東京都新宿区リコーダーレッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都新宿区のリコーダー教室

幼児から大人までレベルや目的に合わせたピアノ・声楽・ソルフェージュのレッスンを行なっております。 趣味で始めるのはもちろん、音大受験や保育士・教員採用試験のためのレッスンにも対応しております。

詳細を見る

有限会社ウイングスミュージックは、音楽業を中心に活動している企業です。音楽制作、音楽プロデュース、原盤制作、出版、作詞・作曲家・編曲家マネージメント、音楽スクールを展開している企業です。

詳細を見る

株式会社河合楽器製作所/音楽教室/表参道センターは、楽器の製造仕入並びに販売や、音楽教室・体育教室の運営などをしている教室です。河合楽器製作所は、浜松の地でピアノ製造を開始して以来、90年を経過し、その事業内容も電子楽器やその他楽器、音楽教室を初めとした教育関連事業、金属事業、塗装事業、音響事業、情報関連事業と多彩に広がっています。

詳細を見る

スタジオミュージックワークスは、貸しスタジオのある音楽教室です。初心者からプロまでのスキルに合わせ、様々なジャンルに対応のボイストレーニングをおこなっています。

詳細を見る

KensVocalLesson株式会社は、音楽教室です。楽器も習えるボーカルスクールです。基礎から発声を習ったり、歌と楽器の相乗効果を楽しむことで、歌への苦手意識を無くすことができます。

詳細を見る

ベリーメリーミュージックスクール代々木校は、音楽教室、ボーカルスクールです。マンツーマンでボイストレーニングを受講できます。 プロ養成コースはもちろん、趣味や習い事として、カラオケ上達のために歌を学びたい方にも習うことができます。

詳細を見る

チェンミンオフィス・音楽園は、音楽教室です。二胡の演奏の教室をしています。二胡を通して、毎日が楽しくなり、人生に輝かしい花を咲かしていただけたら、と願っています。

詳細を見る

リトミック研究センターでは、子どもたちが「いつでも、どこでも、だれでも」リトミック教育を受けられる環境を実現するための活動をしています。 教員養成校、指導者養成コースでは、良い教育を伝える原点である良い指導者を育成することが大きな目標です。

詳細を見る

アテネ・ミュージック&アーツは、アーティストのマネジメントまたプロダクションです。フラメンコ教室、ボーカル教室もあります。ライブ企画制作、海外アーティスト招聘業務などをおこなっています。

詳細を見る

アン・ミュージックスクールは、音楽教室です。作曲・編曲科、ギター科、ベース科、ドラムス科、ピアノ科、キーボード科、ヴォイス・カンパニーなどのコースがあります。

詳細を見る

実際の依頼例

リコーダー教室をお願いしました

新宿区におけるリコーダー教室の依頼例

よくある質問

リコーダーレッスンの料金はどのくらいかかる?

リコーダーレッスンの平均料金は約8,700円で、価格帯は約6,500~13,000円です。レッスン回数は、1レッスン30分で月2回が標準ですが、月3回という教室もあります。個人の音楽教室、個人のリコーダー教室のレッスン料金は、平均約7,500円で、価格帯は約4,500~10,000円です。レッスン時間は1レッスン30分で月2回が一般的です。

リコーダーレッスンの依頼における注意点は?

大手のリコーダー教室では、体験レッスンを無料としています。体験レッスンではリコーダーを貸してくれる教室がほとんどです。個人運営のリコーダー教室でも、体験レッスンは無料が一般的です。有料の教室では、価格帯は1,000円〜4,000円です。体験時間は30~60分で、リコーダーを用意している教室と、持参が必要な教室とがあります。

リコーダーレッスンを依頼する流れは?

初心者の方はグループレッスンを探してみましょう。子供のレッスンを探している場合は「キッズレッスン」などを探します。生徒側のレッスンへの気持ちやモチベーションなどをなるべく詳しく説明した方が、いい先生と出会いやすくなります。少なくとも2〜3の教室や講師の体験レッスンを受講してから、1箇所に絞りましょう。

リコーダーレッスン業者の選び方は?

生徒に寄り添うレッスンをしてくれる先生を選びましょう。リコーダーは体格の小さな子供でも演奏しやすく、また学校の音楽の授業などでも触れることのある楽器です。子供にとっての「初めての楽器演奏」にも適しています。もちろん大人でも楽しむことのできる楽器です。生徒側のレッスンに対するモチベーションや気持ちに寄り添って、楽しくレッスンを進めてくれる先生を選びましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

リコーダーは、小中学校の音楽教育に採用されているポピュラーな楽器です。音域の違いで、ソプラノとアルトの2種類に大きく分けられます。ソプラノは音域が高い方に広く、教育用にも使われます。アルトは音域が低い方に広く、ソプラノに比べると本体サイズが大きいです。ソプラノとアルトの違いとは別に、リコーダーの穴を押える指使いの違いで、さらにジャーマン式とバロック式に分かれます。ジャーマン式は音階順の指の運びで演奏できるので小学校で使われていますが、シャープ♯やフラット♭の派生音が出しにくい作りです。バロック式は指の運びが音階順ではありませんが、派生音が出しやすいです。なお、アルトリコーダーは、バロック式となっています。リコーダーにはプラスチック製と木製があり、プラスチックは音が安定し、値段も手頃です。木製は木の種類によって音が変わり、多彩な表現ができます。リコーダーのメーカーは、国内ではヤマハ、タケヤマ、アウロス、ゼンオン、スズキが有名です。外国メーカーではメック、モーレンハウエルなどが有名です。ソプラノリコーダーの価格は、プラスチック製のものは1,000円〜3,000円前後が多く、教育用は1,000円以下で販売されています。木製になると安くても10,000円で、平均30,000~70,000円の価格帯が中心です。アルトリコーダーは、ソプラノリコーダーの値段とは大きな違いはありませんが、アルトリコーダーの方が高めの価格帯です。中古の相場は、状態により値段は大きく開きますが、新品の6~7割がひとつの目安になっています。