山口県柳井市フェンス・門扉・塀のリフォーム工事のプロが近くにいます

どちらでフェンス・門扉・塀のリフォーム工事業者をご希望ですか?

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

山口県柳井市のフェンス・門扉・塀のリフォーム工事業者

内装リフォーム(クロス、フローリングの張替え)、外装リフォーム(外壁塗装、サイディング、外構エクステリア)、店舗リフォームのことならテンマ建総にお任せ下さい。

. . . (もっと読む)

解体から処理までをサポートさせていただきます。 解体の方法や、解体によって出る産業廃棄物の処理やリサイクルの仕方など、お客様のお困り事に対応させていただきます。

. . . (もっと読む)

三つの和を育む三和塗装興業株式会社 ■お客様との話■ ■社員との輪■ ■地域との環■ 3つの企業理念をモットーに、お客様のご要望にお応えしております。

. . . (もっと読む)

清掃・衛生用品のレンタル・販売、プロのお掃除サービス、害虫獣の駆除&予防管理、便利な家事代行サービス、庭木のお手入れサービス、ユニフォームのリース&クリーニング、自然派化粧品と健康食品の販売、天然水・コーヒーの定期宅配サービス、配置ドリンクサービス、水耕生活(水耕栽培サービス)を承っております。

. . . (もっと読む)

ファノスは山口県で地域に根差した街づくりをモットーに都市開発をしている不動産会社です。住んでいる人に幸せをもたらす、そんな都市開発を進めております。

. . . (もっと読む)

実際の依頼例

柳井市におけるフェンス・門扉・塀のリフォーム工事業者の依頼例

門のリフォームの種類

開閉式

ドアを開くように押し開くようなタイプの門を、開閉式の門扉といいます。前後に開くつくりをしているため、門が開く位置まではスペースを確保する必要があります。手動で押し開くタイプと電動タイプがあり、ライフスタイルに合わせて選べるのが特徴です。

一つの扉で開く片開きタイプと、二つの扉を開く両開きタイプがあります。二つ扉の場合は左右が均一になっているものが一般的ですが、あえて左右の大きさを変えている親子扉とよばれるタイプも存在します。

スライド式

スライド式の門は引き戸門ともいい、引き戸ドアのように横にスライドさせて開閉する門です。開いた後でも場所をとらないので、敷地が限られている人や、門の前がすぐ道路になっているような家に多く採用されています。片開きと複数扉があり、設置幅が広くなるほど扉の枚数が増えます。

塀・フェンスのリフォームの種類

生垣

古くから塀として活用され、生活空間にさり気なく緑を添えられる自然な目隠しとして人気があります。植物で境界線を隔てるので圧迫感がなく、視線を優しく遮ってくれます。ブロックやレンガなどの塀と違い柔らかな雰囲気がありますが、生きている植物なので手入れが必要です。

壁(フェンスも含む)

塀の中でもっとも種類が豊富なものは、壁やフェンスです。見た目だけでなく素材もさまざまなものから選べます。

ブロック

コンクリートブロックを使用したブロック塀は、非常に頑丈かつ施工しやすさが特徴ですが、強度に問題があると地震などで破損、倒壊してしまう恐れがあります。

門のリフォームの費用相場

開閉式

取り付ける門の代金だけでなく、工事費用が含まれていることがほとんどです。既存の門柱をそのまま使用して門扉のみ交換する場合は、門扉代金+約2~3万円程度です。門柱も新しいものに変えると工事費用は約10~15万円程度になります。

既存の門とは異なるタイプの門に変更したい、サイズの異なる門扉に替えたいという場合は、塀を一部取り壊したり作り直したりする必要があるため、最低でも20万円程度はかかると見積りましょう。

スライド式

スライド式の門扉は、開閉式門扉よりもリフォーム費用が若干高くなります。門扉自体の費用も高いため、工事費込みで約15万円〜程度は見ておきましょう。サイズが大きな門扉を取り付ける場合は約30~50万円程度です。

塀・フェンスのリフォームの費用相場

生垣

費用は生垣の設置幅によって変動するだけでなく、希望の樹木と、樹木の成長サイズ(高さ)によっても違ってきます。以下に実際の造園業者が施工した施工例を載せておくので、参考にしてください。

例1として、幅5メートル、高さ1.5メートル、植物の種類はドウダンツツジで、費用は8万円程度です。として、例2として、幅3メートル、高さ2メートル、植物の種類はカイヅキイブキ、費用は2万円程度です。

ブロック塀よりも地震や台風などに強い生垣は、各行政から補助金が出ます。(2018年9月現在)道路に面した場所に設置する場合に限られますが、事前に申請すると生垣設置補助金がもらえます。活用しましょう。

壁(フェンスも含む)

塗装のしなおし程度であれば低費用で行えますが、古いものと取り換える場合には壁やフェンスの撤去費用もかかります。生垣やブロック塀からフェンスに取り換える場合も撤去費用がかかります。

例1として、幅8メートル、施工内容は生垣撤去からフェンス取り付けで、費用は約100万円程度です。例2として、幅は7メートル、施工内容はブロック塀からアルミフェンスの取り付けで、費用は約50万円です。

ブロック

ブロックは、ひび割れの補修や塗装だけであれば低費用のリフォームが可能です。例1として、幅は6メートル、高さは1.3メートル、施工内容は古いブロック塀撤去から新ブロック塀取り付けで、費用は約40万円です。例2として、幅は2メートル、高さは80cm、施工内容は古いブロック塀撤去から新ブロック塀取り付けで、費用は約15万円です。例3として、幅は6メートル、高さは1.2メートル、施工内容はクラック補修とモルタル塗り、費用は約18万円です。

リフォームにかかる時間・期間

例えば門柱はそのままに、門扉のみを交換する場合は即日で施工が完了することもあります。簡単な交換であれば2~3日、撤去や基礎工事を必要とする場合は5~10日ほどかかります。

塀・フェンス

塀やフェンスのリフォームは早いと即日、長くかかるものだと5日程度かかります。コンクリートを使用することが多く、雨の日は工事ができなくなることを計算に入れておきましょう。