鳥取県墓じまい・改葬のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

鳥取県の墓じまい・改葬業者

グリーン企画浜本 □代表取締役 浜本 純一 □許認可番号:≪建築・造園・土木・舗装≫鳥取県知事許可般27第5343号 【事業内容】 ■重箱緑地指定管理者 ■建築・造園・土木・舗装 ■増改築・リフォーム工事 ■建築塗装工事 ■エクステリア工事 ○門柱 ○門扉 ○伸縮門扉 ○レンガ門柱 ○ブロック ○フェンス ○ガレージ ○カーポート ○アプローチ ○シャッター ○オーバードア ○表札(レザー・ガラス・セラミックなど) ○門灯 ○駐車場新設・増設 ○玄関前のバリアフリー ○水はけ・車の乗り入れ ○珪藻土を取り入れたナチュラルテイストの素材 ○レンガ・化粧ブロック・タイル・コンクリ…

. . . (もっと読む)
詳細を見る

-石材の企画・設計・加工・施工・販売をトータルプロデュース!- 兼田石材は自社で企画・設計・加工・施工・販売をトータルで行うことができるのが最大の強みです。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

未来永劫、愛されるお墓造りをめざして、 日々精進の朝倉石材工業です。 墓石の設計、施工、墓地の造成、リフォームのほか、 灯籠、記念碑など石材工事一式承ります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

有限会社高橋石材店 1.墓石・灯籠等の加工・販売 2.墓地・霊園の造成・設計・施工(墓地基礎工事、墓地移転工事) 3.記念碑等石材加工および石材工芸品の製造・販売 4.建築・環境整備用石材の加工・販売 5.石工事、土木工事一式 実績とまごころでご奉仕 古くからの習慣や因習を引き継ぎ、守っていきたい方々のお墓 又、故人の供養というより、自分の死後の住居!という想いからの デザイン墓まで、多様なニーズにお応えします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

墓じまい・改葬業者をお願いしました

鳥取県における墓じまい・改葬業者の依頼例

よくある質問

墓じまい・改葬の料金はどのくらいかかる?

墓じまいにかかる料金は、数十万円〜です。魂抜きは墓石を解体する前に墓石に宿った魂を抜いてあげる大切な儀式です。墓じまいする場合に、ほとんどの方が魂抜きを行っています。価格はお寺ごとに設定されていますが、相場は約1〜5万円程度です。

離壇料はお世話になったお寺に感謝を表すものでもあり、お付き合いの年数やお寺の格によってさまざまです。相場は3〜20万円程度で、魂抜きとセットの場合もあります。

墓石の撤去は約10〜30万円程度が相場です。1平方メートルあたり10万円が目安とされています。また重機が入れないなどの理由で人の手で運ぶときは、さらに費用が追加されることもあります。

遺骨は古いものもあるので骨壺を交換したり乾燥させたりしてメンテナンスを行います。散骨する場合は粉骨を行い、自宅供養では真空パックに詰めるなどします。費用は1体につき1万円から2万円程度が相場です。

改葬にかかる料金も安価ではありません。必要書類である改葬許可証を取得するための受入証明書と埋葬証明書に、数百円程度、多くても数千円の費用が必要です。また改葬せずに手元供養や散骨をする場合でも、埋葬証明書が後から必要になることもあるのでもらっておきましょう。

新しいお墓の購入費用は50万円以下から300万円以上までと、場所や広さによってもさまざまな違いがあります。

納骨堂の料金は平均で10〜100万円程で、場所によっては一人用で50万円、家族用で100〜200万円程度が目安です。また年間の管理費として5,000〜20,000円程度支払わなければならない場合もありますが、後継者がいなくなった時にそのまま永代供養に切り替えられるなどの特徴もあります。

永代供養は継承者がいない場合によく用いられ、はじめに費用を支払ってしまえば、その後の管理をお願いできます。永代供養の相場は10〜150万円程度です。親族に迷惑を掛けずに済むので永代供養を選ばれる方も増えています。

樹木葬はお墓を持たず、樹木を墓標として下に遺骨を埋葬する方法です。子どものいない夫婦や後継者がいない親族などから、散骨と共に注目されています。樹木葬の相場は5〜80万円程度で、個別型か集合型かによっても相場が変わります。

新しいお墓に遺骨を埋葬する時は、前のお墓で魂抜きを行っているので、今度は魂入れを行います。おおよその相場は1〜5万円程度です。

墓じまい・改葬の依頼における注意点は?

いつまでに古い墓を墓じまいして、いつまでに新しい場所に改装をしたいのかをまず親戚や家族と話し合います。親戚や家族と話がまとまったら、専門業者に相談をしましょう。親戚や家族と、改葬後の新しい場所と供養方法について話し合いをしましょう。墓参りを続ける子供達がいるのか、場所は適切か、子供達がいない場合は永代供養を依頼するのかを決めます。

墓じまい・改葬を依頼する流れは?

墓じまいをしたい、と思ったタイミングで「墓じまいで、しなければならないこと」を理解するためにも、最低でも3箇所程度に問い合わせをして「無料見積りや無料相談」を受けましょう。3社分ほど相談をすると、やらなければならないことがなんとなく理解できます。各社が請け負ってくれる仕事の内容と金額を比較して、1社に決定しましょう。1社に決定したら契約書を交わし、内容や支払い条件を確認して、全てが無事に終了したら完了となります。

墓じまい・改葬業者の選び方は?

金額が極端に安すぎたり高すぎない業者、また、墓石の解体を石材屋ではなく解体屋など「専門家ではない外注先に依頼している業者」を避けて実績のある業者を選びましょう。墓じまいや改装に限らず、どのような仕事でも、実績があり口コミや評判のある業者は仕事の質が安定している傾向にあります。

見積り金額が極端に安すぎる業者は、わかりやすい説明や工程の部分の金額だけを説明して、他の項目も必ず行わなければならないにもかかわらず「追加費用」「追加料金」としてかさんで行き、結局相場と同じ程度の料金になり、「別に安くはなかった」ということも起きます。逆にこの手法で、「追加料金が増えて相場よりはるかに高くなる」ということも。他社と比較して値段が極端に異なる業者には、なぜその理由なのか、確認しましょう。さらに、たとえ多少急いでいる状況でも「急いでいる」ことを見せない、もしくは見せることで業者の意見や対応を確認することもできます。

その他気を付けるべきポイントは?

かかる時間と期間に気をつけましょう。墓じまいは手続きや業者が見つけられるかなどによって差がありますが、おおよそ1ヶ月前後と考えましょう。すぐに書類が準備できて、墓石を撤去してくれる業者が決まっていればそれだけ期間は短くて済みます。

改葬する場合は改葬先が決まっていないと墓じまいはできません。ただし手元供養や散骨をする場合は改葬の必要がないのですぐに墓じまいを始められます。

墓じまいはそのものは1ヶ月程度で終わるところが多いですが、中には1年程度かかる場合もあります。これは親族との話し合いの時間や、新しい改装先が決まるのに掛かる時間なども含まれます。

改葬は墓じまいを考え始めてから完了するまでに、おおよそ3ヶ月から6ヶ月は必要です。また親族などの話し合いがまとまらないと1年以上かかる場合もあります。

改葬場所が決まってからは、申し込みから許可までは10日ほどですが、新しくお墓を作るのにさらに1〜2ヶ月程度かかります。準備がすべて終わるまでにかかる期間は3ヶ月程度見ておきましょう。改装は墓じまいに比べるとある程度の期間が必要です。親族との話し合いから始まって新しいお墓に引越しが終わるのには長い時間がかかります。