1. ゼヒトモ
  2. イベント
  3. 写真撮影
  4. 出張カメラマン・フォトスタジオ
  5. 誰でもプロ級の写真が撮れる東京の紅葉スポット6選

誰でもプロ級の写真が撮れる東京の紅葉スポット6選

2022/09/15
写真撮影
FacebookTwitter

突然ですが、紅葉≠都会なんて思ってませんか?

断言させていただきますが、それは間違いです!東京にも紅葉が楽しめるスポットが、実は存在します!

しかも…誰でもプロっぽい写真が撮れる穴場スポットまでついてくるので、秋のお出かけシーズンの参考にしていただければ嬉しいです。

東京のおすすめ紅葉スポット6選

明治神宮外苑

出典:https://koyo.walkerplus.com/detail/ar0313e12672/

明治神宮外苑いちょう並木の紅葉は、全国的にも有名で、11月中旬~12月にかけて色づくイチョウ並木は見事です。

基本情報

Instagram投稿写真

イチョウが散って、歩道一面に黄色い絨毯ができるので、どこを撮っても写真映えします。

口コミ

行った時期:2020年12月2日
信濃町駅から外苑へ向かう道にもいちょうがいっぱい。メインのいちょう並木まで行くことができなかったが聖徳記念絵画館前から遠目に見てもすごい高さのいちょう並木は素晴らしいです。にこにこパークは休園だがこちらの木々も紅葉していました。空気が澄んでいてお散歩も気持ち良いです。
行った時期:2020年11月
時期が良かったのか、銀杏の紅葉が綺麗で暖かな日和でとても良いひと時を過ごせました。ところどころでウェディング前撮り撮影をされていて、ハッピーをいただきました。
行った時期:2019年12月8日
紅葉の見頃は、短期間ですね。数日前に来た時は、綺麗に紅葉してました。落ち葉はまだ少なかったので、まだ大丈夫だと思いましたが、一週間もしないうちに葉が落ちてしまいました。見頃に当たるのは難しいです。天気が良い日行ったので、空の青色で銀杏の黄色がクッキリ映えて綺麗でした。晴れた12月の初旬がベストとにらみ来年また行きたいです。

出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_13104ah3330042204/kuchikomi/

国営昭和記念公園

公園内に2か所のイチョウ並木があり、紅葉シーズンには黄金色のトンネルとなりその景色は圧巻です。他にも、カエデ類やケヤキ、カツラ、ナンキンハゼなどの紅葉も楽しめます。

出典:https://koyo.walkerplus.com/detail/ar0313e13052/

Instagram投稿写真

口コミ

行った時期:2020年11月8日
日曜日だったので、駐車場に入る前にかなり並びました。入場料を自販機で購入して入り口を入ると、目の前にイチョウ並木が奥に見える噴水まで続きとても綺麗でした。イチョウの緑から黄色のバリエーションを楽しみながら歩いて行くと池に突き当たります。池の周りは、赤とオレンジから茶色の紅葉が広がり、それが水面に映って良い雰囲気でした。更に右手に進むと広大なコスモス畑が広がっていて、カラフルで素敵でした。
行った時期:2020年10月18日
コスモスが今年もきれいに咲いていました。今回はレンタルバイクを使い、サイクリングをしました。過ごしやすい季節になり、カップル、家族など思い思いに過ごせるいい場所です。
行った時期:2019年11月
広い敷地に多種の木が植わっており、紅葉も様々と楽しめました。特にイチョウ並木は鮮やかなな黄色に染まってとても綺麗でした。場内は意外と外国人が多く来ていて、あちこちで記念撮影をしていました。

出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_13202ah3330042640/kuchikomi/

新宿御苑

出典:https://koyo.walkerplus.com/detail/ar0313e392494/

新宿御苑前駅から徒歩5分のところにあり、都会のオアシスとして知られる新宿御苑。園内には数々の日本庭園があるため、日本らしい紅葉風景を楽しむことができます。

Instagram投稿写真

口コミ

行った時期:2018年11月
手入れされた庭園、黄色に染まったイチョウ、秋に咲く正月桜と見どころがたくさんあります。レジャーシートを広げて、ピクニックもおすすめ。都内の喧騒からちょっと離れて、ゆっくりのんびりできるスポットです。
行った時期:2020年11月
色々な行事で有名な新宿御苑をゆっくりと回りました。丁度菊花展も開かれており、菊の種類の多さに感心しました。子供広場では、小さな子供さんを遊ばしている親御さんもおられました。池に映る空と木々は奇麗!新宿の傍にある、広くゆっくりと癒される公園です。
行った時期:2021年11月
初めて行きましたが駅からは近くて新宿のど真ん中にあるにもかかわらず、新宿御苑の中に入ると都会を忘れられるくらいの自然があります。

出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_13104ah2140016473/kuchikomi/

国営ひたち海浜公園

出典:https://koyo.walkerplus.com/detail/ar0308e160397/

春はネモフィラ、秋は真っ赤なコキアの紅葉が楽しめる国営ひたち海浜公園。みはらしの丘という名の通り、紅葉を丘の上から見下ろすことができます。

Instagram投稿写真

口コミ

行った時期:2021年11月
こきあの紅葉を観るために旅行に来たので、天気ももってすごくよかったです。園内はすごく広いので、園内周遊バスか自転車を借りて乗って回った方が全て回れて賢いかも…自転車は起点から起点返しなので駐車場から入場したらすぐ借りてしまうのがベストです。シーズン時は駐車場に行列ができるので朝は早めに行った方がよいです。
行った時期:2019年11月
春のネモフィラも良いけど秋のコキアも良いです。当然ながら車で行くと駐車場へ行く渋滞がありますが、それでも見る価値はありますね。少しでも近くの駐車場にしようと思いますが、最初から臨時駐車場を目指した方が実はスムーズだったりします。
行った時期:2018年11月
紅葉したコキアを見たのは初めてでしたが、これだけ沢山の紅葉したコキアが一面に広がっていると圧巻です。

出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000184875/kuchikomi/

六義園

出典:https://koyo.walkerplus.com/detail/ar0313e12667/

11月下旬になるとカエデやイチョウ、ハゼノキなどが色づき、日本庭園や橋が画になる六義園。特に、10月下旬からのライトアップが人気で、幻想的な雰囲気を味わうことができます。

Instagramの投稿写真

行った時期:2018年11月
六義園は春の桜も良いですが、紅葉の時期も素晴らしい光景になります。特にライトアップの期間は華やかな雰囲気です。
行った時期:2015年11月
11月下旬頃に紅葉のライトアップを見に行きました。園内は暗めでしたが、その分ライトアップが映えてきれいでした。混んではいますがおすすめです。
行った時期:2016年11月
駒込駅からほど近いところにある自然がたっぷりの六義園。春のしだれ桜も見事なものですが、秋には園内全体が紅葉で満たされ、素晴らしい景色を眺めながら散策を楽しめます。ライトアップもやっていますが、個人的には日の光の中で鮮やかさが際立つ日中の方が気に入っています。

出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_13105ah2140016676/kuchikomi/

日比谷公園

出典:https://koyo.walkerplus.com/detail/ar0313e154521/

都心の中にありながらも、四季を通じて自然を楽しめる日比谷公園。イチョウとモミジの紅葉を同時に楽しむことができ、黄色と赤のコントラストが写真映えします。

Instagramの投稿写真

口コミ

行った時期:2020年11月
紅葉が綺麗で、素敵な公園です。広い公園で、とても良い散歩になりました。週末はイベントがあり楽しそうです。
行った時期:2020年11月
都心の真中にあるとは思えない素敵な公園。歴史を感じる建造物や木も多く、芝、花壇も整備されていてとても綺麗。噴水の周りには椅子も多く気候が良ければ都内に居るとは思えないくらいです。池もあり、とても素敵な雰囲気。
行った時期:2015年11月
紅葉シーズンに訪れました。水面に紅葉が映り非常に綺麗でした。公園内は散歩するのにちょうど良い広さなので、紅葉や桜の時期にまた訪ねたいと思います。

出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_13101ah3330043118/kuchikomi/

初心者でも簡単!スマホでプロ並みの撮影テクニック

順光で撮る

出典:https://youtu.be/rBsiDLF2EWg

被写体に対し、太陽光が正面(カメラ側)から当たるように撮りましょう。

色や形をはっきりと正確に映すことができます。

上を向いて撮る

出典:https://youtu.be/rBsiDLF2EWg

上を向いて撮ることで、青空と紅葉の赤、黄色の美しいコントラストを写真に収めることができます。

ローアングルで撮る

出典:https://youtu.be/rBsiDLF2EWg

あえてローアングルで撮ることで、また一味違った印象になります。

落ち葉がたくさん落ちている所で撮るのがおすすめです。

落ち葉を手に取って撮る

出典:https://youtu.be/rBsiDLF2EWg

綺麗な落ち葉を手に取って、美しい背景をバックに撮ってみましょう。

また一味変わった写真を楽しむことができます。

スマホを縦にして撮影

出典:https://youtu.be/rBsiDLF2EWg

スマホを縦にして撮ると、高さや落差を表現できます。

写真の雰囲気がガラッと変わるので、試してみてくださいね。

秋の紅葉と一緒に思い出に残る一枚を

美しい紅葉が楽しめる秋、東京近郊でもおでかけ、デート、写真撮影できる紅葉スポットはたくさんありました。

今回ご紹介した紅葉スポットや写真撮影テクニックを使って、ぜひ思い出に残る一枚を残してみてくださいね。

また、ゼヒトモではもっと本格的にカメラを習いたい人向けにカメラレッスンを実施しているプロがいたり、実際にプロのカメラマンを出張できるサービスもあります。ぜひチェックしてみてください。

ブログをSNSでシェアする

FacebookTwitter

関連タグ

この記事を書いた人

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部アカウントです。

写真撮影関連の最新記事

2022/07/28
出張撮影を依頼したい!東京都でおすすめのカメラマン10選をご紹介

屋外でのロケーション撮影や、結婚式、七五三などのイベントにおける撮影が必要なときは、出張撮影を依頼するのがおすすめです。自分が希望する場所でプロに撮影してもらうことができ、その日の思い出がより色濃いものとなるでしょう。 ただし、出張撮影を依頼するときは料金だけでなく、撮影実績やカット数、オプションの有無などもチェックすることが重要です。今回は、出張カメラマンの選び方と東京都内でおすすめの出張カメラマンを紹介していきます。 目次 出張カメラマンを選ぶポイント 依頼したいシチュエーションの実績 料金体系のわかりやすさ カット数の制限 オプションサービスの有無 データ納品の方法 レビューやプロフィール情報の有無 出張撮影にかかる料金 東京都内でおすすめの出張カメラマン10選 出張撮影を依頼するならZehitomoで 出張カメラマンを選ぶポイント まず、出張カメラマンを選ぶときに確認しておきたい6つのチェックポイントを紹介していきます。 依頼したいシチュエーションの実績 自分が依頼したいシチュエーションにおいて、撮影実績が豊富かどうかを確認しましょう。子供がいる家族撮影が得意なカメラマンや、企業撮影が得意なカメラマン、ペットの写真が得意なカメラマンなど、それぞれ得意・不得意は異なります。カメラマンにとって得意なシチュエーションの方が、よりクオリティの高い写真を撮ってもらえるでしょう。 多くのカメラマンは、自身のホームページに撮影実績を掲載しています。 また、ほかにもInstagramやTwitter、FacebookといったSNSに撮影実績を掲載していることがあるので、気になるカメラマンがいればぜひチェックしてみてください。 料金体系のわかりやすさ 出張撮影の料金は主に「撮影料金」「出張費用」で構成されており、出張費用が撮影料金に含まれていることもあります。中には出張費用の記載がわかりにくく、「撮影料金に含まれているかと思っていたら別途必要になった」ということもあるため注意してください。最初からトータルの料金がどれくらいになるかを確認した上で、カメラマンを比較検討するようにしましょう。 また、返金保証やキャンセル料の有無も重要です。万が一の場合に備えて返金保証がついていたり、前日までキャンセル料が無料だったりするカメラマンであれば安心して依頼できるでしょう。 カット数の制限 出張撮影のサービスでは、カット数が無制限のプランと枚数が制限されているプランがあります。カット数が少ない場合、数を気にして思うような撮影ができないこともあるでしょう。様々なポーズやシチュエーションで撮影したいという方は、カット数が無制限のプランで依頼するのがおすすめです。 一方、それほど枚数を必要としない方や、少ない枚数でこだわりのある写真を撮りたい方は、枚数が少ないプランの方がお得になるでしょう。 オプションサービスの有無 一般に、最低限のレタッチ(画像編集ソフトを使った明るさや色味の調整)は標準サービスとして備わっている場合がほとんどです。しかし、撮影後のアルバム作成や肌を綺麗に見せる美肌加工、曇り空を晴れた空にする青空加工など、カメラマンによっては様々なオプションサービスを用意していることも。 写真をより魅力的に見せてくれるので、ぜひチェックしてみてください。 特に結婚式やお宮参り、七五三など、一生の思い出に残るような撮影ではオプションサービスでより素敵な写真に仕上げてもらうのがおすすめ。 また、ECサイトの商品画像やカタログの商品を撮影する場合、切り抜きサービスに対応しているカメラマンに依頼すれば自身で加工する必要がなく便利です。 データ納品の方法 撮影データの渡し方は、カメラマンによって異なります。USBやDVDによる納品もあれば、メールで添付する場合、クラウドサービスにデータを格納する場合など、その方法は様々でしょう。自分に適した方法でデータを納品してもらえるか、事前に確認するようにしてください。 なお、USBやDVDであればパソコンに繋ぐことで簡単にデータを確認できるため、複雑な操作が苦手という方におすすめでしょう。一方スマホでチェックしたい場合、「Googleフォト」「Dropbox」など、クラウドサービスに格納してもらえばアプリからすぐ確認できます。 レビューやプロフィール情報の有無 レビューがあるカメラマンや、プロフィールを細かく記載しているカメラマンであれば、人柄が見えやすく信頼できるでしょう。素敵な写真を撮影するには、カメラマンとの相性も大切。レビューで「楽しく撮影できた」「対応が丁寧だった」といった評価を受けているカメラマンであれば安心して依頼できます。プロフィールの内容が充実しているカメラマンも信頼度が高いでしょう。 また、中にはSNSの更新が中心というカメラマンもいます。普段の投稿からは人柄が見えやすいので、撮影実績と一緒に投稿の内容もチェックしてみるのがおすすめです。 出張撮影にかかる料金 上述した通り、出張撮影の料金は大きく「撮影料金」と「出張費用」から構成されています。撮影料金は1時間ごとに料金が設定されている場合がほとんどで、1時間あたりの料金相場は「20,000〜30,000円」です。土日だと割高になることが多く、1時間あたり「4,000〜5,000円」の料金が上乗せされることもあるため注意してください。 なお、出張費用はエリアごとに料金が設定されている場合と移動にかかった実費を支払う場合があるため、事前に確認するようにしましょう。東京都内のカメラマンに依頼するのであれば、23区内の出張料金は無料であることが多いようです。また、オプションサービスを追加する場合は撮影料金と出張費用に加えオプション料金がかかります。 東京都内でおすすめの出張カメラマン10選 ここからは、東京都内でおすすめの出張カメラマンをピックアップして紹介していきます。気になるカメラマンがいれば、ぜひプロフィールのページもチェックしてみてください。 1. HR graph 様 東京都・世田谷区 フリーランスとして、2007年から東京・関東圏を中心に活動されているカメラマンの方です。人物・ポートレート・ライフスタイルの撮影を中心に、広告やWebの掲載写真、イベント・取材撮影などに対応されています。ホームページに様々な撮影実績が掲載されているため、ぜひチェックしてみてください。 フリーランスならではの柔軟かつ迅速な対応で、希望通りの撮影をしてもらえるでしょう。ある程度の英語対応も可能とされており、外国人が多くいるような撮影を行いたいという方には特におすすめです。 口コミ “素晴らしい写真を上げていただきました。 こちらの要望を的確に拾ってくださり、創意工夫のある芸術性の高い写真を撮ってくださいました。現場での振る舞いもとてもプロフェッショナルで、お人柄とも相まってとても和やかなよい撮影になりました。今後共どうぞよろしくお願いします。ありがとうございました。” 2. 株式会社Breeze & Company […]

2022/07/05
写真撮影時は照明にこだわる。照明で変わる6つのテクニック

光は写真の出来栄えを左右する大切な要素のひとつ。被写体に当たる光の方向や柔らかさなどで、写真の雰囲気は大きく変わります。最近はネットのフリマあどで商品の掲載をする人が増えていますね。商品が売れるかどうかは写真写りが決め手になります。写真の上手な撮り方を知っていれば、友達と自撮りをするときや商品の掲載をするときに非常に役立つでしょう。 今回は、撮影に生かせる光の当て方を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。 1.写真撮影の照明とは? なんのために必要なのか 上の写真、単に餃子が並んでいるだけなのにとてもすごくおいしそうに見えませんか?なぜなら上の写真は光をうまく活用しているからです。被写体に光を当てることで陰影がつきよりはっきりと見えます。 上の写真は光を当てていることで焦げ目がはっきりと見え、食べたときのほろ苦い味やパリパリとした食感が写真を見ただけで伝わってきます。光の当て方は、被写体の魅力を最大限に表現するためにとても大切です。 これはもちろん、ものだけではなく人物を撮影するときにも当てはまること。光をうまく利用することで、ずっと魅力的な写真を撮ることができるようになるでしょう。   プロはどんな道具を使うのか 家族写真やこどもの七五三など、写真館で撮っていただいたことのある方はご存知でしょう。プロのカメラマンが使っている照明は、スタンドタイプのアンブレラ型照明です。この照明器具は、内側にエンボス加工など反射を和らげる特殊な加工が施され、影の出にくい柔らかい光を作り出します。 しかし、自宅や外出先でこのような本格的な機材はなかなか用意できないもの。きれいな写真を撮るもっと手軽な方法を紹介していきます。 2.室内で写真を撮影する際の照明の当て方-基本- 室内で撮影する際に大切なポイントをいくつか紹介します。 正面から照明を当てない 写真の撮影時に、被写体に照明を当てることはとても重要です。しかし、撮りたいものの真正面から光を当ててしまうと全体的にのっぺりとした印象に。撮影したい写真の雰囲気に合わせて横や斜め、後ろから光を当てるようにしましょう。 ディフューザーを使用する ディフューザーとは、光の強さを軽減するための機材のこと。光が強く当たってしまうと、反射してしまったり影が強調されたりしてしまいます。光の強さを調節するためにもディフューザーを使用するのがおすすめです。 レフ版を使用する レフ版という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。レフ版に光を反射させることで、暗くなってしまっている箇所に光を当てることができます。特に逆光の際に商品や人物の顔に影が入らないようにする場合に使われます。 写真撮影用レンタル照明を活用する 小物撮影ではなく、本格的なポートフォリオや映像撮影などの場合には、照明も大掛かりなものが必要になります。しかし全部そろえるとなるとそこそこの資金がかかるでしょう。本格的な撮影機材をそろえる前に、レンタルで使い勝手が良いものを試してみるのが良いかもしれません。 携帯で撮影するときの照明の当て方 最近では、携帯で写真を撮影してsnsにアップする方も多いと思います。基本的には、スマホでの撮影も先程説明した内容を行うと、きれいに写真を撮ることができます。ここでは、携帯で撮影するときならではのポイントを紹介します。 フラッシュはたかずに太陽光を活用する 携帯にはフラッシュ機能が付いており、被写体に光を当てることができます。しかし、たいていの場合は光が強すぎて影の印象も強くなってしまいます。そのため、フラッシュはあまり使わないようにしましょう。 おすすめは、日中に窓の近くで撮影すること。光源は基本的に自然光が一番です。この時室内の照明は消してカーテンの開き具合で光を調整しましょう。蛍光灯などの光は被写体を粗く見せてしまうので、意識的に使用する場合以外は避けた方が無難です。 また、窓からの距離や角度のよって光の当たり具合は微妙に変わります。自分が取りたい風合いが出る位置を探して撮ってみましょう。背景が白だとレフ版の代わりになって光がきれいに当たります。 こちらの動画は、ピーチフォト PEACH PHOTO.さんの初心者でも分かりやすい撮影時の基本を説明したもの。ぜひ参考に見てみてください。 3.動画を撮影するときの照明の当て方 動画撮影をする際には、被写体が動いてしまうので写真撮影とは違った照明の当て方をします。 動画撮影の基本は3点照明。メインのキーライトと、影を和らげるフィルライト、背景との違いをくっきりさせるバックライトの3つのライトが必要になります。 部屋の照明だけではどうしても顔が影になってしまったり、のっぺりとした印象になってしまったりしまいます。より立体感を出すためにも、3つの照明をそろえた方が良いでしょう。 これらの内容が分かりやすく説明されているので、(株)火燵さんの動画を参考にしてみてください。 4.屋外で室内で写真を撮影する際の照明の当て方-基本- 基本的に、光の当て方の注意点は屋内と同じです。 しかし、屋外での撮影は直射日光がまともに当たってしまいます。日中の強い光が当たると、白飛びしてしまったり影が強く出過ぎてしまったりすることがあります。 太陽が真上にある時間帯は少し光が和らぐ屋根の下や、木漏れ日など斜光を利用すると優しい風合いになるのでおすすめです。   5.照明は自作できる!ポイント4つ クリップライトなどを使う まず覚えておきたいのが、撮影する際の光源はひとつだけということです。撮影で照明を使われる時は、それ以外の照明を全部落として使うことが原則です。 その上で、照明を使うのであれば、どこにでも付けられるLEDクリップライトなどが便利でしょう。 白い布や白い買い物袋などを使ってディフューズする クリップライトにしろ、蛍光灯にしろ人口の光は強く硬い光です。光が硬いと陰影が濃く出てしまいます。そこで必要になってくるのがディフューザーと呼ばれる光を拡散するものです。 これは白い布やトレーシングペーパー、スーパーの袋などで代用でき、光源を覆うだけで格段に光が柔らかくなります。 レフ版を作ってみる 光の明暗差を少なくするものに、レフ板があります。例えばポートレート写真は、陰影を効果的に使うために逆光で撮ることが多くあります。しかし逆光だと顔が暗くクリアになりにくいですね。そんな時に活躍するのがレフ板、光を反射させるレフ板を使うことによって逆光でも明るく撮ることが出来るのです。 作り方は簡単、百円ショップなどで売っているホワイトボード二つを白いガムテープで止めるだけ。折りたたみ式で、自立もします。 小物撮影には撮影ボックスを作る 「こんなもの買ったよ」とSNSに投稿する際、家のテーブルなどに白い布を張って写真を撮ったものの、背景に生活感が出てしまって残念!なんてことありますね。そんな時にちょっとした撮影ボックスがあると便利です。その撮影ボックスの中に写真撮影をしたいものを入れ込んで、そこで写真を撮れば生活感や背景に何かが写り込むことを避けることができます。 撮影ボックスは、ホームセンターなどで売っているプラスチック段ボールで簡単に作れます。簡易版なら段ボールに白い紙を貼るだけでも作れます。 4.自分で写真を撮影するときの照明の当て方テクニック6ポイント  全てがクリアに写る順光 […]