大分県生け花教室のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

大分県の生け花教室

花結び

ニューユーザー

大分県中津市にある花屋さんです。花束や贈り物のお花のアレンジメント、花鉢、ブライダル、プリザーブドフラワーなど、色々なお花を取り扱っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

各種切り花、鉢物、観葉植物、種・苗、ドライフラワー、園芸用品など取り揃えております。 ブライダルフラワー、ブーケ、会場装飾なども承っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

樹木本来の美しい樹形・刈り込み・段造りなどの造形美をトータルプランニングの観点からお造りいたします。 さらに害虫駆除・樹木の伐採・芝刈り・草刈りなど芝生の管理もお任せください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

【葬儀費用について】 ■葬儀費用については大きく4つの項目に分かれます 1. 祭壇・柩・骨壷・霊柩車などの葬儀。告別式に必要な項目 2. 親族・お手伝いの方にふるまう料理・飲み物(精進料理・精進上など)や式場に 宿泊される方の夜具など 3. 弔問者・会葬者の方にお渡しする供養品や茶菓子など 4. 寺院(教会・神社など)にご用意するお礼など ■1 の葬儀・告別式に関する費用としましては… 祭壇…式場によって多少異なります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

■葬儀までの簡単な流れ 1.まずはお電話ください 2.ご自宅へご安置にまいります 3.スタッフから説明を致します ■ご逝去で葬儀をお急ぎの方 [24時間年中無休受付]tel.0979-25-1522 お急ぎの場合は必ずお電話でお問合せください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

■取扱商品・サービス内容 事業概要など 1.各種アレンジメント (1)用途にあわせて 誕生日・結婚記念日 開店・新築・引越し祝 お礼 お悔やみ・命日 発表会祝 結婚祝・ブライダルブーケ 出産祝・お見舞い 入学・卒業・就職祝 還暦・喜寿・米寿祝 冠婚葬祭生花 慶弔生花スタンド その他 各種記念日にあわせてアレンジ致します (2)形態にあわせて 花束・ボックスフラワー・観葉植物鉢・ラン鉢・その他花鉢 ドライフラワー・造花 その他各種ご用意しております (3)予算にあわせて 2.結婚式場及び教会のフラワー装飾 3.ミニ披露宴の会場装飾 4.JFTD(日本生花通信配達協会 通称 花キューピット)加盟店…

. . . (もっと読む)
詳細を見る

個人の葬儀から団体葬まで、葬祭ディレクターがお世話いたします。冷暖房完備したゆったりした式場は、会食室、宿泊施設もございます。ご予算に応じたプランをご提案致します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

生け花教室をお願いしました

大分県における生け花教室の依頼例

よくある質問

生け花教室の料金はどのくらいかかる?

教室や流派によって料金は異なります。多くの教室や流派は、入会金を支払い、毎週定期的に開催する形式のレッスンを採用しています。入会金は約5,000円前後〜、レッスンの料金は約2,000円前後〜で、花材が含まれるもしくは別途花材の支払いが必要など、教室の方針によって異なります。レッスン料金は、講師(師範、教授)の保有している資格に応じて変動することもあります。

講師や教室によってはドロップインや、ワークショップ形式で1回完結型の生け花レッスンを開催しているところもあります。

生け花教室の依頼における注意点は?

どの流派で学ぶか、どの講師につくかなどによって教えていただける内容や方法が少しずつ異なります。どの流派も基本の部分はほぼ似ている、とも言えるのではないでしょうか。しかしいけ方のルールや「いけ方」のカテゴリー分けには流派ごとの考え方が関わってきます。陰陽を考える、いかす花の種類を●種類までと限定する、「手前からいける」などいけ始める場所の指定がある、型があるなどです。

生け花教室を依頼する流れは?

「まずは生花を知りたい、始めてみたい」と考えている初心者の方は、少しずつ異なる教室や講師などに何箇所かレッスンを依頼して、体験レッスンや無料見学などを活用して教室の雰囲気や内容を確認してみましょう。迷う場合は何度かレッスンによってから、合うと思ったら続けてみましょう。

生け花教室業者の選び方は?

資格などを取りたいと目的がはっきりしている方は、資格取得に向けてサポートしてくれる教室やレッスン、講師の方を選びましょう。講師や流派ごとの作品をみて、「こんな風に花をいけれるようになりたい」と思える作品をいけている流派や講師の教室やレッスンに参加するのもいい選び方です。

その他気を付けるべきポイントは?

花材百種と呼ばれ、木物・草物・通用物・水物・陸物・実物・葉物・花物・蔓物などで花を分けます。植物学的な分類ではなく、草木の出生や性情や生育する姿から花を分けて考えます。水揚げの方法、用具、花器、切る技、ためる技、しごく技、さばく技などがあります。