栃木県手すりの取り付け・設置工事のプロが近くに36人います

どちらで手すりの取り付け・設置工事業者をご希望ですか?

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

栃木県の手すりの取り付け・設置工事業者

㈱ハッピーハウジングは平成5年の会社設立当初より人にも環境にも優しい(人も住まいも健康長寿)住宅の新築工事、リフォーム工事を続けています。 室内には自然素材を多用し計画換気された、夏は涼しく、冬は暖かく、光熱費が安い高気密高断熱住宅・ゼロエネルギー住宅づくりを得意としています。

. . . (もっと読む)

株式会社シマジュー

ニューユーザー

誠意のある対応、アフターケア対応株式会社シマジューと申します。 環境に優しい太陽光発電を始め蓄電池や住宅設備、そして屋根工事を中心とした各種リフォームを行なっている会社です、お客様自身にメリットのあるご提案を行うことで、施工後に心からの喜びと感謝の声を生で頂けることが何よりもこの仕事が好きな理由です。

. . . (もっと読む)

吉田武志 (有)ヨシダクラフト代表取締役/一級建築士 栃木県宇都宮市で注文住宅建築とリフォーム・リノペションを行う工務店を経営しています。 「普遍的な外観で、長く快適に、省コストで暮らせる家」が良い家だと考えています。

. . . (もっと読む)

当店は、小規模ながらも数々の豊富な施工実績があり、その経験から多種多様なお客様へ安心した施工サービスを提供できます。お見積もりや現地調査は無料です。

. . . (もっと読む)

栃木・大田原・那須塩原・那須町で、注文住宅や新築、一戸建の建設を行っているTDホーム那須です。 ハウスメーカーや住宅展示場、工務店をお探しの方はご連絡くださいませ。

. . . (もっと読む)

私たちリアンコーポレーションは 平成17年に住宅リフォーム会社として創業した会社です。 現在では新築住宅、住宅リフォーム、 不動産、福祉介護、相続支援の仕事を 手掛けさせていただけるようになり、 新築住宅では二年連続で 全国一位という名誉ある賞をいただき、 住宅リフォームでは 外壁の塗装工事でも全国一位になることもできました。

. . . (もっと読む)

弊社製造方法は、他ユニットハウスメーカーが製造している規格ハウスとは違い、構造的に従来の建築方法と類似しています。多様なご要望に応えた製品を造り、お客様一人ひとりにぴったりな製品を提供させて頂く事をポリシーとしています。

. . . (もっと読む)

「住まいのリフォーム」という仕事を通して、お客様にとって安全で快適な住環境で、健康で幸せに暮らしていただける住まいづくりのお手伝いを行っております。

. . . (もっと読む)

FROM ART

ニューユーザー

内装工事を行うことで、大幅なリフォームまでしなくとも、お部屋の印象はがらりと変わります。長年のタバコの煙や手垢などでくすんだ壁紙の取替え、畳の和室を洋室へ変える、遮光のロールスクリーンへ変えるなどなど、まずはお気軽にご相談ください。

. . . (もっと読む)

実際の依頼例

栃木県における手すりの取り付け・設置工事業者の依頼例

手すりの種類

手すりには2種類あります。棒と金具を組み合わせるセミオーダー式の手すりと、用途に合わせて作られた既成品の手すりです。

棒と金具を組み合わせるセミオーダー式の手すりは、屋内の階段で多く使われます。棒や金具の色などを好みの組み合わせにできます。棒は手すりの握る部分になり、長さは数十センチから数メートルまで対応しています。金具は、棒を壁に取り付ける役目、棒と棒をつなぐ役目、もしくは曲がり角で棒を連結させる役目があります。

用途に合わせて作られた既製品の手すりは、トイレ用、浴室用、屋外用、介護用など用途に合わせた素材や長さで作られています。まっすぐな棒や、L字の形になっています。

手すりの取り付け・交換にかかる費用

手すりを新しく取り付けるのにかかる費用は、(手すり本体の費用+工事費用)の合計です。どのような手すりを何本、どこに取り付けるのかによって費用が変わります。手すり本体の費用は、シンプルなものは1万円以下〜屋外用の鉄製の手すりや屋内の飾り用手すりには数十万円するものもあります。工事費用も、1本だけの取り付けに1万円以下のこともあれば〜数十万円かかることもあります。

業者を使わず全て自分で手配・取り付けをする場合は、手すり本体の費用と、取り付けに使う工具や金具の費用のみがかかります。

業者に依頼する場合の工事費用は、手すりを取り付ける場所の素材や状態によって変わります。なんの知識もない、準備もしていないときはまず業者に見積もりに来てもらい、「壁の素材に問題がないか」「すぐに取り付けることができるか」を見てもらいましょう。

手すり取り付け工事の補助金

介護リフォームや、家族に障がいがある(障がい児がいる)ために手すりの取り付け手すりの取り付けをしたいときは、政府の補助金を受け取ることができます。自己負担1割と定められていますが、家庭の収入額や状況に応じて自己負担額なしで工事ができることもあります。

補助金は工事前に申請し、工事後の申請はできません。補助金が支給される工事の上限金額は20万円なので、補助金額は最大18万円(自己負担2万円)です。厚生労働省 老健局高齢者支援課が一部改正の通達も出しています(2018年8月現在)、申請するときは最新の情報を地方自治体の担当窓口に問い合わせましょう。

手すりの取り付け・交換の流れとかかる時間

業者に見積もりに来てもらい、手すりを取り付ける現場を確認し、工事内容を確定させます。見積もり前に現場の写真や、壁をノックして素材を確認する様子の動画などを送ると話が早いこともあります。

見積もり自体は1時間〜数時間で終わりますが、取り付けたい手すりの準備や取り寄せに、数日〜数週間時間がかかることもあります。取り付ける手すりが全て揃ったら、工事を行います。取り付け工事にかかる時間自体は、1時間〜数時間です。

手すりの役割

手すりは動作や移動を助けます。立ったり座ったりする動作、階段の上り下りの補助、階段や段差での滑り落ちることを防止する、暗闇での移動を補助する、窓からの転落を防止するなどの役割があります。

手すりの高さ

手すりの取り付け高さの目安には2つあり、大勢の人用には75〜80センチ、車椅子や背の低い人や子供用には60〜65センチが適しています。主に使用する人の身長と動作に合わせ、握りやすい高さで設置します。

手すりの形状

玄関とトイレの手すりは縦向きも横向きの両方、もしくはL字型の手すりを取り付けましょう。玄関での動作は、段差の上り下りと水平運動の両方が起こります。トイレでも座る〜立ち上がる、便座に腰掛ける動作が発生するため縦向きも横向きの両方、もしくはL字型の手すりが適しています。

洗面所から浴室にかけては、洗面所から浴室に入る時の洗面所の壁に縦向きの手すりを取り付けましょう。浴室内では浴槽の縁(へり)の部分に縦向きの手すり、浴槽内の移動に使う横向きの手すりがあると便利です。

ドア付近の手すりは、ドアの開く部分の横の壁に、縦向きの手すりを取り付け、ドアの開閉の際に左右どちらかの手で握れるようにします。また、ドアに行くまでの廊下などの壁には横向きの手すりを取り付けると、ドアまでスムーズに移動できます。