北海道ガレージ・カーポート工事のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

北海道のガレージ・カーポートの施工事業者

地域密着の技術のコンビニを目指します。サークルフェロー(同)は、住宅外部中心のリフォーム専門の会社です。 地域密着で、各工事を知り尽くしたプロ技術者の直営 20年以上の技術者のつながりでの販売施工の為、信頼関係が深く、しっかりした施工をお客様にお届け出来る 営業マンのいないダイレクト施工の為、お客様の意思が直接工事に反映され、より安くよりいいものをお届けできる。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

有限会社三晃緑地

5.0
starstarstarstarstar
ニューユーザー

「株式会社三晃緑地」の石郷でございます。 設立から34年、札幌を中心に北海道での造園/リフォーム業を展開しております。 是非、お客様のご要望にお答えさせていただけたらと思います。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

T工業

5.0
starstarstarstarstar
ブロンズ

エクステリア施工年間200件以上やってます!【メッセージ頂いたお客様テリオスポートⅢ6本柱2台用工事費込税込53〜58万円でご提供致します!】 見積もり徹底対抗致します! ガレージ、カーポート、物置等の施工を7年修行した後に開業致しました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

(株)スマイルホーム

4.3
starstarstarstarstar
ブロンズ

当社は1968年5月1日に創業し、今年で50周年を迎えます。 私の父親で一代目の創業者水口豊治から受け継ぎ、一般住宅の新築・リフォームを行なって参りました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社大道工業

0
ニューユーザー

私共は、地域顧客満足度NO.1を目指す住宅リフォーム専門店です。自社施工をモットーに住宅に関する事なら何でも承りますのでお問い合わせください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社日成ハウジングでは、札幌市を中心に建築屋リフォームに関する仕事をしております。住まいに関するお困りごとやリフォームの問い合わせなどは、お気軽にご連絡ください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

平成2年創業、北海道札幌市白石区に所在し、冷暖房空調、給排水衛生設備設計施工、リフォーム全般を長年の施工経験と技術のご提供を行なっている株式会社エーエム工業です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

K’sカンパニー

ニューユーザー

旭川市の頼れる便利屋旭川の便利屋K'sカンパニーは引っ越し・遺品整理・不用品回収・リサイクル回収・除排雪作業・リフォーム・解体作業などお客様が「やって欲しい」と思われたことは全て行わせて頂きます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

1985年4月(昭和60年)創業、北海道白糠郡白糠町に所在し、北海道の道東(釧路・帯広)でエクステリアやガーデニング、家の外構工事などのお庭の設計・施工を行っている専門店、末広緑化造園株式会社です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

リフォーム倶楽部とは、帯広・十勝の工務店「ホーム創建」が手掛けるリフォーム部門の名称です。 お客様の「ご要望」「現在ご不満な点」「ご予算」をよくお聞きし、お客様の立場で親身になって納得のいくご提案。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社エクステリアウォールはリフォームをはじめ内装・外装の工事を主な業務として日々技術や知識を磨いております。 リフォームというのは通常、部分部分を少しずつリフォームしていきます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

北海道札幌市を拠点に、デザイナーズリノベーション、太陽光発電・蓄電池を取り入れたZEHリフォーム、インパクトのあるデザイナーズガーデンプロデュースを行っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

ガレージ・カーポートの施工事業者をお願いしました

北海道におけるガレージ・カーポートの施工事業者の依頼例

よくある質問

ガレージ・カーポート工事の料金はどのくらいかかる?

ガレージ・カーポートを新しく設置するときにかかる料金は、工事費用・新しいガレージやカーポート本体の費用・工事で出た土を処分する費用です。カーポート工事は基本料金として約4万円~13万円です。カーポートの種類によって異なり、工事費が実質無料となるキャンペーンが実施されることもあります。ハツリ工事をすると約16,000円~2万円の費用追加、屋根素材の切詰め工事をすると約8,000円~120,00円の追加です。新しいカーポート本体の費用は、人気のカーポートの料金は車一台分のスペースで約23万円~33万円、車二台分で約38万円~58万円です。風圧や積雪に対して強度が高いものを選ぶと、価格も上がります。会社によって、工事などと抱き合わせで割引サービスが適用されることもあります。新しいカーポートの工事費用は基本料金として約4万円~13万円。カーポートの種類によって異なり、工事費が実質無料となるキャンペーンが実施されることもあります。ハツリ工事をすると約16,000円~2万円の追加、屋根素材の切詰め工事をすると約8,000円~12,000円の追加です。工事で出た土を処分する費用は約5,000円~16,000円です。

古くなったガレージ・カーポートを交換する費用は、古いものの撤去費用・古いものの処分費用・ガレージやカーポート本体の費用・工事で出た土を処分する費用です。古いカーポートの撤去費用は一台駐車スペースの大きさで約25,000円程度、二台分で35,000円程度です(カーポートの種類やサイズによる)。古いカーポートの処分費用は工事で出た土を処分する費用とまとめられることもあり、ガレージやカーポート本体の大きさや素材や状態よって変わることもあります(例えば、壊れていないものの場合は、解体費用など)

ガレージ・カーポート工事の依頼における注意点は?

新しいガレージ・カーポートを選ぶ時のポイントは3つ、耐久性・耐用年数、サイズ、デザインです。全てがうまく予算と希望に合うものを選ぶ必要があります。耐久性・耐用年数は、かなり過酷な環境でなければ10~20年程度の耐久年数があります。海の近くや風が強い地域など設置場所によって気候や地域特性が異なるためカーポートの状態にも差が出ます。劣化しやすいのは屋根材です。昔は台風で壊れやすいアクリル板でしたが、最近はポリカーボネート素材が主流となり非常に強くなっています。それでも昨今のぎゅう劇な天候の変化により壊れることもあるでしょう。サイズは、車のサイズだけでなく、ドアの開閉やルーフへの積荷、人の通るスペースを考慮しましょう。敷地サイズに合わせ広くとった方が使い勝手がよく、柱を敷地の隅に立てられるため敷地を有効に使えます。デザインは直線か曲線かのフォルムと、屋根素材によってイメージが大きく変わります。玄関ドアや窓サッシ、フェンスなどと色や素材感を揃えることもできるため、カーポート単体でなく建物とのバランスを考えて選ぶと住まい全体のデザイン性が高まります。

ガレージ・カーポート工事を依頼する流れは?

ガレージ・カーポートを新しく設置するときの流れは以下です。いくつかの見積書や業者を比較して工事を依頼する業者を決め、新しく設置するガレージ・カーポートを決め、柱を立てるための柱穴を掘削します。その場所にコンクリートがある場合はコンクリートを割るためハツリ工事をします。新しいカーポートを設置するために、掘った穴に柱を立てモルタルを流し込み、モルタルが固まり柱がしっかり固まるまで時間をおき、梁やフレームなどの骨組みを組み立てて屋根パネルを設置し、ビスを本締めして設置状態を最終チェックし、雨樋を取り付けて完成です。

古くなったガレージ・カーポートを交換するときの流れは以下です。いくつかの見積書や業者を比較して工事を依頼する業者を決め、新しく設置するガレージ・カーポートを決めます。古いカーポートを撤去するために、屋根部分から解体します。柱は地面との境でカットし、地面中の柱は掘り起こさずにモルタルで埋めます。ここから以降は、新しく設置するときの流れと同じです。

その他、土からコンクリートへの敷き替えやスペースに合わせた屋根パネルの幅や奥行きの切詰め加工、洗濯物干しや照明などのオプション設置などの工事が発生したり、依頼することができます。

ガレージ・カーポート工事業者の選び方は?

ガレージ・カーポートメーカーで付帯工事を依頼することもでき、メーカー経由の工事は業者も場数を踏んでいて、工事に慣れている可能性が高いです。また従来からの大工・工務店はリフォーム全般を得意としていますが、ガレージ・カーポート工事など部分リフォームは、その会社の得意とする分野を依頼しましょう。リフォーム業界には塗装・水道工事展・建具店だけでなく、ハウスメーカー系列のリフォーム専門業者、住宅設備機器販売店、インテリア業界、燃料業界、ホームセンターなどが参入しています。「どこの部分をリフォームするのか」によってその会社それぞれの得意分野が異なります。

その他気を付けるべきポイントは?

古いカーポートは、柱や梁などのアルミ素材はリサイクル、屋根パネル含めその他の部分は廃棄物として分別処理されます。この処理過程や手間を考えると、処分に費用がかかることは納得できるのではないでしょうか。昔は様々なものを気軽に捨てることができていましたが、昨今は、何かを処分するためにも処分費用がかかることが普通です。