沖縄県家具修繕のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

沖縄県の家具修繕業者

トータルインテリアショップパティオンは沖縄県石垣市にあるインテイリア雑貨店です。営業時間は営業日、」営業時間は火~日曜日の11:00~18:00で月曜日が定休日です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

現在のレベル

ニューユーザー

無垢の木を使った家具や雑貨を製作販売をしています。 化粧板を使った店舗家具、ディスプレイ棚カウンターなども製作いたします。店舗のディスプレイやカウンター、新築住宅の造り付け家具の製作。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

家庭用品、旅行用品、映像・音響機器、パーティー・催物用品、事務用品、医学会・国際会議用品療養用品など、2,000種以上の商品をレンタルしています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

内装仕上工事・クロス張り・床工事・タイルカーペット・クッションフロア・襖や障子の張替えなどをはじめ、 インテリアプランニング・オーダーカーテン・ブラインドなども取り扱っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

輸入住宅の設計、施工、アパート、マンションの設計、施工、一般個人住宅の設計、施工、商業建築の設計、施工、増改築工事施工、各種インテリア工事施工を致します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

快適な住まいづくりのために水回りから、内装、外装、リフォームなどドア一枚かあら承ります。 家族の成長と共に間取りを変更したい、バリアフリーにしたいなど何でもお気軽にお問い合わせください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

■屋内・屋外看板企画・設計・施工・管理 一般看板・大型看板・野立看板 屋外広告・LEDチャンネル文字 LED電光掲示板・横幕・ステ看板 etc… ■商業施設開発・店舗内装・外装・改装 【業務内容】 屋内・屋外看板企画・設計・施工・管理 (一般看板・大型看板・野立看板・屋外看板・ LEDチャンネル文字・LED電光掲示板 etc…) 商業施設開発・店舗内装・外装・改装 総合建設業 沖縄県知事許可 第8948号 屋外広告業届出事業所 第58号。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

秋ドレープは、お客様のご要望を伺って、 専門家としての幅広い商品知識から、 もっともご要望に適う商品をご紹介します。 ≪会社概要≫ 会社名 秋ドレープ 各種認可 日本消防認可 第197号 認定番号E-47 14128 沖縄県経営革新計画承認 第20号 所在地 沖縄県南城市大里古堅928-1 電話/FAX 098-945-3536 代表 新垣庸一 業務内容 ★窓装飾:オーダーカーテン、シェード、ロールスクリーン、ブラインド、 縦型ブラインド、タッセルアクセサリー装飾レール、カーテンレール、 ガラスフィルム、舞台幕、部品交換、修理、販売、施工 ★間仕切り:アコーディオンドア、簡用パネルドア販売…

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

沖縄県における家具修繕業者の依頼例

よくある質問

家具修繕の料金はどのくらいかかる?

木製品の天板の修理を業者に依頼する場合の料金の例です。小さな傷であれば、ピンポイントの簡易塗装で約2,500円程度です。塗装面の剥がれやシミが目立たなければ、ウレタンクリアラッカー仕上げで約26,000円程度(0.9m×1.8mサイズ)です。塗装面の剥がれやシミが目立つようであれば、同系色のウレタンラッカーで上塗りをして約33,000円程度、ダメージがひどく表面の剥離をするようであれば約45,000円程度です。運賃は含みません。

椅子やソファの汚れや生地の損傷が目立つダイニングチェアの座面と背面の張替えを業者に依頼する場合の例です。ビニルレザーまたは布張りは、1脚約3,000円程度(生地縫製なし)、約5,000円程度(生地縫製あり)、背面を含めた全体の張替えは約12,000円程度です。なお、この料金例は3~4脚を一括注文するときのものです。ソファの生地は本革、合成皮革、布がありますが、生地の種類によって張替え料金は極端に変わります。また生地それぞれにもさまざまなタイプがあり、料金は個別見積が基本ですが、相場は生地を問わず2人掛けソファで約12万円程度です。なお、購入したソファメーカーに直接依頼をすると業者へ依頼するよりも安くなることがありますが、安価で大量生産の家具店で修繕を受け付けている企業は数少ないです。

革製2人掛けソファの再塗装を業者に依頼する場合の例です、軽い汚れ落としのクリーニングで約15,000円程度、再塗装が約10万円程度(いずれも出張費込み)です。張替えは約12万円程度の相場です。ソファ以外にも、ダイニングチェアには座面と背面に革を張ったものがあります。この座面の革の張替えは1脚約10,000円程度、背面付きは約20,000円程度です。

家具修繕の依頼における注意点は?

家具修繕の料金は、いずれも送料や運賃は含みません。それでも簡単に捨てるのは、もったいないことです。修繕して使い続けることができるような良質な木材や骨組みの家具は、数千円、数万円で購入できないものも多数あります。安価な量販店家具は、合板やプラスチックなどが多用されており、到底修繕して使い続けることができるような品質ではありません。修繕に数万円かかっても、修繕ができるような高品質な家具に買い換えるためには数十万円かかると考えると、家具修繕にかかる金額はわずかだと考えることもできます。安易に買い換える前に、家具の修繕を前向きに検討しましょう。

家具修繕を依頼する流れは?

急がない場合は数社に見積もりを依頼して、見積書を比較しましょう。見積書に往復の送料など、かかる費用は全て明記してもらいます。また、修繕にかかる日数も確認しましょう。1社に決めたら支払い条件を確認、家具を梱包して発送し、修繕作業が終わって戻ってきたら終了となります。

家具修繕業者の選び方は?

これまでの修繕実績、これまでに似たような家具の修繕をした経験があるかなどを確認するといいでしょう。塗装を全て落として完全に塗り替えるなど、印象がガラリと変わるような修繕やリフォームを依頼する場合は、修繕後やリフォーム後のイメージを詳しく説明してもらったり、完成後の姿としてイメージのつきやすい類似品などを見せてもらいましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

家具の修繕には数万円かかることもありますが、数万円で代々伝わる大切な家具や、家族が親戚が大切にしていた家具などを使い続けることができるのであれば、高い出費ではないかもしれません。また、どうしても不要な家具や遺品整理や実家の片付けなどで古い家具が出てきたときに、あなたに時間があり、家具は車で持ち運べるような大きさのものであれば、修繕をして誰かに譲ったり、フリーマーケットで販売したり、リサイクルショップに持ち込むことも検討してみましょう。年季の入ったもの、デザインが秀逸なもの、状態のいいものなどは買い手がつくこともあります。