業者選びはくれぐれも慎重に行いましょう。

産業廃棄物処理業者を依頼する流れは?

業者選ぶために見積書の発行を依頼して、納得のできる業者を探し、仕事を依頼します。収集完了時に料金を清算し、完了です。

産業廃棄物処理業者業者の選び方は?

契約書を交わす、資格や許可証を持っている、処理できる産業廃棄物、できない産業廃棄物を明確にしている事業者を選びましょう。選んではいけない業者の特徴は、マニフェストが不要だと謳っている、排出事業者が作成・交付すべき一次マニフェストを、代理で作成している、処理業者の選定を排出事業者の代わりに、自ら行おうとする収集・運搬業者です。

その他気を付けるべきポイントは?

廃棄物処理を収集運搬業者に委託する場合には「処理業」の資格や許可をもっているところを選ぶか、または処理業者を自ら選択し、各業者と契約を結ぶようにしてください。また業者を検索するときにも、必ず業者の種類(収集・運搬業者なのか、処理業者なのか、どちらも可能な業者かなど)を確認しておきましょう。産業廃棄物を不適正に処理した場合、すべては排出事業者の責任となってしまいます。特に面倒な手続きや業者選びを代理で行ってくれる業者は、一見親切なように見えるため、要注意です。

こんな時も産業廃棄物処理業者にお任せ

Q1:マニフェストの準備はどうしたら良いですか。

A1:マニフェストの知識がなくても、廃棄物の処理業者がサポートしてくれる場合がほとんどのためご安心ください。心配であれば業者へ問い合わせる際に、確認しておくことをおすすめします。

Q2:産業廃棄物の収集・運搬と処分を両方頼むことはできますか。

A2:業者が収集・運搬と処分において両方の許可を取得していれば、依頼が可能です。業者に問い合わせる際、確認しておきましょう。