神奈川県小田原市手すりの取り付け・設置工事のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

神奈川県小田原市の手すりの取り付け・設置工事業者

普段は工務店の工事が主ですが、近年、直接のお客様が少しずつ増えてきており、実績とともにお客様の信頼も得ております。 お客様のライフスタイル・ニーズに合わせたプランニング・施工をし、『鈴木総建でやってもらって良かった』と言って頂けるよう、精一杯の努力をさせていただきます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

私たちスドウ工営は、地元密着で今までやってきて、皆様のおかげで、9年間やってくることができました。 もちろん施工の質に関しても常に上を目指し、多くの資格を取得するなどしてまいりました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

西湘ペイント株式会社は、建築塗装業、リフォーム業を営む会社です。主に外壁・屋根等の塗装工事、防水工事、リフォーム工事等を行っています。完全自社施工で、どこよりも安く・早く、質の高い技術で大切なマイホームが新築同然の明るいマイホームに生まれ変われる工事を行っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

チャーリーケアは、福祉用具の販売及びレンタルを行っている会社です。自立支援用品や介護用品の販売・レンタルの他に、住宅の改修工事も手掛けています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社イチテックは、事務用品販売を行っている会社です。主な営業品目は、太陽光発電システム・複写機・ファインセラミックステーショナリー等です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

有限会社下里住設店は、住宅リフォーム業者です。主に水道衛生工事、住宅設備工事、リフォーム工事、新築工事などを手掛けています。施工から管理までを、自社施工・自社管理で行っており、機械や労務コストを抑えることを可能にしています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

J・システム株式会社小田原営業所は設備工事の会社です。太陽光発電、オール電化の工事を行っています。生活スタイルやニーズに合わせた商品をアドバイスしています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社西山建築設計事務所は一般の住宅、マンション、店舗、官庁施設の新築からリフォーム、古民家再生まで幅広くの設計を行っている会社です。主に専用住宅・店舗・事務所ビル・集合住宅・保育園、幼稚園、老人ホーム・医院・官庁施設等の新築及びリフォームの計画、設計、管理業務、開発企画業務を行っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社滝沢住建は、総合建設業を請け負う会社です。一戸建て住宅を中心に設計・デザイン・機能性を兼ね備えたデザイナーズハウスを手掛けています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ダスキンサービスマスター西湘は、株式会社ダスキンの系列店舗です。ダスキンは創業期からフランチャイズビジネスを確立するとともに、その後の事業展開でも、常にフランチャイズビジネスの可能性を追求してきました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社ホリホームは、住宅設備、建築業を中心に活動している企業です。小田原市を中心に大井町・開成町 ・松田町・南足柄市の不動産情報を取り扱っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

タカラスタンダード株式会社は、住宅設備機器を製造する住宅機器メーカーです。主な事業内容は、システムキッチン、システムバス、洗面化粧台、トイレ、エコキュート 、ホーロー壁装材等の製造・販売です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

手すりの取り付け・設置工事業者をお願いしました

小田原市における手すりの取り付け・設置工事業者の依頼例

よくある質問

手すりの取り付け・設置工事の料金はどのくらいかかる?

手すりを新しく取り付けるのにかかる費用は、(手すり本体の費用+工事費用)の合計です。どのような手すりを何本、どこに取り付けるのかによって費用が変わります。手すり本体の費用は、シンプルなものは1万円以下〜屋外用の鉄製の手すりや屋内の飾り用手すりには数十万円するものもあります。工事費用も、1本だけの取り付けに1万円以下のこともあれば〜数十万円かかることもあります。

業者に依頼する場合の工事費用は、手すりを取り付ける場所の素材や状態によって変わります。なんの知識もない、準備もしていないときはまず業者に見積もりに来てもらい、「壁の素材に問題がないか」「すぐに取り付けることができるか」を見てもらいましょう。

手すりの取り付け・設置工事の依頼における注意点は?

介護リフォームや、家族に障がいがある(障がい児がいる)ために手すりの取り付け手すりの取り付けをしたいときは、政府の補助金を受け取ることができます。自己負担1割と定められていますが、家庭の収入額や状況に応じて自己負担額なしで工事ができることもあります。補助金は工事前に申請し、工事後の申請はできません。補助金が支給される工事の上限金額は20万円なので、補助金額は最大18万円(自己負担2万円)です。厚生労働省 老健局高齢者支援課が一部改正の通達も出しています(2018年8月現在)、申請するときは最新の情報を地方自治体の担当窓口に問い合わせましょう。

手すりの取り付け・設置工事を依頼する流れは?

どのような手すりとをどこに取り付けたいのか、手すりを利用する本人と、手すりを利用する家族をサポートする人の目線で考えましょう。手すりには2種類あります。棒と金具を組み合わせるセミオーダー式の手すりと、用途に合わせて作られた既成品の手すりです。

棒と金具を組み合わせるセミオーダー式の手すりは、屋内の階段で多く使われます。棒や金具の色などを好みの組み合わせにできます。棒は手すりの握る部分になり、長さは数十センチから数メートルまで対応しています。金具は、棒を壁に取り付ける役目、棒と棒をつなぐ役目、もしくは曲がり角で棒を連結させる役目があります。用途に合わせて作られた既製品の手すりは、トイレ用、浴室用、屋外用、介護用など用途に合わせた素材や長さで作られています。まっすぐな棒や、L字の形になっています。

よくわからない場合は、率直に「よくわからないのでアドバイスが欲しい」と、アドバイス含めた見積もり請求を業者に依頼しましょう。多くの業者が初回の現地調査含む見積もり作成は無料で行ってくれます。最低でも2社には見積もりを依頼して、比較した上で仕事を依頼する1社を確定します。手すりを取り付けてもらい、支払いを済ませたら完了です。

手すりの取り付け自体は数時間で終わることがほとんどですが、手すりを取り付ける壁の具合や、取り付けてほしい手すりの在庫がない場合はメーカー取り寄せなどを行うため、時間がかかることがあります。

手すりの取り付け・設置工事業者の選び方は?

有資格者がいるリフォーム会社は、自社施工をしている事業者と判断することができます。リフォーム業を営む時に、法律的には資格や免許は必要ありません。正確に言うと、請負金額500面円未満の工事は、法律的に資格も免許も不要です。そのため、施工を依頼しようとしている業者は自分たちで施工をするのか、営業担当者だけなのか、職人は自社雇用なのか質問してみましょう。

業者の保有する資格については、建築業許可・建築士・建築設備士・施工管理技士・増改築相談員・マンションリフォームマネジャー・インテリアコーディネーター・インテリアプランナー・福祉住環境コーディネーターなどの資格を持っている社員を有しているリフォーム会社は安心していると言えるでしょう。

その他気を付けるべきポイントは?

バリアフリーリフォームには申請すれば助成金を受け取ることができます。費用負担が少なくて済むのです。そのため介護リフォームとして手すりを取り付ける時には、自治体に確認してリフォーム補助金などの申請方法を調べましょう。業者に聞いても良いでしょう。