神奈川県座間市生け花教室のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

神奈川県座間市の生け花教室

花富美は、花屋さんです。生花・鉢花・観葉植物などの他に、生花でのアレンジメントや慶弔用に使用されるスタンド花などの販売を行っている他、園芸用の資材も取り扱っており、近郊であれば無料で配達を行っており、遠方への配送も行っています。

詳細を見る

コトブキ花園は、相武台前駅南口から徒歩約23分にある園芸店です。園内には、初心者の方からベテランの方まで満足できるように、見本ガーデンや寄せ植え等も多数展示してしています。

詳細を見る

花メッセージは、お花屋さんです。観葉植物や生花を取り扱っています。店舗所在地は、神奈川県座間市入谷5丁目1881-68です。

詳細を見る

片野生花店は、季節ごとの花や植物の販売を行っている生花店です。所在地は神奈川県座間市座間です。

詳細を見る

有限会社沖園芸は、花と植木の総合直売センターで、造園業も扱っています。植木だけではなく花苗や鉢花・園芸用品も多数販売しています。また、造園・植木の植え込み、庭の手入れ、その他ガーデニングに関することなどを扱っています。

詳細を見る

相模原カルチャーセンター古淵店はカルチャーセンターです。暮らしに、趣味に、同じ目的を持つ仲間とのめぐり合いが、生きる喜びを一層高めることを期待しつつ「一流の講師とすばらしい仲間」を運営理念とし、カルチャーセンター事業の充実を努力しています。

詳細を見る

花のアトリエいけばな草月は、生花教室です。本格的な生花のレッスンを行っており、初心者から受け入れています。日本の伝統文化を楽しく学ぶ機会を持ってもらえるよう目指しています。

詳細を見る

株式会社井上農園は観葉植物レンタル、マンション・団地・大学等の植栽管理・個人邸の手入れ、庭づくりまでの造園全般等を行っている会社です。高木剪定、低木剪定、芝刈りなどの作業内容や 庭の状況に合わせて、適した機械を使用して作業を行っています。

詳細を見る

ぽぷらえんは、花屋さんです。生花などの販売を行っています。店舗所在地は、神奈川県相模原市南区松が枝町15−11です。

詳細を見る

シティホール相模斎場は、株式会社サン・ライフが運営している斎場です。斎場や宿泊の可能な控え室、個室の霊安室など豊富な設備で故人とのお別れの時間をしっかり過ごしてもらうことができ、家族葬から社葬などの大型葬儀、お別れ会など様々な規模の葬儀に対応しています。

詳細を見る

ビューティフルボーイは、園芸店、ガーデニングショップ、生花店、フラワーデザイン教室です。店舗所在地は、神奈川県相模原市南区東林間です。

詳細を見る

フランドみずほは、生け花やフラワーデザインのレッスンを行っている教室です。教室所在地は、神奈川県相模原市南区相模大野6丁目7-6-403です。

詳細を見る

実際の依頼例

生け花教室をお願いしました

座間市における生け花教室の依頼例

よくある質問

生け花教室の料金はどのくらいかかる?

教室や流派によって料金は異なります。多くの教室や流派は、入会金を支払い、毎週定期的に開催する形式のレッスンを採用しています。入会金は約5,000円前後〜、レッスンの料金は約2,000円前後〜で、花材が含まれるもしくは別途花材の支払いが必要など、教室の方針によって異なります。レッスン料金は、講師(師範、教授)の保有している資格に応じて変動することもあります。

講師や教室によってはドロップインや、ワークショップ形式で1回完結型の生け花レッスンを開催しているところもあります。

生け花教室の依頼における注意点は?

どの流派で学ぶか、どの講師につくかなどによって教えていただける内容や方法が少しずつ異なります。どの流派も基本の部分はほぼ似ている、とも言えるのではないでしょうか。しかしいけ方のルールや「いけ方」のカテゴリー分けには流派ごとの考え方が関わってきます。陰陽を考える、いかす花の種類を●種類までと限定する、「手前からいける」などいけ始める場所の指定がある、型があるなどです。

生け花教室を依頼する流れは?

「まずは生花を知りたい、始めてみたい」と考えている初心者の方は、少しずつ異なる教室や講師などに何箇所かレッスンを依頼して、体験レッスンや無料見学などを活用して教室の雰囲気や内容を確認してみましょう。迷う場合は何度かレッスンによってから、合うと思ったら続けてみましょう。

生け花教室業者の選び方は?

資格などを取りたいと目的がはっきりしている方は、資格取得に向けてサポートしてくれる教室やレッスン、講師の方を選びましょう。講師や流派ごとの作品をみて、「こんな風に花をいけれるようになりたい」と思える作品をいけている流派や講師の教室やレッスンに参加するのもいい選び方です。

その他気を付けるべきポイントは?

花材百種と呼ばれ、木物・草物・通用物・水物・陸物・実物・葉物・花物・蔓物などで花を分けます。植物学的な分類ではなく、草木の出生や性情や生育する姿から花を分けて考えます。水揚げの方法、用具、花器、切る技、ためる技、しごく技、さばく技などがあります。