undefined家具修理のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

鳥取県の家具修理業者

2002年(平成14年)4月創業、鳥取県米子市に所在し、快適な暮らしのためのリフォーム提案や施工、住宅全般の修理改善を地域の方々に喜んで頂ける会社作りを目指しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

LIXILのリフォームチェーンに加盟しており、全面改装や内装・水廻り・屋根・畳・ 襖・網戸の修繕や介護リフォームなど幅広く承ります。 お客様第一主義をモットーに、おひとりおひとりのお客様に最適なプランをご提案させていただきます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

建築工事、解体工事、承ります。 1.建築工事:お客さまの多様なニーズにお応えできる完全注文住宅です。 2.解体工事:木造家屋の解体、工場・ビルの解体、内部造作解体工事。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

書院障子、水腰障子、吹寄障子、雪見障子、仏壇障子、夏障子、クラシックドアなどを中心にサービスを行なっております。 重ねて、木製家具などの注文も承っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

≪オーダーカーテン≫ 実際のお家で楽しく試着、失敗しないカーテン選び。 ◎約2000点の完成形カーテンサンプルをご自宅で自由に試着できる カーテンサンプルのレンタルサービスを行っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

★屋根工事・板金工事 屋根葺替・カバー工法(和瓦・洋瓦・軽量瓦・ガルバリウム瓦・コロニアル・鋼板ー角波・Kスパン・リブナミ・波板他)・喰修理(鬼首・面土他)・瓦止めシーリング・瓦差し替え・屋根雪止(パイプ・アングル・雪止板・ネット)・雨樋(清掃・取替)・雨漏修理 ★塗装工事 外壁(ALC・木部・鉄部他)・屋根 ★外壁工事 サイディング(金属系・窯業系)・木版・ひび割れ修理・波板張替(ポリカ・トタン・ビニール) ★外構工事・エクステリア工事 ブロック積・土間コンクリート打設・タイル張り・門扉・フェンス・カーポート耐雪角柱 ★内装工事 壁・天井クロス張替・床工事(フローリング・C.F・カーペ…

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

家具修理業者をお願いしました

鳥取県における家具修理業者の依頼例

よくある質問

家具修理の料金はどのくらいかかる?

木製品の天板の修理を業者に依頼する場合の料金の例です。小さな傷であれば、ピンポイントの簡易塗装で約2,500円程度です。塗装面の剥がれやシミが目立たなければ、ウレタンクリアラッカー仕上げで約26,000円程度(0.9m×1.8mサイズ)です。塗装面の剥がれやシミが目立つようであれば、同系色のウレタンラッカーで上塗りをして約33,000円程度、ダメージがひどく表面の剥離をするようであれば約45,000円程度です。運賃は含みません。

椅子やソファの汚れや生地の損傷が目立つダイニングチェアの座面と背面の張替えを業者に依頼する場合の例です。ビニルレザーまたは布張りは、1脚約3,000円程度(生地縫製なし)、約5,000円程度(生地縫製あり)、背面を含めた全体の張替えは約12,000円程度です。なお、この料金例は3~4脚を一括注文するときのものです。ソファの生地は本革、合成皮革、布がありますが、生地の種類によって張替え料金は極端に変わります。また生地それぞれにもさまざまなタイプがあり、料金は個別見積が基本ですが、相場は生地を問わず2人掛けソファで約12万円程度です。なお、購入したソファメーカーに直接依頼をすると業者へ依頼するよりも安くなることがありますが、安価で大量生産の家具店で修繕を受け付けている企業は数少ないです。

革製2人掛けソファの再塗装を業者に依頼する場合の例です、軽い汚れ落としのクリーニングで約15,000円程度、再塗装が約10万円程度(いずれも出張費込み)です。張替えは約12万円程度の相場です。ソファ以外にも、ダイニングチェアには座面と背面に革を張ったものがあります。この座面の革の張替えは1脚約10,000円程度、背面付きは約20,000円程度です。

家具修理の依頼における注意点は?

家具修繕の料金は、いずれも送料や運賃は含みません。それでも簡単に捨てるのは、もったいないことです。修繕して使い続けることができるような良質な木材や骨組みの家具は、数千円、数万円で購入できないものも多数あります。安価な量販店家具は、合板やプラスチックなどが多用されており、到底修繕して使い続けることができるような品質ではありません。修繕に数万円かかっても、修繕ができるような高品質な家具に買い換えるためには数十万円かかると考えると、家具修繕にかかる金額はわずかだと考えることもできます。安易に買い換える前に、家具の修繕を前向きに検討しましょう。

家具修理を依頼する流れは?

急がない場合は数社に見積もりを依頼して、見積書を比較しましょう。見積書に往復の送料など、かかる費用は全て明記してもらいます。また、修繕にかかる日数も確認しましょう。1社に決めたら支払い条件を確認、家具を梱包して発送し、修繕作業が終わって戻ってきたら終了となります。

家具修理業者の選び方は?

これまでの修繕実績、これまでに似たような家具の修繕をした経験があるかなどを確認するといいでしょう。塗装を全て落として完全に塗り替えるなど、印象がガラリと変わるような修繕やリフォームを依頼する場合は、修繕後やリフォーム後のイメージを詳しく説明してもらったり、完成後の姿としてイメージのつきやすい類似品などを見せてもらいましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

家具の修繕には数万円かかることもありますが、数万円で代々伝わる大切な家具や、家族が親戚が大切にしていた家具などを使い続けることができるのであれば、高い出費ではないかもしれません。また、どうしても不要な家具や遺品整理や実家の片付けなどで古い家具が出てきたときに、あなたに時間があり、家具は車で持ち運べるような大きさのものであれば、修繕をして誰かに譲ったり、フリーマーケットで販売したり、リサイクルショップに持ち込むことも検討してみましょう。年季の入ったもの、デザインが秀逸なもの、状態のいいものなどは買い手がつくこともあります。