東京都大田区玄関ドア・引き戸の交換/リフォームのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都大田区の玄関ドア・引き戸の交換/リフォーム業者

株式会社アメイズ

4.8
starstarstarstarstar
ブロンズ

初めまして、東京都の大田区で補修・修理・回復とリフォームをしているアメイズです。 リペアからフルリフォームまでを行なっております。 例えば、木材、アルミサッシ、人工大理石、、水廻り(キッチン、お風呂、トイレ、洗面ボウル)などの補修からイメージチェンジ、コーティングから内装工事のようなフルリフォームを行っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

私達は、リフォームを通じて、お客様の住まいのよき相談相手として長くお付き合いさせていただいております。是非お気軽にご相談下さい。各地を回るサービスマンが迅速に対応させていただきます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

田中 景太

ニューユーザー

新築、リフォーム、耐震改修、一般建築はもちろんの事、電気・ガス・水道工事やキッチン、ユニットバス等の住宅設備機器の補修・修理、塗装や防水工事なども含めたアフターサポートを提供しようと日々活動しております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社足立住建

ニューユーザー

住宅、店舗、オフィスの網戸取替えなど小さな工事から増改築までお任せ下さい。 キッチン・浴室・洗面所などの水まわりのリフォームから壁紙などの内装や外壁・屋根などの外装工事まで行っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は東京都大田区で地域密着のリフォーム会社として、トイレ、キッチン、お風呂などの水廻りリフォームを得意として、お客様にご提供しております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

弊社では「地域密着・自社設計・自社施工」をモットーに新築住宅や注文住宅の設計施工、住宅リフォームを承っております。 住宅のことなら小さな工事でもかまいませんので、お気軽にお問い合わせください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社住まいる

ニューユーザー

当社は大田区を拠点に東京や神奈川エリアで、一戸建てからマンション、店舗や事務所まで幅広く、お悩み解決やより快適な利用を目的としたリニューアル工事を手掛けております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

有限会社神村工務店

ニューユーザー

新築・リフォーム・外装・塗装を主に扱っております!どんなご要望でもその場で的確なご提案をさせて頂きます。 リノベーションは工務店によって仕上がり方が大きく変わってきます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

創業25年 安心安全な対応で施工させて頂きます。 住宅 店舗 事務所 美装工事クロス CFクッションフロア張替え 木工事 床工事 間仕切工事 カウンター作成 建具取付 畳みからフローリング 造作棚 電気工事 設備工事 洗面化粧台 ユニットバス キッチン 防音工事 外装工事 塗装工事 コーキング工事 防水工事 雨漏り全日本不動産協会。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

台所・洗面所・トイレ・浴室等水廻りの改装、クローゼット等収納取り付・内装工事全般を主に承っております。 現場調査からお引き渡しまで、当社が責任を持ってお客様をサポート致します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

商業施設の内外装企画・設計・施工監理、住宅等のリフォーム・リノベーション、ビルやオフィスの設備工事、福祉施設のバリアフリー工事、その他内外装工事、インテリアコーディネートなどを主に承っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

輸入車整備のスペシャリストが点検・整備いたします。 ベンツ、BMW、アウディ、フォルクスワーゲンなどの輸入車中心の自動車整備会社です。 点検整備中の代車もご用意します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

玄関ドア・引き戸の交換/リフォーム業者をお願いしました

大田区における玄関ドア・引き戸の交換/リフォーム業者の依頼例

よくある質問

玄関ドア・引き戸の交換/リフォームの料金はどのくらいかかる?

玄関ドアリフォーム工事のみの費用の価格の相場は、約4万~6万円です。業者によって多少差があるほか、ドア本体の種類によって多少金額が変動することもあります。

玄関ドアは価格を抑えたものなら10万円台、もしくは10万円以下の安いものも販売されています。有名メーカーを例にあげると、リクシルのクリエラシリーズが挙げられます。10万円台で玄関ドアリフォームを考えている場合は、もっともポピュラーな『片開きドア』から選ぶことになるでしょう。片開きドアは取っ手を引く、もしくは押すとドアが開閉できる一般的なタイプのドアで、多くの家庭で採用されているものです。

価格が20万円台になると、シンプルなもの以外にも、機能性をプラスしたものが選べるようになります。単純なドアよりも機能性を重視している場合には、20万円台以上のものから選ぶようにしましょう。20万円台の機能を例にあげると、小さな子どもがケガがしにくいような、キッズセーフティー機能がついているものがあります。その他にも、玄関の開口部を広げられる親子ドアというものもあります。親子ドアとは、通常の引き戸の横にもう一つ小さなドアが付いているような玄関ドアのことです。普段は小さなドアを開放して使うことはありませんが、使いたいときには大小どちらのドアも開放できるようになつくりになっているのが特徴です。

30万円台ともなると、さまざま機能をもった玄関ドアリフォームを視野にいれられます。たとえばリクシルのエントリーシステムドアシリーズのような、鍵を差し込まなくても玄関ドアの鍵が開けられるスマートキー機能などがあります。荷物で両手がふさがっていたり、乳幼児を抱きかかえていても、鞄から鍵を探してくる必要がないのでスムーズに家の中に出入りすることができるのがスマートキードアの特徴です。リクシル以外にもYKKや三協アルミなど、大手メーカーはほぼ展開している機能となるので、性能によってメーカーを選ぶのもいいでしょう。

価格はピンからキリまでになってしまいますが、40万円以上なら無垢の木材を利用した玄関ドアも存在します。木目が美しいヒノキや木目ムラの少ないチーク材、男性からも人気の高い重厚感のあるウォールナットなど、木材によって雰囲気が変わってくるのも面白いところです。

取り付け工事費用の中には「人件費」や「出張費」などが含まれていますが、「工事費用」としてまとめて請求されること大抵の業者はリフォーム費用の総額を掲載しているのでわかりづらいですが、玄関ドアリフォームには玄関ドア本体価格・取り付け工事費用・古い扉の処分費用が含まれています。カタログ冊子やインターネットなどで、玄関ドアの本体価格カタログだけを見てリフォームの段取りを立ててしまうと、見積もり金額にびっくり!ということにもなりかねません。また、業者から提示された金額が極端に安いと感じたら、取り付け工事費用や処分費用が含まれているか聞いておくことも大切です。あらかじめ玄関ドアのリフォームには、玄関ドア本体価格以外の費用がかかってくることを頭に入れておきましょう。

玄関ドア・引き戸の交換/リフォームの依頼における注意点は?

取り換えるだけなんだからすぐに終わるのでは?と思う人も多いかもしれませんが、玄関ドアの仕組みや住宅の状況によっては、1日で終わらないこともあります。玄関ドアが施工途中のままだと防犯性や断熱性が著しく低下してしまうため、リフォーム期間が長引く場合には対策を考えておく必要があります。玄関リフォームの方法が「カバー工法」であれば1日以内で終わりますし、「取り換え」であれば数時間程度でスピーディーに終わることも。既存のサッシ枠をはずす必要のある玄関リフォームの場合、3~4日かかることもあるので、前もってどれくらいの期間がかかるのか聞いておきましょう。

玄関ドア・引き戸の交換/リフォームを依頼する流れは?

まずは玄関ドアリフォームを得意としているリフォーム業社を数社選んで、家に来てもらう見積書を作成してもらいましょう。工事内容と取り替える玄関ドアに応じて価格が変動するだけでなく、新しい玄関ドアに応じて工事内容と時間が変動します。まず見積もりに来てもらいましょう。

見積もりは必ず2社には取り、担当者の対応や見積書の内容を比較します。それでも納得できない場合は、さらに他社の見積もり依頼をとってもいいでしょう。しかし見積書には有効期限もあるため、業者を長らく待たせないようにします。

依頼する業者が決まったら工事のスケジュールを確認し着工、工事完了で終了です。

玄関ドア・引き戸の交換/リフォーム業者の選び方は?

いくつかのパターンの見積もりを提案してくれる、ショールームなどで新しい玄関ドアの見本や分かりやすい写真や動画を見ることができるなど、説明や提案が分かりやすい業者を選びましょう。また支払いのタイミングと配分も分かりやすく説明してくれること、追加料金が発生するのかどうかなど、お金の話も分かりやすく説明してくれることも重視しましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

玄関ドアを選ぶときに押さえるべきポイントは、防犯機能・鍵の開けやすさ、扱いやすさ・断熱性・耐火性・通気性・採光性・デザインです。譲れる条件と譲れない条件を家族で確認して、予算と相談しながら「嬉しいリフォーム」になるような決定ができるといいですね。