滋賀県電球交換のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

滋賀県の電球交換業者

風工房

ニューユーザー

常にお客様に安心していただける、ご不安を解消していけるような仕事をしていきたいと思っています。 「リフォーム費用がいくらかかるのか心配・・・」ご安心下さい!! 当社は、安心・安全をモットーに掲げ、お客様目線でご依頼を承っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は鉄骨工事を中心とした、新築からリフォーム、増改築などを手掛けております。 頑丈で自由度の高い鉄骨のメリットを活かした、安心安全の生活のご提案をさせていただきます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社はお客様の満足を第一に考えた、親切・丁寧な屋根工事、内外装工事を心掛けております。特に他社との違いは、滋賀県内でも唯一の“FCシーリングマジック加盟店”です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ケ健康住宅 イ一番(地域) ズ住まう喜びを感じる家造り 当社は皆様の夢を実現するという希望と同時に、大きな不安と悩みを解決するというスタンスを常に持ちつづける会社です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

住まいを手にする、リフォームするというのは、一生の買い物ですから、慎重かつ楽しく体験していただきたいと考えています。そのため、「遊び心」と「明るさ」を重視したご提案をしています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

住まいづくりのコンセプト 梓工務店では、我が家に誰もが集まる場所を『合歓の間』と呼んでいます。 世代を超えた家族が、遠慮や気兼ねなく思いやりや気遣いのある生活ができる場所です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は旅館リフォーム、ホテルリフォームなどの法人様向けのリフォームやコンクリートや鉄骨といった特殊建築をメインに手がけており、小さな物件を得意としています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

おじいさんの頃(この道約60年)から工務店を開業しています。以前(12年前)は父親(2代目)と二人三脚で仕事をしていましたが今は1人で仕事をしています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

“もっと住まいを身近に”という想いをスタッフ全員が持ち、リフォームをお考えのお客様へご要望に適った最善のプランをご提案させていただきます。 水まわり設備のちょっとした工事から、木造住宅の全面改装など、規模の大きなリフォーム工事まで、幅広く対応致します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

『無添加骨太住宅』を指針に、新築注文住宅では自然素材をふんだんに使った心地よい家をご提供しております。人に優しく、自然に優しい住環境づくりをモットーに、お客様第一の施工が当社の家づくりの基本です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

木は、住宅建築に一番欠かせない建材です。弊社は、その木の温もりと素晴らしさを十分に生かすことができる、在来工法を得意としております。 住まいの事も、人の事も、自然の事も十分に考え、全てが一体となれる、優しい環境造りを目指しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

大工としての匠の技、匠の心を体に叩き込み、様々な人との出会い、触れ合いを大切に、お施主様の立場に立ってものづくりをしていきたいと考えております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

電球交換業者をお願いしました

滋賀県における電球交換業者の依頼例

よくある質問

電球交換の料金はどのくらいかかる?

電球交換の料金は〜5,000円程度が相場です。これは交換する電球代金を吹くなまい、作業のみの金額です。

1ヶ所のみの場合でもミニマム料金(最低料金)を設定しているところがあるため、まとめて複数箇所依頼した方が割安になることもあります。例えば1時間の作業で3,000円かかる価格設定の業者の場合、電球交換1箇所にかかる作業料金は15分程度でしょう。それでも「最低3,000円はいただきます」ということです。数カ所まとめて作業を依頼しても3,000円であれば、まとめて数カ所依頼した方が安くなるということです。

屋外の高所のランプは約2万円〜、2階以上の場所のランプ交換は10万円近くなります。数カ所まとめて依頼する場合は、1個所数千円と、足場費用が数万円、という請求内訳になることが多いです。

電球交換の依頼における注意点は?

個人宅でも、高所で脚立が必要、1人暮らしで高所の電球交換をしたいけれど脚立に上るのが怖い、病気で上を向きながら電球交換をしたら肩や首が痛いなど、様々な事情で電球交換がスムーズにいかない場合は業者に依頼しましょう。たった一つの電球交換に3,000円と電球代金、合計5,000円程度支払うことになったとしても、もし脚立から転落したり、ころんだり、電球を落として割ってしまい踏んだり体に刺さったり目に入ったりしてしまった時にかかる医療費と比較すると、安いものです。もし「自分でできるかもしれないけれど不安が残る」場合は、業者に依頼した方が安全で、安心です。

電球交換を依頼する流れは?

急がない場合は2〜3社に問い合わせましょう。急ぐ場合でも2社には問い合わせて比較します。依頼する1社に決めたら、作業内容を確認して作業を実行してもらい、料金を支払ったら終了です。

電球交換業者の選び方は?

電球交換業者を選ぶ際は、まず電球交換の箇所数(なん箇所の電球を交換して欲しいのか?)、新品の電球はどちらが用意するのか?、最短でいつ作業に来ることができるのか?、交換後の古い電球の処分はどちらが行うのか?、出張料金や駐車料金が追加でかかるのか?、最低でもこの項目を質問しましょう。さらに金額は税込みなのか税抜きなのかも聞いておきましょう。

もし業者が、併せて便利屋やハウスクリーニング、不用品処分などの仕事を引き受けてくれる場合、もし頼みたいことがあるのであれば同時に問い合わせてもいいでしょう。

その他気を付けるべきポイントは?

電球交換の仕事は、電話でさっと問い合わせて完結することの多い仕事内容なので、わざわざ業者と契約書を書くことは少ないです。しかし当日作業をしてもらってから「電話で問い合わせた時の内容と違う」ということが起きないよう、電話で問い合わせをした後にはメールで話した内容、料金の内訳を送ってもらうなど「話した内容と作業料金が、当日になって急に変更にならないよう、変更になった時の証拠」を送ってもらいましょう。例えば問い合わせの時には「3,000円でいいですよ」とだけ言われていて、当日作業後に「3,000円と、駐車料金400円お願いします」と請求された場合、駐車料金の話は聞いていなかった、ということにもなりかねません。