千葉県産業廃棄物処理のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

千葉県の産業廃棄物処理業者

Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...

実際の依頼例

千葉県における産業廃棄物処理業者の依頼例

よくある質問

産業廃棄物処理の料金はどのくらいかかる?

東京と大阪の平均価格を品目別に紹介します。いずれも1トン当たりの価格です。

東京の木くずは13,000円前後、金属くずは約~5,000円、ガラス・陶磁器くずは約6,000~13,000円、燃え殻は約15,000~22,000円、廃プラスチックは3万円~5万円、紙くずは3万円~5万円、繊維くずは約41,000円、汚泥は約2万円前後、ゴムくずは約4万円~5万円前後、ばいじんは約3万円前後です。

大阪の木くずは約12,000~20,000円、金属くずは約~5,000円、ガラス・陶磁器くずは約6,000~27,000円、燃え殻は22,000~3万円、廃プラスチックは4万円~54,000円、紙くずは3万円~45,000円、繊維くずは約~50,000円、汚泥は約~2万円、ゴムくずは約30,000~5万円前後、ばいじんは約3万円前後です。

産業廃棄物処理の依頼における注意点は?

産業廃棄物の収集運搬は、積み下ろしを行う都道府県、あるいは政令市の産業廃棄物収集運搬業許可証が必要です。また処分を行う場合には産業廃棄物処分業許可証が必要です。許可証には取扱いのできる産業廃棄物の種類、収集運搬なのか、それとも処理なのかの事業範囲が明記されています。 産業廃棄物を適正に処理する責任は収集・運搬・処理を行う事業者ではなく、排出する事業者がその責務を負うことと廃棄物処理法で定められています。収集・運搬・処理を業者に委託する場合でもその責任までを業者に委託することはできないため、業者選びはくれぐれも慎重に行いましょう。

産業廃棄物処理を依頼する流れは?

業者選ぶために見積書の発行を依頼して、納得のできる業者を探し、仕事を依頼します。収集完了時に料金を清算し、完了です。

産業廃棄物処理業者の選び方は?

契約書を交わす、資格や許可証を持っている、処理できる産業廃棄物、できない産業廃棄物を明確にしている事業者を選びましょう。

選んではいけない業者の特徴は、マニフェストが不要だと謳っている、排出事業者が作成・交付すべき一次マニフェストを、代理で作成している、処理業者の選定を排出事業者の代わりに、自ら行おうとする収集・運搬業者です。

その他気を付けるべきポイントは?

廃棄物処理を収集運搬業者に委託する場合には「処理業」の資格や許可をもっているところを選ぶか、または処理業者を自ら選択し、各業者と契約を結ぶようにしてください。また業者を検索するときにも、必ず業者の種類(収集・運搬業者なのか、処理業者なのか、どちらも可能な業者かなど)を確認しておきましょう。産業廃棄物を不適正に処理した場合、すべては排出事業者の責任となってしまいます。特に面倒な手続きや業者選びを代理で行ってくれる業者は、一見親切なように見えるため、要注意です。