京都府京都市 東山区ヒップホップダンスレッスンのプロが近くにいます

どちらでヒップホップダンス教室・スクールをご希望ですか?

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

京都府京都市 東山区のヒップホップダンス教室・スクール

B-TRIBE

ニューユーザー

現在のレベル

ニューユーザー

ビートライブの特徴 月謝ではありません。来られた時だけ使用 1レッスン ¥1,400〜(60分)で経済的 全校で受講が可能。好きなクラスを組合せ自由 無料の参加イベントを多数ご用意 発表会出演での「ヘアアレンジは無料」 バックアップダンサーなどにも、出演が可能 ダブルダッチのレッスンもあります 特待生制度やチームサポートのシステムも有現在日本におけるダンサー及びダンス界の社会的地位は、まだまだ確立されておらず特にストリートダンスの世界は、 モダン、タップ、ジャズ、ソーシャル、のように芸術ダンスとしての社会的認知が、なされていないのが現実です。

. . . (もっと読む)

こんにちは。 プロフィールを閲覧いただきありがとうございます。 松下(ダンサーネーム:Matsu)と申します。 【G-Mail 📩】 【Facebook 】 【Instagram】matsu0484 マイケルジャクソンがきっかけでダンスを始め、将来的にはアメリカにチャレンジしたい。

. . . (もっと読む)

藤川真都佳

ニューユーザー

現在のレベル

ニューユーザー

ダンスインストラクターを初めて9年目です。現在は40名以上の生徒を一人で教えています。また、城陽市からの依頼でキッズダンスレッスンを開催した際には満員御礼になるなど人気インストラクターとして活躍中。

. . . (もっと読む)

フリーランス

ニューユーザー

現在のレベル

ニューユーザー

はじめまして、関西・東京でダンサーとして活動しております、南條良輔と申します。 ジャズ、ヒップホップ、ロック、ポップ、ハウスダンスなど幅広くやっており ミュージカル、舞台、LIVEのバックダンサー、CMなど 現在は東京の方が中心に拠点に活動しております。

. . . (もっと読む)

お子様から大人の方まで安心して楽しめる、アットホームなダンススタジオです。 ストリートダンスからバレエまで各種ジャンルを取り揃えており、初級コースはもちろんのこと、本格的な指導も受けられます。

. . . (もっと読む)

●最新のお知らせ ●寺田南校区 敬老会舞台出演 9月18日(日)城陽市福祉センター ●城陽市市民文化祭 煌★舞台フェスタ★ 10月15日(日) 文化パルク城陽 プラムホール ◎生徒募集◎ ※初心者歓迎! 興味のある方も大歓迎! 今日からでも!すぐに入会出来ます! ※電話で!教室で!気軽にご相談下さい! 京本 梢 バレエ教室 〒610-0121 城陽市寺田北東西70-3(念仏寺前) TEL&FAX 0774-52-3648 E-mail homepage 近鉄・寺田駅から東方へ徒歩約6分 JR・城陽駅から西方へ約6分 ~★~寺田スタジオ~★~ 《レッスンスケジュール》 生徒数の変…

. . . (もっと読む)

ヒップホップダンス教室・スクールの写真一覧


写真をクリックで詳細を表示

Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...

実際の依頼例

京都市 東山区におけるヒップホップダンス教室・スクールの依頼例

ヒップホップダンスとは

起源

ヒップホップダンスとはストリートダンスの一種で、歴史の中でも比較的新しいジャンルのダンスです。様々なジャンルの要素を取り入れながら進化を続けてきたダンスであり、概念を一言で定めるのがとても難しいダンスでもあります。

1973年、ニューヨークのサウス・ブロンクスでヒップホップカルチャーが生まれました。
ジャマイカからの移民であった若かりしDJクール・ハークは、あるアパートの一室で開かれた妹の誕生日パーティーで、現在のDJスタイルの原型ともいわれるパフォーマンスを披露します。その踊りはのちにブレイクダンス(Breakin’)と呼ばれるようになります。

当時のニューヨークはディスコ全盛期でしたが、サウス・ブロンクスの貧しい若者たちが、ディスコへ行けるはずもなく、こうしたDJパーティーをしばしば楽しむようになります。
そしてアパートの一室から始まったDJパーティーはストリートに場所を変え、やがてDJ、ラップ、ダンス、グラフィティ(ライティング)の4大要素が融合したヒップホップカルチャーを形作りました。

このブレイクダンスは、ポップダンスやロックダンスと共にオールドスクールというスタイルに分類され、現在のヒップホップダンスはニュースクールに分類されます。ヒップホップダンスは様々なジャンルのダンスの要素の影響を受けながら、現在でも進化を続けています。

ダンスの特徴

ダンスの特徴は、アップとダウンの2種類のリズムが基本だという点です。アップは膝を曲げた状態から始めて、1・2・3・4とカウントした時に、1のところで膝を伸ばしリズムを取ります。ダウンは膝を伸ばした状態から始め、1・2・3・4とカウントした時に、1のところで膝を曲げてリズムを取ります。

他にも、ヒップホップダンスにはランニングマンやロジャーラビットなど、様々な形の独特のステップがあります。

衣装の特徴

全体的にダボっとしたオーバーサイズな服を着用します。このスタイルには理由があり、ダイナミックな動きをするヒップホップダンスでゆったりとした衣装を身に付けることで、動きにより躍動感を与えたり、ステップを強調して見せたりする効果があります。ただしゆったりした衣装を着用しなければいけないという決まったルールはありません。

シューズは、足に負担のかからない、ヒールマークのつきづらい靴を選びましょう。ヒールマークとは床の靴跡のことで、「屋内のスタジオに靴底の跡がつきにくいソールの靴を着用したほうがいい」という意見を持つダンサーは多数います。

ダンススタジオで、利用時にヒールマークがつかないように使用することを義務付けるスタジオはありません。しかしダンサー達が「マナーとして、ヒールマークのつきづらい靴を選ぼう」と発言しています。靴底に関するJIS規格はありませんが、口コミなどを比較し、ヒールマークがつきづらいとされる靴を探しましょう。

音楽の特徴

ヒップホップミュージックの特徴は曲にラップを乗せることです。自分の主義主張などをビートに乗せて、韻を踏みながらリズミカルに言葉を発します。

ラップは他のジャンルの歌のようにあまりメロディを必要としておらず、ビートに合わせて、またはわざとビートから外して発声します。

ヒップホップダンスの楽しみ方

ダイナミックで数々のテクニックを盛り込んだヒップホップダンスは、踊れない人やよく知らない人が鑑賞しても楽しめる、エンターテイメント性に優れたダンスです。イベントや大会にはなかなか足を運ぶ機会を作れない環境でも、動画などで鑑賞するだけでも魅力を十分味わえます。

ヒップホップインターナショナル(HHI)の主催する国際大会は、HHIの日本支部に「HIPHOPダンスのオリンピック」と称され、日本での大会のほか、世界大会はアメリカで開催されます。

ヒップホップダンス教室、レッスンの相場

体験レッスン

体験レッスンの料金の平均は、1回につき約1,460円で、初回に限り無料で体験ができる教室もあります。キッズ向けの体験レッスン料金の平均は、1回につき約1,943円です。

初心者向けレッスン

初心者向けレッスンの料金の月額平均は月4回のレッスンで約9,300円で、チケット制の料金システムの平均は、1枚につき2,533円です。1回のレッスン所要時間は、60~80分です。

キッズ初心者向けレッスンの料金の月額平均は月4回のレッスンで約6,566円、1回のレッスン所要時間は50~60分です。

中級〜上級レッスン

中級~上級レッスンの料金の平均は月4回のレッスンで月額約8,126円で、チケット制の料金システムの平均は1枚につき2,533円です。1回のレッスン所要時間は、60~80分です。

キッズ中級~上級向けレッスンの料金の月額平均は月4回のレッスンで約6,566円、1回のレッスン所要時間は50~60分です。