1. ゼヒトモ
  2. イベント
  3. 出張シェフ
  4. 出張シェフ
  5. ほとんどの人が知らないカレーの正しい冷凍法

ほとんどの人が知らないカレーの正しい冷凍法

2022/08/10
出張シェフ
FacebookTwitter

余ったカレーを何気なく冷凍して保存する人、大勢いらっしゃると思います。でも、実はそれNGなんですがご存じでしたか…?




カレーは冷凍NGって知ってた?

カレーが冷凍には不向きな理由は、じゃがいもが入っているから。じゃがいもは冷凍することでグニャっとした食感になったり、パサパサしたり、とにかくおいしくなくなってしまいます。


Twitterでも失敗の声が多くあがっています。


実はカレー以外にもNGな料理

カレーのじゃがいも以外にも、同様にNGな食材がいくつか存在します。メニューの例を見てみましょう。


味噌汁

味噌汁の定番具材である豆腐は、じゃがいもと同様に食感が悪くなります。豆腐を入れない場合でも、冷凍すると味噌の香りが飛んでしまい、味が極端に落ちてしまいます。


卵焼き・オムレツなど卵料理

卵は冷凍するとパサパサになってしまいます。お弁当の定番メニューである卵焼きやだし巻き卵、オムレツも冷凍に不向きです。



肉じゃが

カレーと同様、じゃがいもを使った肉じゃがも冷凍には不向きです。とくにじゃがいもがメインとなる肉じゃがは、じゃがいもの食感の変化がダイレクトに影響してしまいます。


麻婆豆腐

豆腐は冷凍すると、スポンジ状になりパサパサしてしまいます。そのため豆腐をたくさん使う麻婆豆腐も冷凍できません。



これでOK!冷凍するためのコツ

カレー、味噌汁、卵焼き、肉じゃが、麻婆豆腐……どれも定番メニューが冷凍できないとなると、困ってしまいますよね。でも大丈夫!冷凍NGな食材に工夫を加えるだけで、上手においしく冷凍できるようになります。


カレー→じゃがいもをつぶす

カレーを冷凍するときは、じゃがいもを手でつぶしましょう。つぶすことで繊維が壊れるため、食感の変化が気になりにくくなります。じゃがいもがつぶれすことで、カレーにドロッとしてしまいますが、じゃがいもの甘味が楽しめるおいしいカレーとなりますよ。

または冷凍する際にじゃがいもをよけて、食べきってしまうのも良いでしょう。

カレーの冷凍保存方法はこちらの動画で詳しく解説されています。


味噌汁→味噌を入れる前にor味噌玉

冷凍することで飛んでしまう味噌の香りの対策として、味噌を溶き入れる前に冷凍する方法があります。これならいつでも作りたての味噌汁が楽しめます。豆腐はNGですので、豆腐を入れたい場合は温め直すときに入れると良いでしょう。

または「味噌玉」の冷凍もおすすめです。

味噌にだしの素(またはかつお節)と具材を混ぜ込み冷凍しておけば、食べたいときにお湯を注ぐだけでOKという便利なアイデアです。いろいろな具材で味噌玉を作っておくと、毎日飽きずに味噌汁を楽しめそうです。


卵焼き→マヨネーズと片栗粉をプラス

卵焼きのパサつきは、マヨネーズと片栗粉が解決してくれます。マヨネーズの油分と、片栗粉の保水力が卵焼きをしっとりとさせてくれます。

詳しい分量はこちらのレシピを参考にしてください。

まとめて作っておけば、朝ご飯やお弁当づくりが楽になりますね。


肉じゃが→マッシュポテトに

肉じゃがは作るときに一工夫をすることで冷凍できるようになります。方法は、一度じゃがいもを加熱して潰し、丸めて片栗粉をまぶすだけ。あとはいつも通りに肉じゃがを作れば完成です。

ひと手間かかりますが、じゃがいもがほっくりやわらかに仕上がりますよ。


麻婆豆腐→豆腐は入れない状態で

麻婆豆腐を冷凍する場合は、豆腐を入れる前に取り出して冷凍しましょう。解凍するときに豆腐を加えれば、あっという間に完成しますよ。

また、生の状態のひき肉に調味料をあわせて冷凍しておく方法もあります。

こちらの方法でも、豆腐さえあればいつでも麻婆豆腐が楽しめますね。


冷凍保存を上手に活用しよう

冷凍保存のコツさえつかめば、料理の手間をグッと省くことができます。ぜひ紹介した方法を参考に試してみてくださいね。毎日の大変な料理づくりは、たまには出張シェフに作り置きを頼んでみませんか?ゼヒトモなら、すぐに近くの出張シェフとマッチングしてくれますよ。

​​

ブログをSNSでシェアする

FacebookTwitter

関連タグ

この記事を書いた人

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部アカウントです。

出張シェフ関連の最新記事

2022/06/27
夏バテを促進!?意外と知らないNGな食べ物5選

夏バテ対策の食べ物はさまざま知られていますが、逆にNGな食べ物があることをご存じですか? 知らず知らずのうちに夏バテをひどくさせている人、意外と多いかもしれません…。 目次 つらい夏バテ。どうして起きるの? 夏バテ対策にNGな食べ物5選 正しい夏バテ対策は? 今年こそ夏バテ知らずで夏を乗り切ろう! つらい夏バテ。どうして起きるの? 暑さや湿度の高さなどの環境により「疲れ」「身体のだるさ」「寝不足」「食欲低下」などの症状があらわれるのが、いわゆる夏バテです。 夏バテの原因は、自律神経の乱れや栄養不足などが考えられています。 冷房が効いた室内と、屋外の猛烈な暑さによる気温差は、私たちの体調をコントロールしてくれている自律神経を乱し、体調不良を引き起こします。また食欲が落ちたり、汗により水分やミネラルが失われたりすると、必要な栄養が不足して夏バテが加速する原因にも。 夏バテ対策にNGな食べ物5選 自律神経が乱れると食欲が落ちるだけでなく、消化機能が低下して胃腸の不調を招く原因にもなります。絶対に食べてはいけない!ということではありませんが、夏バテを避けたい方は、なるべく食べる頻度や量を少なくするといい食べ物を5つ紹介します。 アイス 夏においしいアイスは、その冷たさゆえに食べすぎると胃腸の調子を崩してしまうことがあります。 また食欲がないからといって、食事をとらずにアイスばかり食べるのもNGです。 空腹時に冷たいものを食べると、胃に刺激を与えてしまうほか、必要な栄養が不足してしまい、夏バテを加速させてしまいます。 さらに、冷たいもののとりすぎにより身体を冷やし過ぎてしまい、自律神経が乱れる原因にもなります。 アイスを食べたい場合は食後に食べるようにし、毎日続けて食べるのは避けるなどの工夫をするなど、ほどほどにしておきましょう。 アイスコーヒー アイスコーヒーの飲みすぎも注意が必要です。アイス同様、冷たいものの飲みすぎは胃に負担をかけ、身体を冷やしてしまいます。また空腹時にコーヒーを飲むと、胃酸により胃を荒らしてしまう原因にもなります。 またアイスコーヒーに含まれるカフェインは、摂りすぎると睡眠の質へも影響する恐れも。さらにカフェインには利尿作用があり、水分補給をコーヒーに頼ってしまうと脱水症状の原因になることもあります。 これらの理由から、アイスコーヒーを飲みすぎるのは控えましょう。もしコーヒーを飲みたい場合は、冷たいものを避け、1日1~2杯程度にしておくと安心です。 激辛メニュー 夏は激辛メニューで汗をかくのが好き、という方もいるかもしれませんが、こちらもほどほどにしておきましょう。辛いものは胃腸への刺激が強く、不調を招く恐れがあります。ただし適度な辛みは食欲増進作用があるのも事実です。食欲が落ちがちな方や辛い物が好きな方は、激辛ではなく「ピリ辛」程度を楽しんでみませんか。 冷たいそうめん つるつると喉越しの良いそうめんは、食欲がないときでも食べやすいメニューではありますが、そうめんばかり食べていると夏バテを加速させてしまう恐れがあります。 冷たい食べ物により消化機能が低下してしまいやすいことと、そうめんだけではビタミンB1などのエネルギー代謝に必要な栄養素が不足して、疲労感などの原因になりやすいことなどが理由としてあげられます。 そうめんを食べるときはビタミンB1を含む豚肉や、トマトやオクラなどの栄養豊富な野菜と一緒に食べるように工夫しましょう。 ビールやジュースなど炭酸飲料 夏こそおいしいビールやジュースなどの炭酸飲料ですが、これも飲みすぎは夏バテを引き起こす一因になります。 ビールやジュースが中心で食事を抜いたり少量しか取らなかったりすることで、身体の回復に必要な栄養が不足する原因になりかねません。 とくにビタミンB1が不足すると、倦怠感の原因にも。またビールの場合、アルコールの利尿作用により脱水症状を起こしやすくなる場合もあります。 ビールもジュースもほどほどに、健康的な範囲で楽しむと良さそうです。 【番外編】こってりした食べ物 消化に時間がかかるため、胃腸に負担をかけやすくなるこってりした食べ物にも注意しましょう。 ステーキ、焼肉、とんかつ、天ぷら、餃子、ラーメン、豚の角煮、もつ煮込みなど、夏は味の濃いものが欲しくなるかもしれませんが、夏バテ気味で消化機能が落ちた身体にはちょっぴりハード。 とくに夏バテしているかも?と思う状態のときはこれらのメニューは避け、あっさりとした消化にやさしいメニューを選ぶようにしましょう。 正しい夏バテ対策は? 夏バテにNGな食べ物は紹介しましたが、では夏バテ対策はどのようにするのが正解なのでしょうか。食べ物だけでなく、普段の生活でもできる対策法をご紹介します。 ビタミンB群を含む食べ物を取り入れる ビタミンB群は栄養素の代謝に必要であり、夏バテ対策には不足しないようしっかり補給したいものです。 とくにビタミンB1は糖質の代謝に関わり、極端に不足すると倦怠感の原因になることもあります。 ご飯や麺などの糖質に偏った食事が続いたり、お酒をたくさん飲んだりする方は不足する恐れがあります。 ビタミンB1は豚肉、うなぎ、納豆、玄米などに多く含まれるため、意識して取り入れましょう。 クーラーは適温を心がける クーラーを効かせ過ぎてしまうと室内と室外の気温差が大きくなり、自律神経を乱し夏バテの原因となります。 冷房は、室温が28℃になるように設定することが推奨されています。 これは冷房の設定温度が28℃というわけではなく、室温の目安の温度です。いつも冷房を効かせている方は、室温をチェックして、温度を調整するようにしましょう。 睡眠を取り休養する 自律神経のバランスを整えるためには、しっかりと睡眠を取り休養することが大切です。夏は暑さで疲れやすいうえに、寝苦しさも重なり、知らず知らずのうちに睡眠不足となることもあります。 快適な室温で眠れるよう、寝苦しい夜は冷房を上手に利用しましょう。 水分補給も忘れずに 夏は汗により水分やミネラルが失われてしまい、気付かないうちに不調を招く恐れもあります。 のどの渇きを感じたときは、すでに水分不足が起きているサインです。水分補給はこまめに行うようにしましょう。 […]

2022/02/14
日本酒の賞味期限は、未開封で3年~10年説は本当か?

日本酒のラベルを見ても蓋をみても、どこにも賞味期限が書かれていません。それもそのはず、日本酒には賞味期限がありません。では未開封、未開栓だと日本酒はずっと飲めるのでしょうか?  日本酒を10年以上貯蔵した長期熟成酒を商品化している蔵元もあります。ならば一般的な日本酒の場合は10年以上寝かしても、おいしく飲めるのでしょうか。 今回は日本酒の賞味期限の話と、おいしさを長持ちさせるための保存方法をご紹介します。 目次 日本酒はどうして賞味期限が表示されないのか? 一般的な日本酒の賞味期限の目安は? 未開封の日本酒の賞味期限は? 開封後の日本酒の賞味期限は? 飲み忘れた日本酒が押し入れから出てきた。飲めるのか? 3年前の日本酒は飲める? 10年以上前の日本酒、古酒も存在するけど大丈夫なのか? 日本酒の種類を明確に理解して、適切なタイミングで飲もう 名称の違いは、日本酒の製造方法の違い 簡単で見やすい日本酒名称表 火入れのタイミングで呼び方が変わる 日本酒をおいしく保存するためのルール 日本酒をおいしく保存するには紫外線を避ける 日本酒をおいしく保存するには温度管理が大事 日本酒をおいしく保存するために空気に触れさせない 日本酒をおいしく保存するための向き 日本酒賞味期限切れの場合の活用法 古い日本酒は料理酒として、煮物などに使う 日本酒をお米を炊く時に入れる 日本酒はどうして賞味期限が表示されないのか? 日本酒のアルコール度数は15度前後です。ほとんどの細菌の繁殖が抑えられるので、日本酒は腐りにくいです。そのため日本酒には賞味期限の表示義務がありません。他にも、ウイスキーやワインなど、アルコール度数の高めのお酒にも賞味期限は書かれていないです。 一般的な日本酒の賞味期限の目安は? 賞味期限は書かれていませんが、もちろん日本酒にもおいしく飲める期間があります。日本酒本来の香りと味を堪能する期間は、未開栓の場合と開栓後では違います。分けて説明していきます。 未開封の日本酒の賞味期限は? 未開栓で適切な保存方法をとっていれば、1年までは日本酒の香りと味は変わりにくいです。特に大手の酒造メーカーであれば、3年程度経過していても問題ありません。 ただし、地酒の場合であれば、日本酒のうまさを徹底的に伝えようと、緻密な計算がされている場合があります。蔵元は流通の期間を考え、私たちの口に入る時期が最高の状態になるように、計算しています。蔵元が知っている最高の状態の日本酒を知りたければ、購入してからいち早く飲むことをおすすめします。 開封後の日本酒の賞味期限は? 開封後・開栓後は日本酒の大敵である空気と触れてしまいます。酸化することで味や色、香りが変化し日本酒のよさが消えてしまいます。ツウな人であれば、この変化を嗜むことも楽しみの一つです。 ただ味の変化を楽しむのは、日本酒の楽しみ方の終着駅間近です。基本的には、1週間~10日で飲み切るのがベストです。 飲み忘れた日本酒が押し入れから出てきた。飲めるのか? 日本酒はお歳暮やプレゼントなど、人からもらうことも多いです。後で飲もうとして押し入れの中に入れていたら、1年以上忘れていることもあります。1年以上経ってしまったお酒は飲めるのでしょうか? 3年前の日本酒は飲める? 先ほども紹介した通り未開封・未開栓の場合であれば、大手酒造メーカーの日本酒であれば3年は問題ありません。 地酒の場合は不安が残ります。なぜなら日本酒の風味を残すために、殺菌する加工を行っていないものもあるからです。 アルコール度数が高くても死なない細菌が、わずかにいます。この細菌が繁殖しているかもしれないので、直接飲むのは控えたほうがいいです。 10年以上前の日本酒、古酒も存在するけど大丈夫なのか? 古酒(別名、長期熟成酒)とは一般的には、3年以上熟成させた日本酒のことをいいます。10年以上寝かしていても問題がないのは、熟成方法をしっかりと管理しているからです。温度、光、空気など、日本酒にダメージを与えるものから守りながら育てます。 なかには、自宅でも行う人がいます。ですが温度変化を少なくするなど、自宅の中で管理するのは至難の業です。古酒が飲みたいのであれば、しっかりと杜氏さんが仕込んだものを飲む方がよいです。     日本酒の種類を明確に理解して、適切なタイミングで飲もう 名称の違いは、日本酒の製造方法の違い 純米酒、大吟醸、本醸造酒などいろいろな呼び方が日本酒にはあります。名称に変化が出るのは、日本酒の作り方の違いです。 1つ目:お米だけを使用しているか、醸造用アルコールを添加しているかの違い。 醸造用アルコールとは、ほとんど味もにおいもしない、純粋なアルコールです。これを添加する理由は、日本酒の味や香りを際立たせるために使われます。スイカに塩をかけると甘くなるのと同じような効果を発揮します。 2つ目:精米歩合の違い。 精米歩合とはお米をどれだけ磨いてキレイな部分だけお酒に使われているか、ということを表しています。例えば、精米歩合60%であれば、お米の40%分を磨いたということになります。この磨きが細かくなるほど、お米のフルーティな香りと味わいを堪能することになります。 簡単で見やすい日本酒名称表 下の表で日本酒の種類を、簡単に見分けることができます。例えば、純米吟醸酒と書かれた日本酒があります。その日本酒は醸造アルコールを使っていません。そして精米歩合は60%以下ということが分かります。適切な飲み頃は、どれも同じです。未開封であれば1年。開封後であれば1週間~10日です。 火入れのタイミングで呼び方が変わる 火入れとは低温で殺菌する加工のことです。この火入れのタイミングも違うと名称が変わります。下の表が火入れを行ったタイミングと、日本酒の名称を示しています。 火入れは殺菌する効果があるだけではありません。火入れを行うことで酵素の働きを止め、アルコール発酵を止めることができます。こうすることで、品質を保ち、まろやかな味わいとなります。 […]