東京都足立区リコーダーレッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都足立区のリコーダー教室

日下部 満三

5.0
starstarstarstarstar
ニューユーザー

楽曲の内容に肉薄する魅力的なレッスンです。音楽教育を多年経験。発表会は38回目を迎えます。指導内容はピアノ、作曲、リコーダー、声楽、アナリーゼ、アレキサンダーテクニーク等です。

詳細を見る

小さな子供からシニアの方までを対象としたピアノの個人指導を行っています。楽譜が読めない方も大丈夫です。ソルフェージュ指導も行っています。 週1回、年間44回、7000円からの月謝制と、1回ずつ予約を行う2500円からのレッスン制の選択が出来ます。

詳細を見る

セブンカルチャークラブ西新井は、アリオ西新井内にあるカルチャースクールです。講座内容はハンドメイド、小学生向けプログラミング入門、ホームリンパケア資格講座、ヨガ、ダンス、書道、着物の着付け、生け花、語学、楽器、手相術、姿勢と歩き方レッスン等様々。

詳細を見る

JOYミュージックスクールは、音楽教室です。ボーカルコース、ボイスコース、アニソン・ボカロコース、ピアノコース、ギター・ウクレレコースなどがあります。

詳細を見る

東音楽器足立センターは、音楽教室です。ピアノ、エレクトーン、ヴァイオリンの3つの楽器が習えます。演奏活動もおこなう講師陣が、年少さんからシニア層の方まで、それぞれのペース・個性に合わせた個人レッスンをおこないます。

詳細を見る

エンジェルスタジオ音楽教室は、音楽教室です。ピアノ、サックス、トランペット、フルート、バイオリンなどをおこなっています。「一緒に音楽を楽しむ」 ことを第一に考え、 レッスンをしています。

詳細を見る

プレミュージックスクールは、音楽教室です。ウクレレ、ギター(クラシックギター、フォークギター)、アイリッシュハープ、等の教室をおこなっています。

詳細を見る

こだま幼稚園は、学校法人・あぐり郷学園の幼稚園です。保育後そのまま習い事ができる課外活動があり、ダンス教室などで習うことができます。 集団生活の中で、相手の立場や気持ちが考えられるようなやさしい子に、基礎的な社会性・生活習慣(あいさつ・礼儀・態度)をしっかりと身につけさせ、 健康で明るく意思のつよい子を育てることをめざしています。

詳細を見る

明和楽器は、音楽教室,楽器店です。所在地は、東京都足立区栗原3丁目です。

詳細を見る

実際の依頼例

リコーダー教室をお願いしました

足立区におけるリコーダー教室の依頼例

よくある質問

リコーダーレッスンの料金はどのくらいかかる?

リコーダーレッスンの平均料金は約8,700円で、価格帯は約6,500~13,000円です。レッスン回数は、1レッスン30分で月2回が標準ですが、月3回という教室もあります。個人の音楽教室、個人のリコーダー教室のレッスン料金は、平均約7,500円で、価格帯は約4,500~10,000円です。レッスン時間は1レッスン30分で月2回が一般的です。

リコーダーレッスンの依頼における注意点は?

大手のリコーダー教室では、体験レッスンを無料としています。体験レッスンではリコーダーを貸してくれる教室がほとんどです。個人運営のリコーダー教室でも、体験レッスンは無料が一般的です。有料の教室では、価格帯は1,000円〜4,000円です。体験時間は30~60分で、リコーダーを用意している教室と、持参が必要な教室とがあります。

リコーダーレッスンを依頼する流れは?

初心者の方はグループレッスンを探してみましょう。子供のレッスンを探している場合は「キッズレッスン」などを探します。生徒側のレッスンへの気持ちやモチベーションなどをなるべく詳しく説明した方が、いい先生と出会いやすくなります。少なくとも2〜3の教室や講師の体験レッスンを受講してから、1箇所に絞りましょう。

リコーダーレッスン業者の選び方は?

生徒に寄り添うレッスンをしてくれる先生を選びましょう。リコーダーは体格の小さな子供でも演奏しやすく、また学校の音楽の授業などでも触れることのある楽器です。子供にとっての「初めての楽器演奏」にも適しています。もちろん大人でも楽しむことのできる楽器です。生徒側のレッスンに対するモチベーションや気持ちに寄り添って、楽しくレッスンを進めてくれる先生を選びましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

リコーダーは、小中学校の音楽教育に採用されているポピュラーな楽器です。音域の違いで、ソプラノとアルトの2種類に大きく分けられます。ソプラノは音域が高い方に広く、教育用にも使われます。アルトは音域が低い方に広く、ソプラノに比べると本体サイズが大きいです。ソプラノとアルトの違いとは別に、リコーダーの穴を押える指使いの違いで、さらにジャーマン式とバロック式に分かれます。ジャーマン式は音階順の指の運びで演奏できるので小学校で使われていますが、シャープ♯やフラット♭の派生音が出しにくい作りです。バロック式は指の運びが音階順ではありませんが、派生音が出しやすいです。なお、アルトリコーダーは、バロック式となっています。リコーダーにはプラスチック製と木製があり、プラスチックは音が安定し、値段も手頃です。木製は木の種類によって音が変わり、多彩な表現ができます。リコーダーのメーカーは、国内ではヤマハ、タケヤマ、アウロス、ゼンオン、スズキが有名です。外国メーカーではメック、モーレンハウエルなどが有名です。ソプラノリコーダーの価格は、プラスチック製のものは1,000円〜3,000円前後が多く、教育用は1,000円以下で販売されています。木製になると安くても10,000円で、平均30,000~70,000円の価格帯が中心です。アルトリコーダーは、ソプラノリコーダーの値段とは大きな違いはありませんが、アルトリコーダーの方が高めの価格帯です。中古の相場は、状態により値段は大きく開きますが、新品の6~7割がひとつの目安になっています。