岐阜県ホルンレッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

岐阜県のホルン教室

バイオリン・ピアノ、お教えします。 小さなお子様は豊かな感性を育み、集中力を養う事ができます。 初心者の方は楽器の楽しさを知り、基礎からしっかり学べます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

松栄楽器はピアノやエレクトーン、ギター、バイオリンからサックス、ドラムまで国内すべてのメーカーの楽器と楽譜を取り扱っております。 また、併設するヤマハ認定の音楽教室では子供から大人まで気軽にレッスンが受けられます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

民族楽器や弦楽器、管楽器、打楽器、太鼓など様々な打楽器を販売しています。音響機材の販売もしており、併せて楽器・音響機材の買取も行っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

海津市に結婚と同時に移り住み、ピアノ教室の教授をして25年になります。 子どもが大好き、ピアノが好きで始めたピアノの教授は、独人の頃より40年です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

ホルン教室をお願いしました

岐阜県におけるホルン教室の依頼例

よくある質問

ホルンレッスンの料金はどのくらいかかる?

大手音楽教室のホルンレッスンの月謝は平均約15,900円程度で、個人教室の月謝は平均約17,100円程度です。練習内容、練習にかかる時間、練習の目的や難易度、講師のレベルに応じても1回のレッスン料金や月謝は変動します。必ずしも月謝制が導入されているわけでもなく、1レッスンずつ双方の都合のいい日時で受講できるようなレッスンもあります。ホルンの体験レッスンは、大手音楽教室は平均800円程度です。無料〜1,000円前後の教室が一般的で、時間はいずれも30分です。個人教室は平均750円です。教室により、無料から3,000円程度で、時間は20分~30分です。レッスン時間は1レッスン30分~60分です。大手も個人教室も30分前後のプライベートレッスンが一般的です。個人教室は大手よりもレッスン時間が長めの教室が多いです。

ホルンレッスンの依頼における注意点は?

レッスンに使う楽器についてです。ホルンの持参が必要な教室が大半です。毎回楽器の貸し出しがあり手ぶらで行ける教室、最初の10ヵ月間のみ無料の教室、体験時のみに無料か600円程度で借りることができる教室などもあります。ホルン全般的な新品の値段は、国内メーカーのヤマハは約27~170万円、ヨーロッパメーカーは約54~248万円です。現在主流のダブルホルンは、新品ではヤマハは約39~92万円、海外メーカーのコーンは約100万円、アレキサンダーやクルスぺは140~180万円台が中心です。中古ではヤマハで約24~35万円、海外メーカーは約11~80万円です。

ホルンレッスンを依頼する流れは?

自分の目的に合うレッスンを提供してくれる教室や講師、プロを選びましょう。初心者なのか、ある程度の経験があってステップアップをしたいのか、吹奏楽や管弦楽などに携わっていてもっとレベルアップして演奏がしたいのか、音楽大学を受験したいのか、など、目的は人によって様々です「自分が今どのくらいのレベルで、どうなりたいのか」をなるべく詳しく理解して内容を記入しましょう。詳しく書いた方が、音楽教室やプロからの見積もり依頼数が増える傾向にあります。2人以上のプロの体験レッスンや無料のレッスン見学などを活用して、レッスンの様子を確認して、良さそうな教室に通ってみます。支払い方法は音楽教室や講師によって異なります。契約書を交わさないことも多く、レッスンの頻度や時間数も教室や講師によって異なりますので、よく話し合って決めましょう。

ホルンレッスン業者の選び方は?

自分の目的に沿った指導をしてくれること、レッスンに通いやすいこと、先生に質問がしやすく、指導がわかりやすいことなどから選びましょう。例えば特定の大学や学部に進学したいのであれば、これまでに生徒をその大学に進学させた実績のある先生などを選びましょう。レッスンに通いやすいことは、立地や時間などです。通学や通勤の忙しいスケジュールの合間に通いやすい場所・時間帯であることは必須です。また、音楽レッスンは先生との相性も大切です。若ければいい、経験があればいい、というものでもないので、体験レッスンなどで先生お人柄なども見てみましょう。3ヶ月ほど通ってみることで「合う」「合わない」がわかってくることもあるため、迷う場合は通ってみるといいですよ。やはりプロの演奏を間近でみながら練習を繰り返すと、上達のスピードは上がります。

その他気を付けるべきポイントは?

ホルンとはかたつむりのように管が丸く巻かれた形の金管楽器で、ウィンナホルン、ナチュラルホルン、フレンチホルンと大別され、現在ホルンと言えばフレンチホルンを差します。フレンチホルンの種類にはさらに、F管やBb管、High F管などの中でどれか一つの調だけを演奏できるシングルホルン、1つのホルンで2種類の調が演奏できるダブルホルンがあります。他に、セミダブルホルン、デスカウントダブルホルン、トリプルホルンなどの仲間があります。トランペットと同じ音域の出る小ぶりなポケットホルンもあります。ホルンの名前は動物の角を意味するhornに由来しており、もとは角笛であったものが発達しました。狩りの最中に後ろにいる仲間へ知らせを届けていた名残で、音の吹き出し口であるベルが後ろ向きになっています。演奏時はベルに右手を入れて演奏し、様々な楽器の音色とうまく溶け合うためオーケストラでも活躍します。柔らかい音色から力強い音まで、音域も低音はチューバから、高音はトランペットと同じ音域まで出ます。音色は素材やベルの太さでもさらに異なり、マウスピースによっても変わります。有名なメーカーは、ドイツのアレキサンダーとクルスぺです。1782年創業以来父から子へと脈々と引き継がれてきたアレキサンダー、クルスぺはダブルホルンを1897年に世界で初めて創ったメーカーです。他に有名なメーカーには、アメリカのC.G.コーン、日本のヤマハがあります。