愛媛県産業廃棄物処理のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

愛媛県の産業廃棄物処理業者

【 営業内容 】 ■産業廃棄物最終処分場 ■産業廃棄物中間処理 (破砕・焼却・減容・圧縮) ■再生砕石販売 ■木材リサイクルチップ ■コンテナ収集運搬 ■家屋解体 【 認可 】 ■産業廃棄物処分業許可番号 3844005433 ■産業廃棄物収集運搬許可番号 3814005433 ■解体工事登録番号 愛媛県知事(28)第6号 ■一般廃棄物処理業 鬼環発第243号。

詳細を見る

使わなくなった家電や場所を取って邪魔な大型不用品の処分にお困りではありませんか?ご家庭の不用品から事業所の廃棄物までお任せください。 当社では家電5品目(テレビ・洗濯機・乾燥機・冷蔵庫・エアコン)以外の家電製品の受け入れを行っておりますので、お気軽にご相談ください。

詳細を見る

地域完結型古紙リサイクルを推進、紙のリサイクルを中心に、古着・ペットボトル・廃プラスチック・アルミ缶・スチール缶などの回収・リサイクルをしています。

詳細を見る

物置や車庫などの建築物・お庭の樹木・花壇・自転車・バイクなどの機械類の撤去作業、お引越し・店舗移転に伴うお片付け、冷蔵庫・テレビなど家具類・タンス・ベッドなどの粗大ゴミ・処理にお困りのゴミの回収、エアコン・アンテナ・ソーラーパネルなどの取外しと回収、片づけ・仕分け・搬出作業まで、なんでもご相談ください。

詳細を見る

片付け、ごみの撤去、遺品整理、空家管理を行っています。 部屋の片付けや模様替え、一人暮らしの方が亡くなった後の室内の不良品の撤去、昔両親が住んでいた無人状態の家の荷物整理、古い物置の荷物の撤去などお任せください。

詳細を見る

金城産業株式会社では、様々な資源の買取を行っております。 小型家電、バイク、自動車、農機、重機、机、棚、鉄、アルミ、蛍光管、電池などに対応させていただきます。

詳細を見る

排水詰まり・管内洗浄・管内調査・吸引清掃・給水槽清掃・貯水槽清掃などを承っております。 給排水設備のメンテナンス、下水道管路メンテナンスはお任せください。

詳細を見る

当質店は安心と信用をモットーに50年、安心してご利用頂ける女性に優しいお店です。 屋根付き駐車場から質預かり、買い取り専用の出入り口がございます。

詳細を見る

ご家庭の少量のゴミから、会社などの大きなゴミまで回収いたします。 引越しゴミ、粗大ゴミ、大型ゴミ、家具・家電、工場の機材の回収まで対応致します。

詳細を見る

鉄・非鉄金属などの買い取りを行っております。少量でも対応可能です。 特にピカ線、上銅、並銅、込銅、雑線、被覆線、家電線、舶用線、平角線、錫引線\nラジエター、砲金、バルブ砲金、真鍮、込真鍮、ステンレス304屑、316屑などの買い取りを強化しています。

詳細を見る

有価物(スクラップ全般)買取、産業廃棄物収集・運搬、産業廃棄物処理、木質燃料(チップ)・固形燃料(RPF)製造を承っております。 コンテナ車、グラップル付(つかみ装置)11tダンプ、小型ユニック車など取り揃えております。

詳細を見る

実際の依頼例

産業廃棄物処理業者をお願いしました

愛媛県における産業廃棄物処理業者の依頼例


産業廃棄物処理業者が必要なとき

産業廃棄物とは

事業活動によって生じる廃棄物のことで、金属くずや廃油、燃え殻、廃プラスチック類など、廃棄物処理法により20種類に分類されています。種類によっては、特定の事業活動で排出される場合のみ産業廃棄物と呼ばれるものもあります。また産業廃棄物の中でも爆発性や毒性、感染性などがある危険なものは、特別管理産業廃棄物と呼ばれています。

一般廃棄物との違い

廃棄物の種類には、産業廃棄物に加え一般廃棄物と呼ばれるものもあります。産業廃棄物は事業活動によって生じた廃棄物であるのに対し、一般廃棄物は家庭で生じた廃棄物を言います。その中でも、事業活動により生じた廃棄物で産業廃棄物にあたらないものは事業系一般廃棄物、危険性のある一般廃棄物は特別管理一般廃棄物と呼ばれています。なお産業廃棄物と一般廃棄物では、それぞれ処理業者に必要な許可が異なります。

産業廃棄物処理業者とは

産業廃棄物の処理について、排出事業者に代わって行う業者のことを、産業廃棄物処理業者と呼びます。廃棄物処理を行うためには、区域を管轄する都道府県知事、または政令市長からの許可が必要です。特に収集・運搬業を行う業者は、産業廃棄物を積んで下ろす全ての区域で許可が必要となります。もし無資格の業者が廃棄物処分を行うと、処分業者だけでなく依頼した排出事業者も、廃棄物処理法の委託基準違反として罰されてしまいます。

依頼できること

産業廃棄物処理業者には、事業に伴い発生した産業廃棄物の収集・運搬から最終処分までを依頼することができます。廃棄物の処理を委託する際は通称「マニフェスト」と呼ばれる産業廃棄物管理票が必要となり、この管理票で排出事業者は廃棄物の流れを把握することができます。これを適切に交付・保存していない場合は違反となってしまいます。またPCB(ポリ塩化ビニフェル)廃棄物の処理を依頼する場合は、その業者がPCB廃棄物処理の許可や認定を取得しているか確認する必要があります。認定などを受けていない業者に処理を委託することは法律で禁止されているため、気をつけましょう。

よくある質問

産業廃棄物処理業者の料金はどのくらいかかる?

東京と大阪の平均価格を品目別に紹介します。いずれも1トン当たりの価格です。東京の木くずは13,000円前後、金属くずは約~5,000円、ガラス・陶磁器くずは約6,000~13,000円、燃え殻は約15,000~22,000円、廃プラスチックは3万円~5万円、紙くずは3万円~5万円、繊維くずは約41,000円、汚泥は約2万円前後、ゴムくずは約4万円~5万円前後、ばいじんは約3万円前後です。大阪の木くずは約12,000~20,000円、金属くずは約~5,000円、ガラス・陶磁器くずは約6,000~27,000円、燃え殻は22,000~3万円、廃プラスチックは4万円~54,000円、紙くずは3万円~45,000円、繊維くずは約~50,000円、汚泥は約~2万円、ゴムくずは約30,000~5万円前後、ばいじんは約3万円前後です。

産業廃棄物処理業者の依頼における注意点は?

産業廃棄物の収集運搬は、積み下ろしを行う都道府県、あるいは政令市の産業廃棄物収集運搬業許可証が必要です。また処分を行う場合には産業廃棄物処分業許可証が必要です。許可証には取扱いのできる産業廃棄物の種類、収集運搬なのか、それとも処理なのかの事業範囲が明記されています。 産業廃棄物を適正に処理する責任は収集・運搬・処理を行う事業者ではなく、排出する事業者がその責務を負うことと廃棄物処理法で定められています。収集・運搬・処理を業者に委託する場合でもその責任までを業者に委託することはできないため、業者選びはくれぐれも慎重に行いましょう。

産業廃棄物処理業者を依頼する流れは?

業者選ぶために見積書の発行を依頼して、納得のできる業者を探し、仕事を依頼します。収集完了時に料金を清算し、完了です。

産業廃棄物処理業者業者の選び方は?

契約書を交わす、資格や許可証を持っている、処理できる産業廃棄物、できない産業廃棄物を明確にしている事業者を選びましょう。選んではいけない業者の特徴は、マニフェストが不要だと謳っている、排出事業者が作成・交付すべき一次マニフェストを、代理で作成している、処理業者の選定を排出事業者の代わりに、自ら行おうとする収集・運搬業者です。

その他気を付けるべきポイントは?

廃棄物処理を収集運搬業者に委託する場合には「処理業」の資格や許可をもっているところを選ぶか、または処理業者を自ら選択し、各業者と契約を結ぶようにしてください。また業者を検索するときにも、必ず業者の種類(収集・運搬業者なのか、処理業者なのか、どちらも可能な業者かなど)を確認しておきましょう。産業廃棄物を不適正に処理した場合、すべては排出事業者の責任となってしまいます。特に面倒な手続きや業者選びを代理で行ってくれる業者は、一見親切なように見えるため、要注意です。

こんな時も産業廃棄物処理業者にお任せ

Q1:マニフェストの準備はどうしたら良いですか。

A1:マニフェストの知識がなくても、廃棄物の処理業者がサポートしてくれる場合がほとんどのためご安心ください。心配であれば業者へ問い合わせる際に、確認しておくことをおすすめします。

Q2:産業廃棄物の収集・運搬と処分を両方頼むことはできますか。

A2:業者が収集・運搬と処分において両方の許可を取得していれば、依頼が可能です。業者に問い合わせる際、確認しておきましょう。