undefined電球交換のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

茨城県の電球交換業者

住宅リフォームのことなら、おまかせください。 お風呂やキッチンといった水まわりは、毎日使うとても重要な設備です。少しの故障でも、毎日の生活にストレスが溜まり、とても疲れてしまいます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

親子3代、80年の歴史で地元密着に力を入れて歩んでまいりました。当社は純日本式化粧住宅をはじめ、木造軸組工法や最新システムの通気システムであるソーラーサーキットの家を手がけ、純日本化粧住宅のもつ無垢材の美しさ、出桁や欄間など細かな大工の手仕事はもちろん、新建材や新製品にも研究や勉強を怠っておりません。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社では、自然素材を使った新築住宅・住宅リフォームを承っております。 お客様のご要望の多い珪藻土を使うなど、健康に配慮した住宅をご提案しております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は屋根工事専門の業者です。 瓦等の傷みは、早期に修繕することが大切。雨漏りをしてから合われるのではなく、定期的なメンテナンスをお勧めいたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

施主様の要望・予算に応じて、自然素材を生かした本物の手作りの家をご提供致します。鉄筋コンクリートの土台の上に、4寸角の木材をふんだんに使用する為、地震に強く、長持ちする家造りが可能です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

あなたの家屋やビルは健康ですか? 人が年齢を重ねるように家屋も年を取ります。 各部位の劣化は、雨漏れや、思いがけない外壁の剥落落下事故などを招きます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

お客様に満足いただくことが私たちの喜びです。皆様お一人お一人との出会いを大切にし、ご要望に対しては常に最大限の努力によりお応えしてまいります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

未来を築く気概、啓発を絶やさぬ創造への道 私たちは創業より、「啓発」「気概」「創造」を企業理念として、きめ細かなサービスを行える「総合建設業」を目指し、建設事業・土木事業・リフォーム事業・不動産事業などのあらゆる方面で、一心に誠意を込めて取組んでおります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は安心安全はもちろん、ひとにもそして環境にも優しい住まいづくりを目指しています。さらに当社の職人は少数精鋭、勉強熱心なスタッフばかりです。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

瓦の葺き替えから、カラーベストなどの葺き替えまで屋根のことでお困りならご相談ください。 水漏れなどの補修工事から、防水工事までお客様のお悩みを解決いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ガーデニング・エクステリアの事ならおおたけ建設にお任せください! ウッドデッキ・カーポートの設置、門扉・フェンスまで、庭に関する事なら何でもご質問ください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

外壁塗装・屋根塗装・軒天塗装・破風塗装からエクステリアの塗装まで自社で対応いたします。 住宅以外に工場やアパートの塗装も行っております。 内装・リフォームもお任せください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

電球交換業者をお願いしました

茨城県における電球交換業者の依頼例

よくある質問

電球交換の料金はどのくらいかかる?

電球交換の料金は〜5,000円程度が相場です。これは交換する電球代金を吹くなまい、作業のみの金額です。

1ヶ所のみの場合でもミニマム料金(最低料金)を設定しているところがあるため、まとめて複数箇所依頼した方が割安になることもあります。例えば1時間の作業で3,000円かかる価格設定の業者の場合、電球交換1箇所にかかる作業料金は15分程度でしょう。それでも「最低3,000円はいただきます」ということです。数カ所まとめて作業を依頼しても3,000円であれば、まとめて数カ所依頼した方が安くなるということです。

屋外の高所のランプは約2万円〜、2階以上の場所のランプ交換は10万円近くなります。数カ所まとめて依頼する場合は、1個所数千円と、足場費用が数万円、という請求内訳になることが多いです。

電球交換の依頼における注意点は?

個人宅でも、高所で脚立が必要、1人暮らしで高所の電球交換をしたいけれど脚立に上るのが怖い、病気で上を向きながら電球交換をしたら肩や首が痛いなど、様々な事情で電球交換がスムーズにいかない場合は業者に依頼しましょう。たった一つの電球交換に3,000円と電球代金、合計5,000円程度支払うことになったとしても、もし脚立から転落したり、ころんだり、電球を落として割ってしまい踏んだり体に刺さったり目に入ったりしてしまった時にかかる医療費と比較すると、安いものです。もし「自分でできるかもしれないけれど不安が残る」場合は、業者に依頼した方が安全で、安心です。

電球交換を依頼する流れは?

急がない場合は2〜3社に問い合わせましょう。急ぐ場合でも2社には問い合わせて比較します。依頼する1社に決めたら、作業内容を確認して作業を実行してもらい、料金を支払ったら終了です。

電球交換業者の選び方は?

電球交換業者を選ぶ際は、まず電球交換の箇所数(なん箇所の電球を交換して欲しいのか?)、新品の電球はどちらが用意するのか?、最短でいつ作業に来ることができるのか?、交換後の古い電球の処分はどちらが行うのか?、出張料金や駐車料金が追加でかかるのか?、最低でもこの項目を質問しましょう。さらに金額は税込みなのか税抜きなのかも聞いておきましょう。

もし業者が、併せて便利屋やハウスクリーニング、不用品処分などの仕事を引き受けてくれる場合、もし頼みたいことがあるのであれば同時に問い合わせてもいいでしょう。

その他気を付けるべきポイントは?

電球交換の仕事は、電話でさっと問い合わせて完結することの多い仕事内容なので、わざわざ業者と契約書を書くことは少ないです。しかし当日作業をしてもらってから「電話で問い合わせた時の内容と違う」ということが起きないよう、電話で問い合わせをした後にはメールで話した内容、料金の内訳を送ってもらうなど「話した内容と作業料金が、当日になって急に変更にならないよう、変更になった時の証拠」を送ってもらいましょう。例えば問い合わせの時には「3,000円でいいですよ」とだけ言われていて、当日作業後に「3,000円と、駐車料金400円お願いします」と請求された場合、駐車料金の話は聞いていなかった、ということにもなりかねません。