宮城県ハーモニカレッスンのプロが近くにいます

どちらでハーモニカ教室をご希望ですか?

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

宮城県のハーモニカ教室

フラダンス教室です。無料体験もございます。 レッスン内容は、カヒコ・アウアナ・タヒチアン・各楽器やウクレレ・生花レイ作りです。 初心者クラスから、インストラクターを目指すコース、ママとベビーや60歳以上からのクープナクラス、エクササイズクラスなどがございます。

. . . (もっと読む)

ハーモニカ教室の写真一覧


写真をクリックで詳細を表示

Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...

実際の依頼例

宮城県におけるハーモニカ教室の依頼例

ハーモニカ教室をお願いしました

 宮城県仙台市 青葉区

依頼カテゴリ
ハーモニカレッスン


予算
¥3000~¥6000


詳細
夜なら平日でもいいです。


ハーモニカ教室をお願いしました

 宮城県名取市

依頼カテゴリ
ハーモニカレッスン


予算
¥3000~¥6000


詳細
年寄りで、電車等に乗れないので、徒歩圏内希望


ハーモニカとは

ハーモニカの中でもよく使われているのが10ホールズハーモニカ、複音ハーモニカ、クロマチックハーモニカの3種類です。小学校などの学習用では、教育用ハーモニカが使われ、これは単音ハーモニカです。

10ホールズハーモニカは、ブルースやロック、フォークの音楽ジャンルの中で、メロディだけでなく和音用としても広く使われています。このハーモニカはひとつのキー、例えばハ長調(C)だけに対応しているので、すべてのキーの曲を演奏するためには、すべてのキーに対応する数のハーモニカが必要になります。

複音ハーモニカは、微妙にチューニングをずらした上下の穴がセットになっているので、ビブラート効果が出ます。10ホールズハーモニカと同様に、ひとつのキー対応となっています。

クロマチックハーモニカは、半音刻みですべての音階の音が出せるので、1本のハーモニカですべてのキーに対応できます。主にジャズとクラシックで使われます。

ハーモニカの扱い方

持ち方と構え方

ハーモニカは口の正面に構えて、手を左右に動かして演奏をします。演奏で注意しなければいけないのは、顔は動かさずに手を動かして演奏することです。ハーモニカの構え方は、特に決まっているわけではありませんが、どの種類のハーモニカでも左側に低音、右側に高音がくるように構えるのが普通です。

くわえ方

ハーモニカは、ひとつの穴それぞれに、リードと呼ばれる金属製の小さな板が組み込まれています。穴に吹き込まれた空気でリードが振動し、音を出す仕組みです。ハーモニカの音をしっかりと出すには、穴に空気をしっかりと吹き込み、また吸い込まなければいけません。そのためにできるだけ深くハーモニカをくわえると空気をまっすぐに動かすことができ、しっかりと安定した音が維持できます。

もっとも基本の吹き方がパッカーリングです。パッカーリングは、深くくわえながら口をすぼめて、鳴らしたい音の穴だけに空気を吹き込み演奏する方法です。ジャズやポピュラーの演奏でよく使われます。

タングブロッキングは、口を大きく広げてハーモニカをくわえ、鳴らしたい音の穴以外を舌で塞いで演奏する方法です。ブルースやクラシック、フォークの演奏でよく使われます。

ハーモニカの演奏のコツ

腹式呼吸のトレーニング

息があがらないようハーモニカを演奏するには、腹式呼吸を心がけます。腹式呼吸をすると、横隔膜が肺を広げ、より多くの空気が使える状態になるため円滑な息継ぎと、演奏のコントロールがしやすくなります。コツは息を吐ききり、鼻から息を深く吸い込むことです。

舌、ほっぺた、のどのコツ

タングブロッキングの奏法において、舌は、音を出さない穴を防ぐという重要な役割を果たします。慣れない間は、舌を突き出す感じになり、歯がハーモニカに当たりやすいため、深くハーモニカをくわえて、舌を無理に前に出さないように心がけます。

ほっぺたは、演奏中はずっと空気の出し入れごとに動きます。力まずに自然に動くような状態で演奏するのがコツです。

のどは空気の流れを作る重要な器官です。十分な空気の流れを作るため、のどを広げて腹式呼吸を行いましょう。

音を美しく出すコツ

高音になるほどリードが短く、音が出にくくなります。高音を美しく出すためには強い空気の流れが必要で、のどの奥から安定した強い息を出すのがコツです。

また美しい低音を出すには、あくびをする時のように、のどを大きく広げた状態で吸う、吹くのがコツです。

ハーモニカ教室、ハーモニカレッスンの相場

大手音楽教室では1回60〜90分のレッスン時間で、レッスンの頻度は月2回程度、月額の料金は月額5,000円台〜6,000円台です。

個人の音楽教室のグループレッスン料金は、10ホールズハーモニカでは60分・月2回のレッスン料金の平均月額は4,500円です。クロマチックハーモニカは1回60分・月3回のレッスン料金の平均月額は5,000円です。

複音ハーモニカでは90分のレッスンも比較的多く、90分のレッスンの場合月2回のレッスン料金の平均月額は5,000円です。また60分のレッスンでは、月2回の平均月額は4,000円です。

ハーモニカ購入の相場、レッスンの際のレンタルの値段

ハーモニカは衛生上の面から、レンタルをしている教室はありません。体験入学のみで、その數十分だけ借りることができることはあります。定期的に、継続的にレッスンを行うときには自分のハーモニカを準備しましょう。