奈良県火災報知機工事のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

奈良県の火災報知器の取付・交換・設置業者

壁紙が剥がれかかっている、壁紙が汚れて家の中がなんだか暗く感じる、床材が傷んできた・・・、などお家のメンテナンスをしていますか? シックハウスの対策をしたい、壁紙を替えて部屋の雰囲気を変えたいなど、内装工事のことはインテリア宮崎にお任せください。

詳細を見る

在来工法による町家・日本建築の左官工事(漆喰壁・土蔵・竈(かまど)・土壁等)の事なら宮奥左官工業にお任せください。歴史と伝統の町、宇陀松山(重要伝統的建造物群保存地区)で培われた確かな伝統技術でお応えします。

詳細を見る

和田塗装は奈良県全域(地域密着) を対象とし外壁塗装、内装の塗り壁など、住まいの塗装工事.リフォーム工事ならお任せ下さい。 塗装は住宅を長持ちさせるための安くて最良の手段です。

詳細を見る

当社は、給排水・給湯工事を中心に水廻りのトラブル・リフォームと住まいに欠かせない重要な部分を取り扱っています。それだけに調査・提案・施工と、お客様が心から安心していただけるように、親切・丁寧にしっかりとご対応させていただいております。

詳細を見る

もっと気持ちよく過ごせる家が欲しい! そのような願望は、誰しもが持っているものだと思います。ドア一枚から、家全体的のリフォームのことまでそれぞれ願望の大きさも違います。

詳細を見る

古民家再生から、全面リフォーム工事、新築、増改築と、どんなことでもお任せ下さい。私たちは、お客様とのお付き合いを大切に、どんなご要望にも真心持ってプロの技術でお応え致します。

詳細を見る

両親のためにリフォームをして安全で暮らしやすい家にしたい。 内装を変えて部屋の雰囲気を変えたい。 おしゃれな洋館もおちついた和風の家も、広いリビングがほしい、対面式のキッチンを作りたい、子供部屋を作りたいなど、お客様のご希望をお聞かせください。

詳細を見る

自然素材を使い、木のぬくもりの感じられる家を造りたい。古民家を再生させて住みたい。そんな心地の良い住まい造りをお約束します。 長年にわたって培ってきた技術でお客様のこだわりを実現するお手伝いをいたします。

詳細を見る

当社は大規模な会社ではなく、営業マンもモデルハウスもありません。プランニングから引渡しまですべて私が責任を持ってやらせていただいております。

詳細を見る

当社は、地元奈良を中心に、地域密着にこだわり数多くの施工をさせて頂きました。 リフォーム・新築共に施工技術、提案力、アフターサポートに自信がございます。

詳細を見る

お住まいのことでのお悩みはありませんか? 当社にご相談下さい。 当社では昭和45年より長年の経験を元に様々な商品を取り扱っています。 住宅のリフォームなどの施工はもちろん、シックハウスなどの空気触媒の取扱い、木材の防水加工、コンクリートの劣化防止加工など、通常はあまり扱われていない施工もいたします。

詳細を見る

住まい創りの話をしませんか? 三市郎建築設デザインルームは、あなたの住まい創りの”専門建築家”。 あなたにとって”心地のいい居場所”探しをしませんか? 心身ともに癒される個性的空間創造がモットーです。

詳細を見る

実際の依頼例

火災報知器の取付・交換・設置業者をお願いしました

奈良県における火災報知器の取付・交換・設置業者の依頼例

よくある質問

火災報知機工事の料金はどのくらいかかる?

家庭用の電池式の火災報知器は、数千円で取り付けることができます。さらに必要な経費は、定期的な電池交換で必要な電池の代金です。もしくは電池式ではない火災報知器は、〜3万円程度で取り付けることができます(1個あたり)。

事業所や工場、倉庫などの場所に取り付ける場合は、面積や内容などに応じて数十万円程度の費用がかかります。受信機、発信機、非常ベル、工事代金、交通費などが必要です。

火災報知機工事の依頼における注意点は?

新築住宅には火災報知器の設置が義務付けられており、既存住宅は自治体に応じて異なります。例えば東京消防庁もホームページで取り付けを喚起し、新築住宅、既存住宅共に設置を義務付けていることを注意喚起しています。維持しなければならずお金もかかることですが、家族の安全を守る大切な設備です。なお、既存住宅はスプリンクラー設備もしくは火災報知設備が設置されている部屋の場合、取り付けは必要ないため、他の設備と値段や内容を比較したうえで設置を検討しましょう。家族と話し合って検討しましょう。

また事業所・工場・倉庫などの家庭ではない場所にも、火災報知器や消火設備などの設置をしなければなりません。費用や内容を確認して、設置されていない場所には設置を進めるよう話を進めましょう。

火災報知機工事を依頼する流れは?

数社に見積もりを依頼して、値段と内容に納得できる1社に決めて依頼しましょう。契約条件や作業スケジュール、支払い条件を確認したら契約を交わして、作業が完了して支払いも終えたら終了となります。事業所や工場、倉庫などの場所に取り付ける場合の自治体への届け出などについても業者と確認しておきましょう。

火災報知機工事業者の選び方は?

設置工事の実績があり、相談の時に知識を有している業者を選びましょう。「設備の取り付け」だけは、報知器を購入して素人でも努力すれば取り付けることができます。しかし「なぜ、どのような法令で決められているから取り付けなければならないのか」、防災や消防の知識などを有しているかどうか質問しましょう。しかし逆に、自治体に任命された業者でもあるかのように、不安を煽って高額な金額で火災報知器の設置を促す悪徳業者もいます。悪徳業者は訪問で、男性複数人などで来て、不安を煽ってその場で契約をさせたり取り付け作業に入らせようとする業者もいます。業者が優良な業者かどうかわからない、悪徳業者かもしれないと思うときはその場で契約をせずに、名刺や連絡先、会社概要パンフレットなどを受け取って「考えてから返答したい」「家族と話してから検討する」と強い態度で返答しましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

設置から10年程度経過している火災報知器や消防消火設備などは、点検や交換を検討しましょう。火事はどのように起きるか全く予想がつきません。自宅や自社から出火することもあれば、周囲からの延焼で巻き込まれることもあります。「もしもの時」に後悔しては遅いです。消防消火、防災設備を準備しておきましょう。